好きでいたい

好きなものを好きなように好きでいたい

ジャニーズクリスマスソングアドベントカレンダー

もう12月も中旬ですね。

寒さが本気出してきて、毎回「今年の冬ナメてた…」となる時期になってきましたね。

 

 

 

ということは!

もうすぐクリスマスですね!(急)

 

 

 

 

 

 

私はクリスマスが大好きです。

そもそも冬が好きです。

夏の暑さよりも断然冬の寒さのほうが耐えられるし、個人的には冬服のほうが夏服よりもかわいいと思っているし、なんといっても12月に入ったくらいから、世間がもう冬休みとかクリスマスとか年末年始のことしか考えてない、明らかに浮かれているとしか思えない、あの多幸感が好きです。

 

そして私はこのブログでもさんざん言ってきましたが、12/25が誕生日です。3姉妹の長女である私がクリスマス生まれなばっかりに、妹たちはクリスマスケーキというものを食べたことがなく(=私の誕生日ケーキ)、クリスマスプレゼントをもらったことがありません。

小さなころは自分の誕生日なのに、クリスマスだクリスマスだと浮かれている世間がどうにも好きになれませんでしたが、ある程度大人になり、誕生日をそこまでめでたいものではないと思うようになった今は、むしろクリスマスが好きです。てかクリスマスが誕生日といえば、大体一発で覚えてもらえるので楽っちゃ楽です。

 

そんなこんなで(?)、私は勝手に生涯、クリスマスとは切っても切れない縁だと感じているので、クリスマスが大好きです。小さなころの自分と和解すれば、認めてしまえば楽です。

 

 

なので私は今、全力で12月を楽しんでいます。

旅行に行く時も、実は旅行自体よりも旅行に行くまでの準備をしてる時間が1番楽しくね?の論理で、クリスマス、年末年始までの12月を楽しんでいます。

 

 

 

 

 

そして私はクリスマスまでの期間を楽しむアイテムとして、アドベントカレンダーが好きです。

f:id:pushushu:20191203194628j:plain

アドベントカレンダーとは、例えば12月25日から逆算して〇日前から、その日付のカレンダーをめくるとか箱を開けるとかしていき、小さなお菓子やプレゼントを楽しみながらクリスマスを迎えるという、なんともクリスマス好きにはたまらない、イベント性のあるカレンダーです。

 

ちなみに私は今年、ロクシタンのクリスマスアドベントカレンダー欲しかったです。

f:id:pushushu:20191203195413j:plain

f:id:pushushu:20191203195329j:plain

ですが約1万円と、学生がお楽しみに買う金額にしては痛すぎたので、その1万円はコートに回そうと早々にあきらめました。社会人になったら買いたいです(切実)

 

 

 

 

 

 

ということで!(?)

クリスマスを楽しむアイテム、アドベントカレンダーが頭から離れなくなったので、もうこれは自作しようということになり(??)

ジャニーズのクリスマスソングでアドベントカレンダーを作ることにしました!イエーイ!!!(???)

 

 

 

 

しかし、ジャニーズのクリスマスソングなんてのは、調べてみると意外と少なく、逆にウインターソングはひっくり返せばアホのようにあります。

なので今回は記事のタイトルに「クリスマスソング」とか銘打ちましたが、「クリスマスソングを頑張って選ぶけども、でも基本的にはウインターソングになりそうだよ」という何とも意思の弱い感じでお送りしようと思います。もう1度言いますが、ジャニーズのウインターソングなんてものは数にキリがなく、なんならウインターだけじゃなくてウインターソングで1年楽しめるんじゃね??となりかねないので、今回はデビュー組からそれぞれ1曲ずつという縛りを設けることにしました。なので12/1とかからではなく、中途半端ですが12/11からとさせていただきます。

そしてさらに私はこんな企画を自分で思いついておきながら、ジャニーズの歌事情にそこまで詳しくないので、私たちジャニオタの強い味方、ドル誌を存分に参考にさせていただくことにしました。

今回参考にしたのは、普段ドル誌は基本的に買わないようにしている私が、なぜか買わずにはいられなかった

「TVガイドplus vol.33 2019WINTER ISSUE」です。この雑誌は、なぜかお店において帰ることができなかった(?)

 

 

この雑誌で、各ジャニーズ達が自分のおすすめジャニーズウインターソングを紹介してくれているので、ジャニーズソングに詳しくないぷしゅしゅにとってはありがてぇ……(謝辞)

そしてこの雑誌に載っていなかったグループについては、私が独自に調べてクリスマスソング、ウインターソングと呼ばれる曲をピックアップしてみました。

 

 

 

 

 

12/11

 出だしはクリスマスがこれから近づいてくるぞっていうソワソワした感じと、冬の静かな感じを同時に味わえる、まさにジャニーズクリスマスソングアドベントカレンダー(長)の始まりにぴったりのこちらにしましょう。

「Song of X'map」 SMAP 

www.uta-net.com

 

???

曲名に自分たちの名前入れるのみならず、自分たちの名前とクリスマスという言葉を掛け合わせるって強ない??

まぁ自分たちの名前を曲名に入れるというやり口(言い方)は、嵐の「A・RA・SHI」だったり、NEWSの「NEWSニッポン」だったり、他のグループでもみることはできますが、それのみならず「SMAP」というまぁいうなれば固有名詞とクリスマスという…、なんだ?これも固有名詞?、しかも世界的に有名なイベントと結びつけるという強さ…、SMAPつよい…。

 

なんか急にスマオタみたいになってしまいましたが、今回の主役である曲自体はもちろん良い曲です。曲調自体は決して明るいわけじゃなく、どちらかと言えしっとりめだけど、でも決して悲しくはない。クリスマスに対してはやる気持ちを少し落ち着かせるけど、でも静かにクリスマスを楽しみに待とうという気になれます。

 

 

 

 

 

 

12/12

私はギャップに弱いです(唐突)

普段はあほなことしか言わなくて、内心ちょっとバカにしてるような男子が、時にめっちゃ核心をつくようなことを言ってきて、その時の真剣な顔にドキッ///みたいなマンガのようなベタな展開に弱いです。

そしてそれはジャニーズでも例外ではないです。

今日お届けするのは、ジャニーズWESTです(前置き長)

 

「Colorful Magic」 ジャニーズWEST

www.uta-net.com

 

私がジャニーズWESTに堕ちたというか、ギャップにコロッとやられたきっかけはプリンシパルの君へ」という曲でした。

www.uta-net.com

そもそも作詞作曲がHoney Worksという時点でもう期待値爆上がりだけど、それをそれこそ「普段あほなことしか言わないようなやつら」が大真面目に笑顔で歌っているのがいい。ギャップとして大正解。私はこの曲が好きすぎて、そして2018年のMステスーパーライブでマイク事故に見舞われた小瀧くんがいとおしすぎて、この話を何回もしていますが、この曲は、私のこれまでの人生とこれからの人生を全肯定してくれている(真顔)

 

 

なんか話がそれましたけど(毎度のこと)、この「Colorful Magic」にも同じような世界観を感じたんですよね。

私が「ハイこの曲好き」となった歌詞はこちらです。

「僕にしか出来ないことや君にしか守れないもの この地球(ほし)はそんな奇蹟で溢れている」

「僕にしか出来ないことや君にしか守れないもの そう 誰もがたった一人の主人公さ」

 

??? 

またもや私の存在全肯定ソングじゃない??

私はジャニーズWESTの歌詞に励まされて生きすぎだな??

 

この曲は「Holy Night」という単語が入っているので、クリスマスソングとしてカウントしていいと思いますが、この全肯定してくれ様から言って、もう新しい年を清々しい気持ちで迎えるための曲として持ち越してもいいくらいですね??(この企画の趣旨)

 

 

 

 

 

 

12/13

これからしばらく飛び飛びではありますが、私が今回この記事を書くにあたって発見した、ジャニーズのクリスマスソング、クリスマス前に恋人と別れがちテイストの曲が続きます。

 

第1弾はこちらです。

「サンタのいないクリスマス」 NEWS

www.uta-net.com

 

 

歌詞をみて知ったんですけど、たぶんこの曲の中ですでにこのカップル別れてんな??

もう題名の「サンタのいない」って時点でなんとなく気づくけど、歌詞をみてまず気づいた、シンプルに動詞に過去形が多い。もう思い出に浸っている、戻らない過去を振り返ってる感がすごい。過去形の動詞が多いって、もうそれだけでなんか…、ねぇ…(察し) 過去形の動詞を多用するだけで、こんな切ない感じ、もう元には戻らない感じを演出できるって、言葉の魔力すげぇな??昨日の曲との落差よ…。

 

 

ちなみにこの後も、ジャニーズのクリスマスソング、クリスマス前に恋人と別れがちテイストの曲が何曲か出てきます。そんな、なかなかメンタルえぐられそうなことを曲として昇華させられるジャニーズたちのメンタルがすごいと思うのは私だけですか??

 

 

 

 

 

 

12/14

そろそろみなさん、クリスマスパーティーを仲間内でする時期、もしくは計画し始める時期ですかね!(推測)

 今日はそんな、クリスマスパーティーなんかをするときにBGMとしてぴったりなこの曲です。

「ding-dong」 TOKIO

www.uta-net.com

 

私も今回調べてみて初めて知ったんですけど、クリスマスソングによく使われがちな、こちらの「ding-dong」というフレーズは、鐘がゴーンゴーンと鳴り響く様子を表しているそうです。

…どうひいき目に聴いてもそうは聞こえなくね??(言わない約束)

 

この曲はバンドのTOKIOに珍しい?割とほっこり系の曲です。マジでクリスマスって感じ。なんか少年合唱団とかがクリスマスイベントで合唱しそうな曲。クリスマスにカラオケ行ったときに、友達とかと肩を組みながら歌ったらたぶんめっちゃ楽しい曲。テンポもそこまで早くはないので、きっとみんなで歌うのに適していると思います。

…私はクリスマスパーティーなんていうイベントは好きじゃないし、そもそもそんな予定もないけどね…(絶対に言わない約束)

 

 

 

 

 

 

12/15

ここでもはやクリスマスソングでもなければ、ウインターソングかどうかも怪しいとこではありますが、こちらの曲です。

愛はタカラモノ」 タッキー&翼

www.uta-net.com

 

 これはクリスマスソングでは別になくて、てか発売されたのは冬ですけど、でもウインターソングでもないかもしれないんですけど、私が知ってるタキツバの曲の中で明るめで聴いていて楽しくなる曲なので選びました(シンプル) なんかクリスマスとか超えて、もうすでに来年の平和を願ってくれそうな曲(?)願いたくなる曲(??)

 

 確かこの曲はスタンドマイクで歌ってた気がするんですけど、なんかタキツバってスタンドマイク多用しません??(私見 「夢物語」はもちろんそうだし、「Venus」もそうだし。タキツバでメジャーな曲は大概がスタンドマイク形式のイメージがあると、そこまでタキツバに詳しくない人間が言っているので、世の大半の人もそういうイメージがあるんじゃないでしょうか。たぶん「タッキー&翼」っていう2人組がスタンドマイク使いやすい構成なんでしょうね?(?) 

だって2人なら、自ずと並び方は横並びになるもんね。縦に並ぼうもんなら1人が目立つ代わりに、もう1人は明らかにその陰に隠れるし、斜めに並ぶのはもはやその必要性が分からない。だからキンキもそうだし、2人組は必然的に横並びにならざるを得ないんだと思います。そしてさらにそこにタキツバの場合はスタンドマイクがハマったんでしょうね?(?) じゃあなぜキンキも2人組なのに、スタンドマイクをそこまで多用しないのかということを語りだしたら、議論し始めたらもうクリスマスどころか年が明けるので次に行きます。

 

私は誤解を恐れずに言えば、この曲の振り付けは、私のような学校の授業以外では人前でダンスを踊るなんて機会はなかったような人間にも踊れるくらいに簡単だと思っていて、それが踊りたいジャニオタにとってはありがたい反面(?)、どうしても素人が踊れるくらいのレベルの振り付けになると、そのレベルに比例してダサくなりがちなんだと思います。実際に私は今回の振り付けを特にかっこいいとは思っていません(語弊) 

しかし今回の曲調、今回の曲のコンセプトにはたぶん逆に、こんな感じの、少しダサいくらいがあっている(?) じゃないとこんな「愛はタカラモノ」なんてクサイセリフを題名に持ってこれませんて。でもせっかくこの曲をクリスマスを楽しみに待つための一環として聴くならば、クリスマスくらいは「愛はタカラモノ」なんて思いたいですよね(?) 逆にクリスマスくらいのイベントじゃないと、日常で「愛はタカラモノ」なんて思わないですよね(??)

 

 

 

 

 

 

 

12/16

さ、ここらでちょっと、明るいクリスマスソング、しっとり系のウインターソングを聞き疲れてきたかもしれませんね。そんなもんですよ、人間って。

 

でも大丈夫、天下のジャニーズ事務所はただの王道クリスマスソングばかりを取り扱ってはいません。ジャニーズソングの王道とも呼べる、こんなトンチキクリスマスソングもご用意ございます。

 

Sexy Summerに雪が降る」 Sexy Zone

www.uta-net.com

 

もうセクゾのクリスマスソングというか、この記事に持ってくるセクゾの曲なんてこれ以外思いつかない。

 

この曲が発売された当時、私はセクゾの存在は知っていても、彼らのことにさほど詳しくなく、めっちゃ幼いハーフの子がいるグループくらいにしか思っていませんでしたが、でもこの曲にはさすがに度肝を抜かれましたね。

ジャニーズにはトンチキソングが多いとはいえ、さすがにこれはトンチキの一言では済まされない。むしろ済ませてはいけない。

 

Sexy Summerに?雪が降る??は???

いくらジャニオタでも、いくらセクガルでも、さすがにスルーできない案件だったでしょう。

だって、夏にめちゃくちゃ暑そうな、サンタっぽい衣装を着たセクゾたちが「ハローハロー!アンド メリークリスマス!」つって歌ってんですよ?私はこの歌が好きとか嫌いとかそんなんじゃなくて、こんなトンチキは歌を満面の笑顔で歌っている彼らのことが、もう1周まわって心配になりましたもんね(ディスってはいない)

誰がこのコンセプトで次いこうって言ったの??誰??

 

 

でも、逆にセクゾのクリスマスソング?ウインターソングといえばこの曲だよねというインパクトは確実に、ジャニオタには広く、そしてもしかしたらジャニオタじゃない人たちにも植えつけられたかもしれない。クリスマスソングではないように見せかけて、でも実はちゃんとクリスマスソングなこの曲、お口直しにピッタリじゃないですか??

 

 

 

 

 

 12/17

ここで、今のところの1番の若手、来年には弟分ができる、彼らの登場です。

「Prince Princess」King&Prince

www.uta-net.com

もう私はこの曲が好きすぎて、すでに別の記事でも言及しているんですが、 pushushu-love-like.hatenablog.com 

私が調べた限りではまだ彼らはクリスマスソングを持っていないっぽかったので、今回もこちらを流用させていただきました。

 

なんかこの曲を聴くと、今年の彼氏(※自担)とのクリスマスは、寒さ対策最優先の厚着モコモコ着ぶくれルックではなく、おしゃれは我慢!をスローガンに、めっちゃ薄着のドレスでおしゃれなディナーを食べに行きたくなるような気分になります。こうゆうときのドレスって、ドレス経験がほぼ皆無な私はどうしてもミニ丈のドレスを想像しちゃうんですけど、そうなると私たち側はめっちゃ薄着でガタガタ震えるくらい寒いのに、でもそれを悟らせないように笑顔を張り付けるのに、彼らは長そで長ズボンのタキシードとかスーツとかだから、なんかずるいですよね(?)

…まぁそんなクリスマスディナーは脳内で、夢の中で実現させる分にはノーコスト、ノーリスクですからね!これで今年のクリスマスの予定は決まりだな!!(カラ元気)

 

 

 

 

 

 

12/18

今日もお届けするのは切ない失恋系の曲なんですけど、何?マジでジャニーズは冬に失恋しすぎじゃない??そんなことない??春も夏も秋も同じくらいの割合で失恋してる??だとしたらジャニーズ、年間通して失恋しすぎじゃない??さすが恋多き男たちの集団だけはあるな!(語弊)

 

 

そんな前置きを置いてご紹介するのはこちらです。

「マイナス100度の恋」 関ジャニ∞

www.uta-net.com

 

そもそもタイトルでもう冷たそう、寒そう。マイナス100度ですよ。普通に人間はそんな環境では生きていられない(気持ちの話)

 

他にも彼らのウインターソングとしては、「Winter Love Song」とか「Snow White」なんかもありましたけど、聴いてみた中で私が1番好きだったのと、「マイナス100度の恋ってどゆこと??」とまんまと私がタイトルで引き付けられたのがこちらでした(私情)www.uta-net.com

www.uta-net.com

 

まぁ冒頭にお話ししたように、もはやジャニーズの得意技?である冬の失恋なんですけど、でも曲調が失恋を扱っている割にはさわやか。なんでしょうね、この恋を思い出して思い出に浸っては切なく、悲しくなるけれど、でもそこであふれた涙をぬぐって、次の恋へと歩き出していく感じですかね(※妄想)

…まぁ実際には歌詞の中では未練たらたらのままで終わってるんですけどね…、あくまでもさわやかなのは曲調だけですけどね…(小声)

 

 

私は関ジャニには、いつまでたっても根底に「騒いであほなことして陽気な大阪のお兄ちゃんたち!」っていうイメージがいまだにこびりついているので、私が知らなかっただけですけど、こんなしっとり系というか切ない感じの曲で攻められると、それまで自分が彼らに抱いていたイメージとのギャップで、いい意味でしんどいですよね(真顔)(?)

ジャニーズWESTと同じ堕ち方だな??(やり口ちょろい)

 

 

 

 

 

12/19

さ、ここで気を取り直して、ジャニーズの王道(であってほしい)キラキラ系のウインターソングで行きましょう!やっぱりクリスマスソング縛りでいくのは、思いのほか難しい!(今頃ようやく諦める)

 

そんな私の諦めとともに、ジャニーズの王道(であるはず)のキラキラ系ウインターソングはこちらです。

White Love」 Hey!Say!JUMP

www.uta-net.com

 

通称ホワラ。てか、今気づきましたけど、私はこの曲の略称をホワラって知ってましたけど、他にご紹介した曲には略称あるんですか??どうか教えてください??

 

2017年公開の「未成年だけど、コドモじゃない」の主題歌として、年末に滑り込みでリリースされたこの曲。

f:id:pushushu:20191208000434j:plain

私は何よりもこの曲の冒頭の「はぁ~~ぁぁぁぁ~~」のところが好きです。アカペラみたいなパートなので、歌番組の披露ではお客さんの歓声でかき消されがちです(無念) 私もこのパートの存在に初めて気づいたのは、今年の元日のドームコンに行った時でした(遅) 一緒に行った妹に「ねぇちゃんね!あのホワラの最初の最初のところが好き!あんなん今まであった??」と興奮気味で話したところ「は??今までもあったし」と一刀両断されたのは非常に良い思い出ですね(吐血)

 

この曲は曲調がそもそもキラキラしている。わかる??曲調がキラキラしてるって(強火) 寒いし、行ったところで私はさっさか歩いて「わ~~!きれ~~!」となって終わりなので、実際にはめったに行きませんが、イルミネーションを自担とともに観る時のBGMとしてふさわしすぎる曲でしょうね。…そんな機会は来ないけど……(自爆)

 

 

 

 

 

 

12/20

最高。この曲は今回初めて知ったけど、最高(熱量高)

「終電を超えて~Christmas Night」 A.B.C-Z

www.uta-net.com

 

そもそもタイトルに「終電を超えて」の時点で、私の中でのこの曲に対しての期待値急上昇。私はback number「世田谷ラブストーリー」からしっかり学んでいる民なので、「男性が歌う、女性を(下心とかではなく)終電で帰さずにどうにか一緒にいられないものか」ソングは大体最高ということを知っています。ちなみに、メンバーの橋本くんがこの「世田谷ラブストーリー」が大好きなのも知っています。

www.uta-net.com

 

曲を実際に聴いてみましたが、歌詞を初見した時に抱いた期待を裏切らない仕上がり。彼らの曲の中で1番好きかもしれない。

私、失礼なことを言えば、彼らの事にはあまり詳しくないし、彼らの曲もあまりって言うか全然詳しくないんですけど、だからこそ、そんなスタンスだったからこそ、今回この曲に出会えた喜びは大きいですよね(?) 最初あまり期待していなかったものが、自分のストライクゾーンに入ってきたときほど、喜びは大きいものですよね(?)ちょっと私の、この曲に出会えた興奮、喜びを分かち合ってくれる人はいませんか。

 

 

私が最高にこの曲について、「KA・WA・I・I☆」と身もだえたのは、次の歌詞です。

「時計を気にしないで!雪降るかな? なんて話題を変える

終電を気にしないで!雪が降れば 君はまだここにいてくれるのかな?」

「偶然と思わないで 好きになれたことは 僕たちの必然なんだから」

「降った雪が積もって ツルっと滑らぬように

あわてんぼうな君の手握り直すよ僕は

もっとこのままでいたいな 祈ってる

だから雪が僕たちを帰さない」

「色とりどりのイルミネーションも君の前じゃただの光だな」

「時計を気にしないで! 終わらないで 時間が止まればいい

終電を気にしないで!街灯が消える 特別な日が終わろうとしてる」

 

どうです、私のこの曲に対するストライクゾーンの広さ。曲を聴いてると、次から次に刺さる歌詞がやってくる。

もうこの歌詞に解説はいらない。ホントは解説しようかと思ったけど、語れば語るほどわけわからん方向に行くだけだと、今までの経験から悟りました(今更)

曲調も、まぁ当たり前といえば当たり前ですけど、クリスマスを意識してる感じで楽しげです。鈴がシャンシャン鳴って、その後ドラムみたいな音をバックに、メンバーがトゥルトゥル言いながら始まります(擬音ばっかり)

 

いやぁ!いいね!(?) 今日は土曜日だし終電を気にしないで、なんなら逃しちゃおうかな??(意味のわからない発言)

 

 

 

 

 

 

12/21

決めた。この曲は音源当たってないけど、もう歌詞を見た瞬間に決めた(決意)

「Christmas kiss」 Kis-My-Ft2

www.uta-net.com

 

キスマイって、キス関連の曲多いですよね??(語弊)

そもそもグループ名にたまたまではあるが「キス」という音が入ってるし、キスマイにそこまで詳しくない私でも「キ・ス・ウ・マ・イ」とかいう、すごい攻めたタイトルだけどめっちゃ楽しい曲あるのは知ってました。

で、今回これですよ。キスマイの代名詞(言ってない)である「キス」と、今回の記事のテーマである「クリスマス」が重なっちゃったら、もうこの曲選ぶしかないじゃ~~ん!(テンションが謎)

 

歌詞をちらっとのぞいてみると、しょっぱなから「Santa Claus is coming to town」とかいう歌詞があって、往年のクリスマスソング「サンタが街にやってくる」のオマージュ?になってる時点でもう楽しい。てかあんなに有名なクリスマスソングを自分たちの曲の歌詞の一部に使うなんて、自分たちの楽曲に相当に自信がないとできない芸当。キスマイつよい…。

 

 

他の候補としては、1曲の中で2回の冬を迎えちゃってる「Winter Lover」とか私の好きな(私情)「最後もやっぱり君」とかあったんですけど、今回はこういう選曲にさせていただきました。

www.uta-net.com

www.uta-net.com

 

さて!いよいよクリスマスまでカウントダウンレベルに近づいてきましたね~~!(クリスマス大好き芸人)

 

 

 

 

 

 

 

12/22

今日は、厳密に言えばクリスマスソング、もっと言えばウインターソングでもないけど、ただ私がこれはクリスマスを楽しみに待つにふさわしい曲じゃね?と思った曲をご紹介します(ただの恣意的解釈)

「特別な夜は平凡な夜の次に来る」  V6

www.uta-net.com

  

もうクリスマスを意識して聴いちゃうと、この「特別な夜=クリスマス」と意識してしまう。むしろそう思うなというほうが無理があると思う(?)

 

実際には曲の中の季節は秋の始まりくらいで、そのことを歌詞の中でも「かすかに秋の気配が」とか言っちゃってるので、私の選曲が季節感を壊滅的に無視しているという話なんですけど、でも!私はV6の曲ならば!この曲をクリスマスソングとして聴きたいんだ!!(鼻息荒い)

ホワラ同様、曲調もなんていうかキラキラしてんですよね。わかります??曲調がキラキラしてるって(2回目) 私、久々に今回この曲を聴いて、聴く前にこの曲について思い出したことが「キラキラした曲」でしたからね!?久しぶりの再会でそんな印象持たれる曲ある??(テンションが高い) もう曲自体がイルミネーションですよね(?)

 

まぁV6の他に候補に挙がった曲と言えば、かの松本潤先生も好きとおっしゃった「MIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~」ですかね。しかし私は明らかに「特別な夜は平凡な夜の次に来る」のほうが好きなので、こちらは次点にさせていただきました!(偉そう) 

www.uta-net.com

 

 

 

 

 

 

 

12/23

今日は、来る明日、クリスマスイブに雪が降ってホワイトクリスマスになるように、願掛けの意味を込めて、まさにその通りなこの曲を聴きましょう。

「White X'mas」 KAT-TUN

www.uta-net.com

もう説明は何もいらない。ホワイトクリスマスを願うのに、祝うのに(とりあえず題名は)これほどピッタリな曲はあるのか。

 

歌詞はめっちゃ切ない感じで、たぶんクリスマス前に恋人とお別れしてしまい、その思い出に浸るクリスマスみたいな解釈ができるんですけど、まぁこれもKAT-TUNのギャップとしてよいですね(?)

 曲を実際に聴いてみましたが、私の想像以上に静かめな、暗めな曲でちょっとだけびっくりしました。まぁ明日からは明るめのクリスマスソングをお届けする予定なので、こんなしっとり曲調も良いことにしましょう!(?)

 

私は今でもKAT-TUNにギラギラ集団というか、ぎりぎりで生きている集団みたいなイメージを持ってしまっている節があるんですけど、たまに(?)こういうテイストを持ってこられると、一気にギャップ落ちしそうになりますよね(?)

なんか私、ジャニーズWESTといい、関ジャニといい、自分で勝手に設定したイメージを壊された時にギャップ落ちしすぎだな??(同じ堕ち方)

 

このKAT-TUNギャップ落ち問題については、「WHITE」をテーマにこの記事で語っていますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。 

pushushu-love-like.hatenablog.com

 

 

 

 

 

12/24

いよいよ明日がクリスマス本番ですが、もう世間的にはその前日である今日12/24のクリスマスイブから本番みたいな空気がありますよね(?)

 

なので、私の中でクリスマスイブに聞くにふさわしいと思われるこの曲のお届けです。

「WISH」 嵐

www.uta-net.com

 

この曲は2005年放送の、嵐の人気の火付け役となったドラマ花より男子」の主題歌です。この曲の発売が冬だったからなのかなんなのか(?)、この曲のリリース当時、嵐のメンバーはほぼもれなく、赤をメインに白のファーみたいな素材で縁取られた衣装を着て歌っていました。私の中でというか、きっと世の中の共通認識的にクリスマスのイメージカラーとして、赤、緑、金、白みたいな感じあると思うので、歌詞の中で一言もクリスマスとか言ってないけど、これはもう完全にクリスマスソングの扱いとさせていただきます。この曲を聴くと、ホワイトクリスマスを期待したくなる。

 

 

そしてこの日に嵐を持ってきた意味、すべてはここにある!

相葉氏、誕生日おめでとう!!!

 

 

ちなみに題名からすでにクリスマスっぽい嵐の曲で言えば「あの日のメリークリスマス」という曲もございますが、今回は聴いて判断することができなかったので選外とさせていただきました。

www.uta-net.com

この曲もなんでかわかんないけど、恋人とお別れした系の曲ですね。なんでジャニーズはクリスマスとかクリスマス前に恋人とお別れすんの??あんたたちのお顔なら、すぐに次の相手が見つかる自信があるから??(偏見) という仮定をしたとしても、なんか前の恋人との思い出に結構浸ってる系の曲になってるよ??すごい涙ながらに恋人とお別れした系??ジャニーズの中ではクリスマスは恋人の日ではなく、恋人とお別れして迎えるってことが暗黙の了解なの??何なの、その社を挙げたプレイは??

 

 

 

 

 

 

 

12/25

は~~い!メリ~~クリスマ~~ス!!!

私が1年で1番楽しみにしている日といっても過言ではない、クリスマス当日ですよ~~!

今日ばかりみなさんが浮かれ倒しても(とりあえず私は)文句を言わない日ですよ~~!(偉そう)

 

そんなクリスマス当日に聞くにふさわしいクリスマスソングといえばこれでしょう。

シンデレラ・クリスマス」 Kinki Kids

www.uta-net.com

 

 

も~~う!キンキはとにかくウインターソングが多い!そもそも今回参考にさせてもらった雑誌でも、ジャニーズたちはキンキの曲をたくさん挙げるし、しかもどれも冬っぽい曲ばっかりだし、ということで、選ぶのに悩みました。選びきれない!今回はそんなキンキの盛り沢山ウインターソングシリーズ(?)の中でも、実際に音源を聞くことができて、楽し気な感じだったこちらをチョイスしました。

なんかこうしてみれば改めて、キンキのシーズンは冬なのかな?ということを思いましたね(?)

2016年のFNS歌謡祭で、キンキが歌い、そのバックにジャンプ、セクゾジャニーズWESTA.B.C-Zがいて、もはやジュニアのごとくキンキをひたすらに盛り立てていたシンデレラ・クリスマスを観た時の私は、その画面の豪華さにシンプルに酔い、吐きそうになりました(やめろ)

 

 

 

 

 

 

 

 

番外編

今回はあくまでもグループでの楽曲、グループあたり1曲というルールを設けたので、選外となりましたが、これもぜひ聞いてほしいクリスマスソング(私解釈)です。

 

「メリークリスマス」 二宮和也

www.uta-net.com

もう言葉はいらない、「メリークリスマス」という言葉でカモフラージュされたにのあいソングです(???)

 

嵐の中での人気コンビと言えば、翔潤だったり大宮だったりいろいろとみなさんのお好みはあると思いますが、私が問答無用で安心して眺められる(?)コンビはにのあいです。

きっと傍目にみれば、おっちょこちょいでそそっかしい相葉雅紀氏を、二宮和也氏が面白おかしくお世話してあげているように見えるかもしれませんが、実際は真逆も真逆、確かに相葉氏はそそっかしくてたまに目も当てられないようなことをする時もありますが、二宮氏はそんな相葉氏のことを誰よりもわかっていて、むしろ心配で心配でたまらなくて、お世話したくて仕方ないんですよね。だからいつも相葉氏の動向に目を光らせてるし、だからこそ相葉氏の一挙手一投足にツッコんでいられるんですよ。でもそんな二宮氏のツッコミも、たぶん普通のメンタル、人間関係にある人が受けたら結構きつめなものもありますが、にのあいの間にはそんな心配いらなくて、むしろ相葉氏は二宮氏にツッコまれているように見えて、実はツッコませてあげてるみたいなところもあるんですよね…。はぁ、なんかにのあいについて語りすぎて気持ち悪くなってきたけど、でもこんなの私の知ってるにのあいの魅力の100分の1にも過ぎない…。

でもこの記事はにのあい記事ではないので、にのあいのことはこれくらいにしておきますが、どうぞにのあいのことをもっと知りたいという方は、1度「メリークリスマス」という曲を聴き、その後で、にのあい語録、にのあいエピソードの数々にあたり、再度「メリークリスマス」をきいてみてください。明らかに最初とは違った感触が得られると思います(?) その時はにのあいの沼に自ら足を突っ込みに行くんだという覚悟をお忘れなく(??)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、私が1番好きなクリスマスソングは、クリスマスソングの定番である

マライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You」

です(ジャニーズではない)


Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You (Official Music Video)

 

 

 

 

 

みなさんがよいクリスマスを迎えられますように☆

 

 

 

 

 

 

ぷしゅしゅ的 ジャニオタは異質じゃない説/世界がひとつになるまで

今回11/21にZepp Fukuokaで行われた、DISH//のライブに行ってきました。

 

そもそもみなさん、DISH//というグループをご存じですか? 

f:id:pushushu:20191128013151j:plain

紆余曲折を経ての現在4人組の、ダンスロックバンドということですが、今回のライブを観る限りではほぼダンスはしておらず、ロックバンドなのでは…?と思いました(かっこよかったのでなんでもよい)

 

私はこのグループの存在自体は知っていたものの、特にファンでもなく、ましてやライブに行くほどの熱量なんて当然持ち合わせていませんでした。

 

 

ですが。

きっとメンバーの中で一番世間に顔が認知されているであろう、ボーカルの北村匠海くんへの恋が最近、今までのものよりも急に熱が加速し始め、そしてそんな時におあつらえ向きかのようにDISH//のライブツアーの申し込みをローソンのポスターで見たので、これは何かの縁に違いないと勝手に運命を感じて行ってきました。

ちなみに写真で言えば一番左端の彼です。観たことありません??

f:id:pushushu:20190922152331j:plain

↑では松坂桃李先生と2人1役で声優をしました。

f:id:pushushu:20190320225841j:plain

↑の作品では、控えめにいってリア恋でした。私はこの映画、彼を観に行ったと言っても過言ではない。

 

 

 

 

初めて行った、ジャニーズ以外のコンサート。初めてのライブハウス。

戸惑うことばかりでしたが、初めてのわりには、DISH//の曲をそんなに知らない割には楽しめたんじゃないかなと思っています(偉そう)

 

 

 

 

そして私は「楽しかった」という感想と同時に、こんな感想も抱きました。

DISH//のファンって、どこかジャニオタに通ずるところがあるくね??」

「てか、そもそもジャニオタってそこまで異質じゃなくね?」

 

 

 

私は自分がジャニオタでありながら、いい意味でも悪い意味でも、ジャニオタという存在はもはやただの「オタク」ではなく、「ジャニオタ」というジャンルが確立していると思っていました。

ひとたび何かあれば、ジャニオタは束になって素晴らしい行動力を見せつける時があるし、またひとたび何かあれば「これだからジャニオタは」と言われたりもすると思うのです。

例えば、今年の7月に我らがジャニオタの神・ジャニー喜多川逝去の時など、ツイッターだけでなく、このはてなブログ界隈などでも、私たちにたくさんのハピネスとピースフルを与えてくれたジャニー喜多川への感謝の言葉があふれていたと思います。東京ドームでのお別れ会にジャニオタが大挙したことなどわかりやすい行動でしょう。

また例えば、ジャンプやキンプリの一部のファンを筆頭に、「彼らを見たい、会いたい」という思いが度を越して強すぎた余りに一般の人に迷惑をかけたり、公共交通機関にまで影響を及ぼしてしまったりもしました。そして今年はジャンプが見せしめに選ばれたかのように、デビュー以来継続してきたアリーナツアーの開催を見送ったりもしました。

 

 

このように私はジャニオタという存在は、もはや「ジャニオタ」としてジャンルが確立しているように思っていて、ただのオタクの一種ではないように思っていたんですね。

しかし、今回DISH//のライブにはせ参じまして、「意外とそんなことなくね?」と思いました。

ということで以下の説を唱えます。

f:id:pushushu:20191127015727j:plain

この画像を1回作ってみたかった。そしてすごく楽しかった。

 

 

 

 

 

 

以下、この説を検証するために、論点を提示します。

 

・ Zepp Fukuokaの耳への余韻すごい

慣れないライブハウスの入場形式を見様見真似で突破し、いざ今日の舞台、Zepp Fukuokaに入ったのはいいんですけど。無事にライブが始まったのはいいんですけど。

ライブハウスの音響すごいな!?

私が久しくライブに足を運んでいないからっていうのもあるかもしれないけど、アリーナクラスの会場やドームクラスの会場と比べて明らかに客席とステージの距離が近いってのもあるかもしれないけど、めっちゃ音おっきいね!?私びっくりしすぎて、今日のライブついていけるかな、耳壊れないかな…って心配しましたとも(何の話)

 

 

そして人間の体というのはうまくできているもので、だんだん時間がたつとその音量にも耳が慣れてきて、全然ノリノリでライブについて行けちゃうんですよねぇ…、不思議だねぇ…人間の体…。

 

でも案の定というか(?)ライブが終わってからご飯を食べに行く、家に無事に帰る時はそれまでの耳からいまいち抜けきれなくて、ずっと耳がワンワン鳴ってて、耳鳴りっぽくもなってました。今はもう元通りだからよいものの(当たり前)、一瞬、このまま耳が治らなかったらどうしようと不安にもなりました。

 

と思ったらまさに今日(11/30)の授業で、「光や音は人間の脳の原始的な部分を刺激する」とかいうことを学んだので、あぁそうですか、あの瞬間の私は自分の脳の原始的な部分をやられてましたか、ハイそうですかとなりました。

 

 

 

 

 

・ちゃんと盛り上がり曲がある

私、今までそういえばちゃんと意識したことなかったんですけど、ジャニーズのライブって必ずといっていいほど、盛り上げ曲があるじゃないですか?

例えばジャニーズとファンが一緒になって歌える歌だとか、C&Rを前提に作られてる曲だとか。私が今思い出して印象に残っている盛り上げ曲の例でいえば、ジャンプの「One&One Makes Two」とか、嵐の「カンパイ・ソング」とかですかね。最高。

www.uta-net.com

www.uta-net.com

 

 

で、その存在のありがたさを今まで特は恐れ多くも、特にどうこう認識していなかったんですけど、ジャニーズ以外でも、DISH//でも盛り上げ曲ってあるんですねぇ…、もしかしたらいろんなライブに行き慣れている方にとっては当たり前のことかもしれないけど、私はジャニーズのライブにしか行ったことがなくて、しかも盛り上げ曲は、ファンとアーティストの精神的な距離が近い(と思われる)ジャニーズのコンサートだからこそ成り立つことだと思っていたので、なんかカルチャーショックみたいな感じでした。

ちなみに今回のDISH//のライブで歌われた、DISH//の盛り上げ曲はこちらです。

www.uta-net.com


ViViNIGHT DISH// 東京バイブレーション

 

この曲ももちろん知らなかったんですけど、この曲に入る前に「じゃあ何かタオルとか回せるもの出してください!」みたいなことをメンバーに言われたので、なんとなくそういう系の曲が始まるんだなとは思いましたが、私の予想以上に、ただタオルなどを回させることに終始した曲、ただライブを盛り上げるために作られた曲でびっくりしました。私は楽しかったけど、いまいちそのテンションに乗り切れず、どこか傍観していたみたいなところも否めないのですが、周りのおそらくガチDISH//ファン(「//」でスラッシャーといいます)はめっちゃ楽しそうでした。

 

 

 

 

・「こっちから見たらあなた達が異次元なんですけど」

 

私がこの記事を書こうと思ったきっかけの言葉です。

真隣にいた、おそらくスラッシャーのお姉さん2人組がボソッと言っていて、「あれ、こりゃスラッシャーもジャニオタ的要素あるのか?」と思いました。

 

この言葉がお姉さんの口から発せられた流れとしては、なんかライブの合間のMCみたいな時間になって、メンバーが口々に「いや~楽しいですね~~」とか「みなさんも楽しんでますかっ!」というようなあおり文句を言っていたんですね。この辺はジャニーズのコンサートではむしろ定番の流れですね。

 

そしてその流れの時に、確か北村匠海先生が

「いや、このライブっていう空間はね、僕らにとっても異次元みたいな世界なんでね、」

的なことを言ったんですよ。多分彼の中ではライブを非日常で、とても楽しい空間という風にとらえているんだと思います、ちなみにこのような表現はよく、ジャニーズのコンサートでも聞かれますね、常套句ですね(褒めてる)

 

 

それですよ、その時にまさに、私の右隣にいたお姉さん2人のうちの1人がぼそっと

「いや、私たちからしたらあなたたちも異次元なんですけど」

的なことを言ったんですね。

 

 

私の名誉のためにことわっておくと、私は何も聞こうと思っていたわけではなく、たまたま隣にいたからその発言が聞こえたというだけなんですけど、たまたま耳に入ってきたそのガチトーンのつぶやきがあまりにも心に残って、

「わかる~~!その気持ち~~!確かに私もジャニーズのコンサートに行って、いまいち現実なのか、目の前で起きていることなのか認識しきれないことある~~!あなたたちにとっては私たちが異次元でも、私たちにとってはその何倍も、あなたたちの存在がすでに異次元だよね~~!」

と心の中だけで激しく同意しておきました。

 

 

 

 

 

 ・初めてツアーTシャツが欲しいと思ったかもしれない

Zepp Fukuokaはジャニオタ大好きヤフオクドームに隣接するマークイズ福岡ももちの中にあるんですけど、私はその日の朝、早く福岡に着き、ジャニショに行って興奮のあまりに写真を買い占め(懺悔)、映画を観てお昼ご飯を食べて、ぶらぶらウインドウショッピングをして時間を待ちますよね。

 

ちなみに今回の11月のジャニショはおそらく今年最後になるろうという思いをもっていったんですけど、いつもは全く買わない、買うという選択肢にすらない玉森裕太くんですが、その直近に放送された11/24回の「グランメゾン・東京」で爆イケさにやられて買ってしまいました(???)私ジャニオタとして正しすぎ&ちょろすぎるな??

 

 

で、まぁ毎度のことながらそれた話を戻しますが、私がぶ~らぶらとマークイズ福岡ももちをさまよっていて、ふと人間の生理現象としてトイレに立ち寄ったんですよね。

 

 

そしたら。

トイレで、ツアーTシャツとおそろいの白のオーバーオールに着替えている4人組の女子たちに遭遇しました…。

ことわっておくと、私は決して彼女たちをディスりたいわけではなく、端的に言うとびっくりしたという話なのですが、私はそもそもそのような「参戦服♡」みたいな恰好をしてライブに挑むのってジャニオタくらいかなと思ってたんですよ。

ツアーTシャツを着るくらいまでは全然わかるけど、でも友達と全身お揃いにしていくようなファンってジャニオタ界隈だけじゃないんだ…。てかライブ開始まであと3時間くらいありますけど、君たちはそれでこの平日のショッピングセンターをうろつくの…??決してディスってはないけど(2回目)、勇気がすごいな…、私は恥ずかしくてできないから尊敬するよ…。

 

とかしみじみ心の中で思ってたら、行く先々で同じような格好の人に出会う。私のなかではツアーTシャツまで買う人はガチファンだと思ってるので、たぶん彼女たちはもれなくスラッシャーだと思う。

ライブへの時間が迫るにつれてどんどんそんなスラッシャーが増える。あぁ、オタクってのはいつの時代もどこであっても、やっぱり自分なりにかわいくいたいとか、対象への愛を全身で伝えたいもんなんだな…。それが人に迷惑をかけてなければ、もう好きにするが良いよ…(偉そう)

 

 

で、私は最初のトイレでツアーTシャツ×白オーバーオール4人組に度肝を抜かれましたが、もうマークイズをぶらつく先々でツアーTシャツを着たスラッシャーに出会うので、私は結局買いませんでしたが、私もツアーTシャツほしくなりました…。私はジャニーズのコンサートでもTシャツはその後の実用性がない(普段では恥ずかしくて着れない)ので、買わないのですが、今回はそのコスパの悪さを考えてもツアーTシャツほしいかも…と一瞬思いました。

 

みてこれ??このロック感はジャニーズにはなくない??

f:id:pushushu:20191129224243j:plain

あ…、おれらのジャニーズは肖像権に厳しいことで有名だった…(完)

 

 

 

 

・ファンとしての1つの正解を見たかもしれない

いざ、初めてのZepp Fukuokaに挙動不審マックスで入り、案の定というかなんというか、前の方の席はスラッシャーたちで埋まっていたので、私は前の方にカチコミに行くのは諦め、一番後ろの方から全体を観て楽しむことにしました。

 

で、ライブが始まってみれば、私も曲をそれほど知らない状態で行った割には、「音楽に身を任せて楽しむ」みたいな、もうライブのあるべき意味みたいな感じで楽しんでたんですけど、ライブが進むにつれて、私の隣に陣取ってたシングルのお姉さんがすごい…。

ちなみにかの至言「こっちから見たらあなた達が異次元なんですけど」を放たれたお姉さんとは真逆の、私の左隣にいたお姉さんです。

 

 

もうね、このお姉さんがめっちゃくちゃに楽しそう。

毎回毎回全力で踊ってる。

もうこの日のためにこの1年頑張ってきたんじゃないかと思うくらいにノリノリだった。

 

 

私は自分自身もそのライブの空気を楽しみながら、知らない曲なりにも楽しんでたんですけど、でもどうしても隣のそのお姉さんに目が行くんですよね…。もうたぶん周りの人の目とか一切気にしてない。てか、ノリノリで踊りたいがために、最後尾に来たのかもしれない。

 

 

ジャニーズのライブでもジャニーズ達とともに踊るジャニオタは散見されますが、でもどうしても彼らの顔を観に行ってるみたいなところがたぶんあるじゃないですか??私見

しかも周りのジャニオタが「お互いに気持ちよく、マナー良く楽しもうな」という牽制をきかせあってるから、そこまで目立つほどに自分の世界に入るジャニオタはいないじゃないですか?(いないと思いたい)

 

 

でももう、あのお姉さんは、メンバーの顔が好きとかキャラが好きとかもしかしたらあるのかもしれないけど、根底には純粋にDISH//の音楽が好きなんだろうなというのが見て取れました。

私は自分の性格的にあそこまでノリノリになりきれないけど、ちょっぴり、ほんのちょっぴりだけあのお姉さんくらい振り切ってライブ楽しみたいかも、こういうのを1つの正解としてファンって言うのかなって、相変わらずヘドバンする勢いのお姉さんを横目に見ながら思いました。

 

 

 

 ・どこのグループにもエースっているんだなぁ

みなさんが応援しているジャニーズのグループにおいて、いわゆる「エース」は誰ですか??

例えばわかりやすい例でいえば、ジャンプの山田涼介大先生、キンプリの平野紫耀御大とかですかね。

エースと呼ばれる人は、=センターとも言え、一般の人が「グループのメンバーの名前を全員言えと言われたら無理だけど、彼だけはかろうじてわかる」とか「なんとなく見たことある子」みたいな感じですかね。

 

 

で、DISH//にもいました、(おそらく)エース。

 

それは…。

北村匠海大先生です(担当)

 

 

DISH//のライブでもペンライトを振る習慣?があるっぽいのですが、もうなんかの曲でメンバー1人1人がクローズアップされる時があったんですけど、1人1人がクローズアップされるごとに、ペンラをそのイメージカラーにするんですよ、スラッシャーたちは…。もうそんなんジャニオタじゃん…??

でも、それぞれ担当はいるっぽかったけど、我らが北村匠海の番になったら、もう北村匠海には完敗みたいな空気になるんですよね…、認めざるを得ない…みたいな。

 

 

エースだとか担当だとかいるのみならず、ジャニオタにはおなじみ、DISH//イメージカラーはこちらです…。

北村匠海…青

矢部昌暉…ピンク(多分)

橘柊生…黄色(多分)

泉大智…緑(多分)

 

しかも…。

メンバーカラーのみならず、イメージ柄なるものもあるんですね…。

北村匠海…チェック

矢部昌暉…ドット

橘柊生…ストライプ(ボーダー)

泉大智…ゼブラ(アニマル柄)

 

 

 

???

なに??イメージ柄って??

は??…は???ジャニーズにない文化すぎるんですけど??

 

 

仮に、万が一ジャニーズに、このイメージ柄制度を導入してみ??

す~ぐにこの世に存在する柄という柄は、使い果たされるで??もうデビュー組でかぶりまくりやで?(イメージカラーですらかぶりまくり)

ジャニーズ事務所はイメージ柄を考えるためだけのデザイナー雇う羽目になるぞ??そのデザイナーさんはもう新たにデビューする組とか出てほしくないもんね??

てか、イメージ柄とか決めちゃったら、もうジャニーズは一生そのイメージ柄でコンサート衣装作んないといけないもんね??そんなの楽しくないもんね??

 

 

 

 

・「かわいい」になってからがファン

もうこれに関してはスラッシャーだとか、ジャニオタだとかはもはや関係なくて、男性芸能人を愛でる女性ファン(?)に特有なのかなと思ったんですけど、

 

たぶん私が思うに、私たちが対象に対して

「かっこいい」ではなく、「かわいい」という感情を持ちだしたら、もうそれはようこそオタクの森なんですよね(???)

f:id:pushushu:20191130145410j:plain

 

 

いや、全然「かっこいい」という感情はもっていていいし、なんならジャニオタも時と場合に応じて「かっこいい…」としか言えない時もあると思うんですけども。

でも、私の肌感としては、もう「かわいい」と思い始めたら、もうその対象に対して無償の愛みたいなものを抱いちゃってて、もうようこそオタクの森から抜け出せないところまで来てると思うんです(しつこい)

 

 

今回のDISH//のライブでも、MCとかでメンバーがしゃべってて、噛んじゃったり、わけのわからないことを言って会場中を困惑に引き込んだりしても、もうそれはスラッシャーの「かわいいーーー!」で帳消しになるみたいな場面が何度もありました。てかメンバーも、自分たちのおっちょこちょいミスはそんな風にスラッシャーに処理されるのを待ってる感あったと思う私見

 

 

…私、これジャニーズにおいてめちゃくちゃ既視感なんですけど…?

ジャニーズのライブでもMCで何か喋れば、ジャニオタからは歓声か笑い声か「かわいいーー!」しか聞こえないみたいなとこあると思うし、てかジャニーズ側もそう言われることを期待して話してたり、むしろ時にはその「かわいいーー!」を強要することあるよね…??

あ、「かわいい」ってようこそオタクの森への合言葉なんだ…(いよいよしつこい)

 

 

 

 

DISH//という世界観を鬼守る

いまさらなんですけどDISH//の意味ってまぁ直訳で「お皿」で、「みんなのメインディッシュになりたい」という意味が込められてるらしいんですけど、もうこの設定、コンセプトをメンバー自身もスラッシャーたちもめちゃくちゃ忠実に守るんですよ。

 

 

私がその忠実ぶりに驚きを通り越して、もはや感動を覚えたのは2つです。

①銀テではなく「紙皿」を投げる

ジャニーズのコンサートでは最後のほうで、ジャニオタの大好物「銀テ」がパーーーン!と発射されるじゃないですか。私はあれを欲しいと思ったことはそれほどないんですけど、でもまわりのジャニオタが我先にと拾いに行ってるし、ジャニオタ間で銀テの譲渡も行われてるっぽいし、てかジャニーズ側も「銀テが出た瞬間ばっかりは、ファンの子たちも俺らじゃなくて銀テを追ってるから、なんか切ない」みたいなことを言ってるので、ジャニオタにとって銀テはコンサートを楽しむ大事な1つの要素なんだと思います。

 

 

でも、でもですね…。

DISH//のライブでは、ジャニーズのコンサートみたいに銀テが降る代わりに(?)、

紙皿が投げられるんですね…。

 

私は最初、メンバーが客席に向かって何を投げているのかわからなかったし、そもそもなぜ何かを投げ込むのかも分からなかったんですけど、どうやらぺらっぺらの丸いものが投げられている模様…、そしてスラッシャーたちが我先にそれを追いかけている…。

 

・・・これは紙皿なのか??

 

もうこれは完全に「DISH//」という世界観を鬼守ってるじゃん…、私、DISH//の事今日初めて知ったに近いけど、こういうコンセプトガチ守るやつ大好きだから…。

 

 

そして紙皿を投げ終わったメンバーが、ファンに「何枚か取れた人は周りの人にも回してあげてねー」と促しているのを聞いて、

「もうDISH//好き…」となりました。

 

 

オタクという生き物は、そういう「他のファンとの共存」を本人から促されても、その時ばっかりは彼らの声が耳に届いてないことが多いので、なかなか銀テを分け合う、紙皿を分け合うという心理にはなりにくいと思うんですけど、それでも無駄だとしても本人たちがそうゆうことを促してくれるの大事だな…と思いました。

 

 

・・・ま、私は最後列にいたので、紙皿を取れる取れないとかの世界の蚊帳の外で、ただただZepp Fukuokaに紙皿が舞うのをぼーっと見てただけなんですけどね☆(ポジティブ)

 

 

②アンコールではなく、「おかわり」

ジャニオタのみなさん、あなたがコンサートに行って、そのコンサートの本編が大盛況のうちに終わった時、とてもさみしい気持ちになりますよね??

あとせめて1、2曲くらい歌ってほしい、そうでなきゃとてもこんな興奮した気持ちのまま帰路につけないと思いますよね??

だからこそ、ジャニーズに限らずコンサートでは、「まだこの夢の時間を終わらせないでくれ」というファンの悲痛な願いの代弁としての「アンコール」が行われるのだと思います。

 

 

そしてもちろん今回のDISH//のコンサートでもアンコールはありました。

私はこのライブに行くまではジャニーズのコンサートにしか行ったことがなかったので、アンコールといえば、例えば嵐のライブでは「あーらーしー!あーらーしー!」って感じで、セクゾは「セクシーゾーン!セクシーゾーン!」って感じですね。

 

 

 

DISH//のライブでは、なんてアンコールすると思います…??

「おーかわりー!おーかわりー!」ってアンコールするんですよ…。

 

 

 

???

最初は私、この「おーかわりー!」コールがアンコールと同義ということはなんとなくわかったんですけど、なんで「アンコールー!」とかではなくて、「おーかわりー!」なのか疑問に思ってたんですよ。なんなら「DISH//--!」とか言えばいいのにな(語呂悪)とか思ってたんですけど、急にハッと思い当たったんですね。

「あ、DISH//という世界観を守るために、あえて、おーかわりー!というアンコールをしてるんや…。」

 

もうそれに自分で気づいてからは、むしろそのアンコールに対して感動と尊敬の念ですよね。誰、このアンコール思いついたの、天才やん??

 

 

ほかにもDISH//の公式ファンクラブの名前は「皿組」とか言っちゃって、おしゃれなのかおしゃれじゃないのかわかんないけど(失礼)、ここでもバンドの世界観を守ろうとするし、私が感動したのはセカンドアルバム「召し上がれのガトリング」ですかね…。

一見すると、よく意味は分かんないけどおしゃれなアルバムタイトルですねっつって素通りすると思いますけど(またもや失礼)、そもそも作品のタイトルに「召し上がれ」を持ってくることある…??これぞ、DISH//という名前を拝しているグループだからこそできるやつじゃん…??

いいね、そうゆう風に積極的に自分たちの強みを売り出していこう!(立場が謎)

 

 

 

 

・郷に入っては郷に従え

 私、ライブハウスに行くのが今回初めてで、マジで右も左もその作法がわかんなかったんですよ。

 

今回のライブは18時半開演で、17時半から入場できるらしいんですけど、そもそもどうやって入るかすらわかんない。ジャニーズのライブみたいに、入場口とかあらかじめ決まってて、そこに行けば会員証と身分証明書とデジタルチケットを提示するタイプならもう玄人だと思ってるんですけど(ジャニオタ)、なんせZepp Fukuokaはそのように広い会場ではない。

しかもローソンで発券したチケットには、なにやアルファベットと数字が割り振られている。この数字が私に割り振られたものだということだけはなんとなくわかるけども、でもこの数字はどのような時に使う??私は今回スタンディングでの当選だから、席とかないんよな??(パニック)

 

 

でまぁもう行けばわかるだろという、最高の行き当たりばったり精神で、17時半ごろにZepp Fukuokaの入場口あたりに行くと…、

 

 

列、列、列。

主に女子が大挙して、そして係員らしきお兄さんの言うことをおとなしく聞いて列をなしている。それもすんごく長い列を。

 

 

 

…え…、こんなにDISH//のライブって人来んの…?こんなにDISH//って人気なの…?これ私、いつ入れんだろ…?

 

 

あきらめと気合を同時に持ち合わせながら、そのスラッシャーたちの列の最後尾を探すんですけど、行けども行けども終わりが見えない。

…え、Zepp Fukuokaってこんなに人が入んの…?

 

 

で、ここでわかりました、あのアルファベットと数字の意味。

この列の中で私がどのあたりに入るかということを表すやつだったんですねぇ~~!(語彙力)

お兄さんに、「おら、どこに並べばいんだ?」とビビりながら聞いてみたところ、チケットを確認され、このアルファベットでこの数字ならここに割り込めと、すでに列に並んでいたお姉さんたちの間に押し込まれました。

 

 

ひぇ~~!ごめんなさい~~!あらかじめ番号は割り振られてたけど、それでも急に割り込むみたいな感じになってごめんなさい~~!そもそもそんなにDISH//のこと好きじゃないにわかみたいなやつが、北村匠海先生の顔が見たくて来たような奴がここにいてごめんなさい~~!

 

萎縮しまくりですよね。

 

 

 

そして列が順調に進んでいき、いざ私が入れるぞ!というターンになってからがもうなにがなんだかパルプンテ(©相葉雅紀ですよ。

 

まずチケットをもぎられると同時に、ドリンク代をせしめられる。

私は何かドリンクを買わなきゃいけないというシステム自体も初めてだったので、ただ言われるがままに、入り口のお兄さんに600円を献上しました。

で、私は600円も払って買うドリンクっていえば、そりゃそれなりにおしゃれだとかおいしいだとかかなって思ってたんですけど、そんな私の希望を無残にも打ち砕いてくれる、ペットボトル飲料たち…、いやいいんですよ、ミニッツメイドとかカナダドライがまずいだなんてことは1ミリたりとも思っていない。でもさ…、私が無知なだけかもしんないけど、600円も払ったら、それなりのもんが来ると思うじゃん…。でも払わないと、買わないとライブ会場に入れない。もう払うしか、買うしかない。600円だと思うと、飲みなれているミニッツメイドもおいしいなぁ~~!(自己暗示)

これがディズニーランドやジャニーズのコンサートグッズを買う時に、急に金銭感覚が馬鹿になるやつですか??

あと、入り口付近にファンクラブ入会申し込みとか、過去のリリース作品を売ってるブースあるじゃん…。なにこれ、ジャニーズ現場で超既視感なんですけど…。やっぱりどこでもやることは同じなんだな…、てか今まで私がジャニーズの現場を特別視しすぎていただけなのかも…。

 

 

そしてなにやら入り口付近にロッカーが設置してあったので、「これは問答無用で、荷物を預けろということか…?荷物を持っているとライブを観るうえで邪魔になるからか…?」というセルフ推測をして、300円払って荷物を預けたんですけど、意外や意外にも会場に入ってみたら、ガンガンみんな荷物もってるやん…。私も一応初心者なりに、ライブ中に荷物が邪魔にならないように、両手が自由になるタイプのバッグを選んできたんですけど…。あんなん置かれてたら、そりゃ初心者は問答無用で預けるもんかなって思うじゃん…(調べてこい)なんなの、私の300円返して…(ケチ)

 

 

会場に入ったら、それこそ修羅場ですね。

スタンディング=どこにいようと自由なので、みんな思い思いによさげなポジションを確保しようとする。

スラッシャーガチ勢はそりゃ前のほうに行きたいだろうし、前じゃなくても快適に観たいって人は、なんていうの?あのもたれかかれるバーがあるところを確保するし。

私はその辺の事情もまったく無知だったので、会場に入って、自分より先に会場入りしていたスラッシャーたちですでに会場が半分近く埋まっているのを目にした時は愕然としましたね、えぇ。

そりゃジャニーズのライブと比べたら何倍も近いけどさ、双眼鏡なんかいらない距離だけどさ、せっかく来たからには前のほうあたりに乗り込むつもりだったのに…。その時の私にはそんな勇気&元気はなかったので早々にあきらめ、後ろのほうでよさげな位置を探すことにしました(ちなみに今もそんな勇気&元気はない)

 

 

で私はそこで初めてもたれれかかりながらライブを観られるバーの存在を知ったので、できればそこに滑り込みたかったんですけど、私がそう思った瞬間に空いているスペースにお姉さんがさっと滑り込んで確保されました…、ハイ終了、考えていることはみな同じですね(諦観)

 

 

 

 

ライブが終わった後は、ジャニーズのライブのように規制退場があるわけではなく、もうみんな問答無用で我先に早く帰りたいということで一斉に出口を目指すんですけど、そもそも私はどっちの方向のドアに行けばいいかすらわからない。

みんながこっちに向かってるからこっちか!?もうこの人の波に逆らえない!もういいな!?おれもこっちに向かっていくからな!?頼むからあのロッカーまで他とりつかせてくれ!(財布)

 

 

 

でまぁ無事に、スラッシャーたちに素直に従ってついていくことで出口にたどり着けたんですけど、もうこの時ほど先人の知恵「郷にいては郷に従え」を実感したことはなかったです。やっぱり先人の知恵には従っておくべきだな。

 

 

 

 

 

 

 

 以上です。以上がこの度、初めてDISH//のライブに入って抱いた様々な思いでした。

 

 

もうここまで書くのでめっちゃ疲れたので、私のDISH//おすすめ曲の紹介は省かせて下さい。申し訳ねぇDISH//に)

下に動画を置いておくので、気になる方はどうぞご覧ください。

ちなみにDISH//はロックバンドといいつつも、ほかのバンド同様にしっとり系の曲も持っています。

しかし私はDISH//に限らずジャニーズに限らず、明るめの曲が好きなので、今回のラインナップもそういう傾向があります。

悪しからずご了承ください。

しかし聞けば必ず楽しくなるということは保証できると思います。

 

 

 

 

ビリビリ☆ルールブック

ライブで初めて聞いた歌だったんですけど、めっちゃ楽しかった。物理的に何言ってるかは分かんなかったけども。www.youtube.com

 

 

 

愛の導火線

この曲はアンk…じゃなかった、おかわり(鬼守る)で歌われたんですけど、北村匠海大先生が「愛の導火線に火をつけませんか!」みたいな感じでスラッシャーをあおってる時の、スラッシャーの盛り上がりが半端なかった(そして私は蚊帳の外)

案の定、この曲がはじまって、私も見様見真似で楽しんだ結果…、めちゃくちゃ楽しかった(最高) 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

僕だちがやりました

同名ドラマ「僕たちがやりました」の主題歌。

f:id:pushushu:20191130191549j:plain

私はこの曲きっかけで、初めて歌っている北村匠海を見たんですけど、あのかっこよさの衝撃は忘れられない。最高にかっこいいから好きなんだけど…、今回歌ってはもらえませんでした…(無念)


DISH// 『僕たちがやりました』 DISH// presents 忘年会だよ!全員集合!!!2018@SHINKIBA STUDIO COAST

 

 

 

サイショの恋~モテたくて~

この曲は妹の車の中で初めて聞いて、そのぶっとんだ世界観に驚き&尊敬の念を抱いた んですけど、でも楽しい歌です。

私が言いたいのは2つ。

①この曲ではもはや楽器は飾りであり、しっかりと踊っているんですけど、1番のサビあたりでカメラに抜かれる北村匠海が鬼かわいい。

②この曲は「モテたい」ということがコンセプトなんですけど、「モテたい=髪を染める」という思考回路がどうも安直すぎてならない。髪を染めてモテるようになるなら、きっと恋人がほしい全人類は髪を染めるぞ…??(言わない約束)

この曲もはちゃめちゃに楽しいから歌ってほしかったんですけど…、歌ってもらえませんでした…(無念パート2)


DISH// - Saishonokoi Motetakute

 

 

 

 

 

 気付けばここまで13000字。卒論ってこれくらいか~~(呑気) これくらい本気出して卒論やれよ(自戒)

 

 

 

 

 

 

ということでこの説の検証結果です。

f:id:pushushu:20191127020106j:plain

 

 

 

ジャニーズと春夏秋冬

私は蛇仁図ぷしゅしゅ!ごくごく普通の大学生だよ☆

今日はそんな私の春夏秋冬を、みなさんにご紹介しまーす♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は月曜日で朝から大学で講義!今日も一日がんばろう!

がんばるためには顔を洗って目を覚まさないとね!

ナチュサボン洗顔料で顔を洗って…、ふ~すっきり~!

朝は時短で、ウテナシンプルバランスでスキンケアしてと…。

 

次は、朝ご飯を食べよう!明治おいしい低脂肪乳が私の朝ご飯の定番!牛乳を飲まないと朝ご飯って感じがしないんだよね~~。

あと、健康を意識して守る働く乳酸菌届く強さの乳酸菌アミールやさしい発酵乳仕立ても日替わりで飲むようにしてる!

……寝坊した時はinゼリーで済ませちゃう時もあるけど……。

 

 

よし、メイク完了!最近のお気に入りリップはフォーチュン!可愛い色味してるんだ♡

さて、今日はどの服着ようかな…?

あ!今日はこの間買ったばかりのearth music&ecologyの服を着ちゃおうかな!それにやっぱりお気に入りのリーバイス エンジニアド・ジーンズを合わせて♡ やっぱお気に入りの服はテンションがあがるな~~!

 

 

大学につき、授業のある教室に入ると、いつものメンバーはっけ~~ん!

私「おはよ~~!」

友達「「おはよ~~!」」

ん?友達がなにやらケータイゲームをやってる。

私「それ、何やってるの??」

友達「あぁこれね、&CASTっていうゲームなの。アニメのキャラクターが実際に私のコメントにレスしてくれるから、もう楽しくって!」

そうなんだ~~!確かにアニメ好きだもんね~~。

と思ったら、もう1人の友達も何やらケータイゲームをしてる。

私「同じゲーム?」

友達「ううん、私はパズル&ドラゴンズ。王道中の王道だけど、なんかやめらんないんだよねぇ。」

私「でも、この間はモンスターストライクっていうのしてなかった?」

友達「うん、あれもやってるよ。交互にどっちも進めてるって感じかな。」

パズドラは私も知ってる!こんなに身近な友達までやってるんなんて、パズドラユーザーは多いんだなぁ。モンストもどっちも進められるなんて、器用だなぁ~~。

 

 

友達「そういえばさ!ぷしゅしゅはこの春休みに実家に帰ったんでしょ?楽しかった??」

私「うん!楽しかったよ!でも、楽しかったけど、やっぱりしばらく帰らないうちに色々変わってたな……。」

友達「例えばどんなこと?」

私「家の洗面所にしれっと、今までなかったメンズビゲンがおいてあったから、あぁお父さんのかな…もうそういう年か……とか思ってたらさらにその上を行くマープ リボーンのパンフレットが置いてあるし、お母さんはカードとか持ってなかったのに、JCBとかオリコカード持ってたし、ダイニングテーブルにほんとに自然にアリナミンが置いてあったし、アフラック生きるためのがん保険Days1-プラス、よくわかる!ほけん案内のパンフも置いてあったし、親も年取ったな……とか、リョーマゴルフのゴルフセット一式が置いてあったから、お父さんついにゴルフ始めた!?って聞いたら仕事の付き合いだって言ってたし、MARK&LONAっていう、女性もののゴルフセット一式が置いてあって、これ誰の!?って聞いたら、お父さんに便乗してお母さんもゴルフ始めたって言うし、家のトイレがINAX トイレシリーズに変わってたり、私より年下でまだまだ若いのに妹がゼクシィ縁結びエージェントに登録してたり、私より先に車買っちゃってタフ・つながるクルマの保険に入るっていっちょ前なこと言うし、家にタウンワークが置いてあったからどうしたの?って聞いたら、末っ子の高校生の妹が彼氏の誕生日に彼氏の好きなブランドの7 Moncler Fragment Hiroshi Fujiwaraで何かプレゼントしたくてバイト始めるんだって…。挙げ句の果てにはそもそも家全体のインテリアが東京インテリアで激変してた………。」

友達「………実家がすごく目まぐるしく変化してたんだね……。」

私「うん……もう自分の生家ではないみたいだったよ……」

友達「……」

私「……」

 

 

 

 

 教授「お~~い、じゃあ授業始めるぞ~~!」

あ!授業が始まった!この授業は教養科目なんだけど、いろんな広告の方法を扱ってて面白いんだ~~!

 先週は日本の商品に特化した中国向け越境ECショッピングプラットフォームについてだったし、今週は何かな??

教授「よし、今回のテーマは、福島県産農林水産物PR事業についてだ。」

へぇ~!今回は官公庁のPRについてか~~!

 

は~~!今日の授業も面白かったな~~!やっぱりこの授業受けて正解かも!!

教授「来週は、AMU博多8周年キャンペーンについてだ。各々予習してくるように。」

あ!私も行ったことある!Yahoo!検索で予習しておこう!

 

 

 

はい!気を取り直して、学校のあとはスーパーで買い出しで~す!私は料理するのが好きだし、スーパーであれこれ見て回るのも大好き!

リケンのノンオイル!これ切れそうだったから買い足そう~、あ!これからの夏の季節に備えて、ウナコーワ、三次元マスクベープシリーズ、液体ムヒS、ムヒアルファEX、アースジェット アース虫よけネットEXも絶対必要!麻婆豆腐の素、かけうま麺用ソースもあると便利なんだよね~。あとは朝ご飯に定番の明治 ブルガリアヨーグルトシリーズでしょ、味付けに便利なエバラ焼き肉のたれ黄金の味 エバラすき焼のたれでしょ、忙しい時に便利なキッコーマンうちのごはん おそうざいの素でしょ、意外となんにでも使えるAJINOMOTオリーブオイルエクストラバージンでしょ、日清オイリオ食用油でしょ、お弁当作りにはもってこいの味の素の冷凍食品シリーズでしょ、私の中での中華味のもとと言えばのクックドゥ 香味ペーストでしょ、辛いものが苦手な私は問答無用で甘口のバーモントカレーでしょ、

ふ~~!これだけあればこの春~夏は快適に過ごせそうだな~~!

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い〜〜!

暑い季節は嫌いだけど、暑いとお酒が美味しいよね〜!

ということで今日はいつもの仲良しメンバーと飲み会で〜す!そして大学生の私達が安く飲もうと思ったら〜?宅飲みで〜す!

 

てなわけで、私の家の近くのコンビニに、友達とお酒とおつまみを買い込みに来たよ☆

私「みんな、それぞれ好きなお酒とかある??」

友達「「…う〜ん、そうねぇ……」」

私「じゃあそれぞれ好きなお酒を持ち寄ってあとで集合しよ?」

友達「「OK!」」

 

さてと、私は……、私はあんまりお酒に詳しくないから、飲むといったらだいたい有名どころのお酒になるんだよね〜。今日は何飲もうかな?

……あ!サッポロ クラシックサッポロ レモンザ・リッチ飲も!おいしそ〜!

 

友達と集合して、それぞれのおすすめのお酒を見てみると…金麦とかアサヒ贅沢絞りクリアアサヒキリン・ザ・ストロング、シングルモルトウイスキー ブランデーなんかがあって、普段私が選ばない、飲まないようなお酒ばっかりだったから、なんだか面白かった!

 

 

そして次はおつまみなんだけど、私たちはうら若き乙女たちだから(?)、お酒飲む時のおつまみはしょっぱいものより断然甘いもの派!

今日はきのこの山たけのこの里明治 ミルクチョコレートハイチュウハイチュウプレミアム小麦胚芽のクラッカーSOURSガルボぷっちょコロッケのまんまチョコモナカジャンボ、バニラモナカジャンボ、ザ・クレープ、板チョコアイスにした!みんなで選ぶのが楽し過ぎて、買いすぎた!笑

 

あとはいっちょ前に〆のラーメンで、麺づくりも買った!

 

 

 

いろいろ買い込んで私の家に行く途中、みんな1人暮らしの大学生だから、やっぱり話は1人暮らしの生活のことになる…笑

友達「ぷしゅしゅはさ、やっぱりあのコンビニが近いからよく行くの?」

私「そうだねぇ~~、近いし、セブン-イレブンフェアとかやってるってなると、ついつい行っちゃう笑」

友達「「わかる~~!」」 

私「あ、そういえばさ、みんなはどこのケータイが会社?私はソフトバンクなんだけど、ちょっと乗り換えしようかなって思ってて……。」

友達「そうなんだ!私はちょっとキャリア関係ないけど、今、Yahoo!きせかえ にハマってる!笑」

友達「へぇ~~!それって面白いの??」

友達「うん!えっとね…」

やっぱり人と話すといろんな情報を知れるから面白いなぁ~~!

 

 

さて、私の家にとうちゃ~く!今日は飲み明かすぞ~~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は大学のいつもの友達と一緒に泊りがけで~~??

大阪はひらかたパークにやってきました~~!

今回は大阪までJALの飛行機でやってきたんだけど、最近ANAカードにも興味のある私は、ANAも捨てがたくて…。飛行機大好きだからいっつも航空会社迷うんだよね~~。

友達は横で爆睡してたから、そもそも飛行機に興味ないのかもしれないけど…。

そして空港に着いたら、私はだれかよく知らないんだけど、大阪観光シンボルキャラクターのお兄さんたちの広告がバンバン流れてて、なんだか大阪にめちゃくちゃ歓迎された気になって、とってもうれしかったな~~!

 今度はこのお兄さんたちがやるらしいクリスマス・クリスタル・アンバサダーとかクリスマス・クリスタル・サポーターの時期を狙って、冬にUSJに行こうかな~~♡

 

ひらかたパークに行く前に、コンビニで飲み物の調達をします、これ大事。

私はビタミン炭酸 MACTH、友達はオランジーナ100メンテナンスウォーターを買ってた!やっぱり自分では選ばないようなチョイスするから、人と買い物するのは楽しいよね~~!

 

 

そしてお昼ご飯は遊園地定番かな??日本マクドナルドで~す!私はちなみにダブルチーズバーガーが一番好き♡

そしてホテルに帰ってからの私のお楽しみは!

みんながどんなスキンケアを使ってるかリサーチ!

やっぱりこれは泊りがけじゃないとなかなか知れないから楽しみにしてたんだ~~♡

例えば私はメイク落としはデュオを使ってるんだけど、友達によってはソフティモ ラチェスカを使ってたり、ソフティモを使ってたりした!でも荷物がかさばるから、旅行の時くらいは、ビオレ ふくだけコットンうるおいリッチでもいいのかもねって結論に!笑

あとはシャンプーは、私はエッセンシャルflatを使ってるけど、ジュレームを使ってたり、CLEARを使ってる子もいて、その違いが面白かったなぁ~~!

私はお風呂上がりのスキンケアとしては、クリアターン 美肌職人アクネスラボが欠かせません♡

寝る前にはベビーワセリンリップを塗って、冬に向けて乾燥防止!おやすみなさ~い!

 

 

 

 

 

 

 

 冬

う~!さむい~!もうすっかり冬だなぁ~!

 考えてみれば、もうクリスマスケーキ予約の時期だもんね、そりゃ寒いはず……。

私の家はセブンイレブンが近いから、セブンイレブン クリスマスキャンペーンのケーキを友達とのパーティ用に予約していまいそう…。

そして寒い時期はやっぱり無性に森永ココアが飲みたくなる…、家に帰ると飲んでしまう……、おいしい…。森永甘酒も美味しいよね…(寒い)

 

 

もう年が明けたら、そろそろ私も就活始めないとだなぁ……、不安だなぁ……。

とりあえず就活にむけてスーツを、紳士服(スーツ)で有名なAOKIで新調することぐらいは決めてるけど、あとはなんにも決めてないなぁ……。

どんな会社を受けよう?ジャパネットたかたオープンハウス日本特殊陶業かんぽ生命保険見直し本舗ポムフードパーソナルテンプスタッフセントラル警備保障ダスキン

知ってる限りの会社をあげてみたけど、これらを全部受けるわけにはいかないし……。

私は観光業にも興味あるから、思い切って観光立国ナビゲーターで気になってた観光庁とかもいいかなぁ…どうかなぁ………。

それとも家庭用電化製品でお世話になってる日立もいいなぁ…。

この前東京に行った時に乗って、すごく好きになったスカイライナー京成電鉄もいいなぁ…。

 

 

あぁ!もうやめ!せっかくの楽しい冬の夜長がただでさえ暗いのに、もっと暗くなる!もう、この冬休み何して過ごそう、これ考えよう!

基本的には寒いから、とりあえず家に引きこもるよね笑 この部屋は三井不動産で探した部屋でお気に入りだから、私は家にいるのが大好き!アパマンショップも検討したから決め難かったんだけどね!

定番はテレビ、ネットだな~。dTVGYAOJUDGE EYES:死神の遺言とか興味あったし、これを機に始めてみようかな?

 

あぁ、冬ってことは、お年玉付郵便葉書も準備始めなきゃ……。来年の年賀状はどんなデザインにしようかな?年のはじめのご挨拶だから、きちんとかつハッピーなものにしたいな……。

……そして私の苦手な大掃除……。今年はウェーブ フロアワイパーと一緒にがんばるぞ……。

……あ!じゃあ今度大掃除用品買いに行くついでに、この冬~春にかけての必需品も買っておこう!花粉症の私にはアレグラFXは欠かせないでしょ、ひとり暮らしで風邪ひいたら辛いから、ルルアタックシリーズも欠かせないでしょ、大掃除で万が一腰とかやっちゃったり筋肉痛になるかもだからフェイタスとかサロンパスもいるかもでしょ、こうなったら日用品も買い足しときたいでしょ、ラ・ボン ルランジェでしょ、香りとデオドラントのソフラン プレミアム消臭シリーズでしょ、トップNANOXシリーズでしょ、めぐりズムでしょ、システマシリーズでしょ、アリエールでしょ、

 

……重たいものばっか……。

だけど、この冬を楽しく乗り越えて、来年を楽しく迎えるためにも、頑張ろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れた。

(私の中で)珍しいタイプのジャニーズ

ど~~も~~、秋花粉で鼻がまったく利かないぷしゅしゅで~~す!

看護師である母の助言に素直に従い、しっかりと薬を飲んでいますが、それでも全く鼻が利かずにいるので、ご飯が全くおいしくないで~~す!

食べること&料理をすることが好きな私にとっては、結構つらいで~~す!

鼻をかみまくっているので、ただでさえ鼻の下が乾燥する&季節的に乾燥する時期なので、これでこの冬~春を乗り切れるのか不安で~~す!

もう空元気で~~す!(深刻)

 

 

 

 

 

さてさてそんな、割と心身ともにダメージをくらっていながらもお話ししたい話題が、まさかの(?)King & Princeの岸くんについてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???

まさかこのブログで岸くんについてフィーチャーすることになるとは思わなんだ。

 

 

なぜ私が担当でもない岸くんについて語りに来たかというと、私の中では彼はどうやら珍しいポジションを占めそうだからです。

私の中で珍しいポジションのジャニーズというのは、短髪よりも長髪のほうがビジュよくね?となるジャニーズです。

 

 

私はジャニーズに限らず、男性の髪型は基本的に短髪が好きです。

なんか私の肌感では、長髪のジャニーズのほうがかっこいいとか、自担には髪伸ばしてほしいと思っているジャニオタが多い気がしていて(※ディスってはいない)、私は短髪が好きな自分がどこかおかしいのかな?とすら思ったこともありました(深刻すぎ)

でもそんなことを思ったところでやっぱり、自分の好みはそう変えられるものでもないので、短髪好きを貫いています。

てか自分自身の髪型もショートカットが好きで、当分伸ばす予定はないです(何の話)

 

 

 

 

ですが。

私が永遠の担当に勝手に任命している嵐の冠番組VS嵐

私はこれを毎週木曜の楽しみとして、毎週ごとに木曜を生き抜いていると言っても過言ではないのですが、直近の11/7回では、11/14に行われる3時間スペシャルに向けての、ドラフト会議なるものが行われました。

まぁ、この企画をざっくり説明すると、今度のスペシャルでMr.VS嵐なるものを決定するそうで、いつもは嵐として戦っている5人がそれぞれのチームを組んで、誰が1番VS嵐かということを決める(?)そうです。

 

そのためのチームメンバー編成が、11/7回のドラフト会議だったわけですが、そこに岸くんがチームメンバー候補として呼ばれたわけですね。

それほど今回の記事において大事なことではないので先に結論から申し上げると、岸くんはチーム大野との競合を競り勝った、チーム松本に無事に決定しました、がんばってください。

ちなみに他のジャニーズメンバーは、三宅健(チーム相葉)、上田竜也(チーム櫻井)、増田貴久(チーム二宮)、伊野尾慧(チーム大野)といい感じにジャニーズがバラけてくれてありがとうございますって感じです。

 

 

 

 

岸くんは今回のチームメンバー候補の中で1番若い、1番動けそうってことで、嵐メンバーの注目株だったんですね。そして案の定、先程も言ったように、チーム大野とチーム松本で指名がかぶってしまい、競合することになったんですよ。

 

 

 

 

この時の岸くん。 

めちゃくちゃかわいくない??

 

 

 

 

まず順番的に相葉→松本→櫻井→大野→二宮の順で指名メンバーが呼ばれ、岸くんの場合は松本→大野の順で指名されたわけですが、まずチーム松本で呼ばれた時の、びっくりしたようなめっちゃ嬉しそうな笑顔。

私は彼にそもそも詳しくない&彼が長髪だったので、そこまでマークしてませんでしたが、あの笑顔にやられましたね。何あのかわいい笑顔。24歳?の男が先輩に指名されたくらいであんなに喜べますかね??(褒めてる)

そして、チーム松本に引き続いてチーム大野からも指名された時の、再度びっくりしたような笑顔&「2チームから指名されるとは思ってなかったよ〜、参っちゃうな〜」みたいなちょっとドヤってる顔がかわいかったです。自分でもこんなに岸くんにかわいさ感じると思ってなくてちょっと困惑。

 

 

抽選の結果、岸くんはチーム松本に入ることに相成ったんですけど、その時の自分のウリが「チームの雰囲気が悪くなったら、僕特技が足つれますので、(ニュアンス)」って大真面目に言ってたのもかわいかったです。キャプテンの松本潤大先生はそんな岸くんに笑いつつも、この子をどう扱っていこうかなって思案もしてそうな顔してました。

そして、もう一人のチームメンバーはミキの亜生氏に決まり、彼のウリ「(今でもスポーツをやっているので)ほんとに体は動きますので、チームの雰囲気が悪ければ、岸さんと一緒にどこかをつらせていただこうかなと思っております!」と言っていて、それを受けた岸くんがめちゃくちゃ得意げなかわいい笑顔をしていて、キャプテン・ジュンマツモトは「いや、ふたりもつられても」と至極まっとうに返してて最高でした。

で、チームメンバー決めが終わって、さぁこれからやるゲームを決めてこうってなった時に、キャプテンに得意なスポーツは?って聞かれて、亜生氏は小学生時代にサッカーで西日本選抜に選ばれたらしく(すごい)、それでもちろん「サッカー」って答えますよね。ちなみにサッカーの要素のあるゲームとして、VS嵐にはキッキングスナイパーというものをご用意してございます(ステマ)

 

で、続いて肝心の岸くんが得意なスポーツを聞かれて、彼はまた自信満々そうに「僕は野球ですね!」って言ってました。ちなみにVS嵐のゲームで野球の要素があるものは………、

ご用意してございません……。

 

なのでジュンマツモト大先生は「……野球か〜」って言って、どうしよっかな〜みたいな感じでしたね。ウソでもサッカーできますって言わないところがなんだか岸くん愛しいね☆(急にモンペ)

ちなみにショウサクライ大先生は、クリフクライムを登った後に岸くんが足をつるっていうのがワンパッケージで好きらしいですが、今回チーム松本はクリフクライムを、キャプテンの松本潤の「(疲れるから)俺、やりたくねぇな」という一言で選択しませんでした。なのでショウサクライはあのワンパッケージが見られないことで残念がっていましたが、亜生氏によると「岸くんはバルーン(シューティング)でも(足が)つれます!」とのことだったので、なんだか一安心ですね(私の立場)

 

 

 

 

 

私、はっきり言って岸くんに今までほとんど興味がなくて、King & Princeで言えばやっぱり王道の?一般受けのいい?平野紫耀大先生とか永瀬のれんれんが気になってたんですけど、ここに来て急に岸くんが私の中でのKing & Prince選手権の中で躍り出てきたって感じですかね(他人事)

あと、いつもの大学のジャニオタメンバーは、岸くんのことを「スルメジャニーズ」とか「岸くんがわかるようになれば、ジャニオタ玄人」みたいなことを言ってて、そんな感じのことをネットでも見てたんですけど、私はそれがいまいちわかんなかったんですよね。噛めば噛むほど味が出るジャニーズというかそういう人間がいるのは知っているけど、岸くんのどこにそれほどに隠された魅力があるんだろう?って(失礼)思ってたんです(正直)

 

 

 

……でも、こうゆうことなのかもしんない……。岸くんがスルメジャニーズってことが、ちょっとわかってきたかもしんない……。だって長髪のかわいい岸くんにときめいてから、何回11/7回のVS嵐を観ようが、岸くんが映るシーンでは思わずまじまじ観ちゃったり、「かわいい…」ってガチトーンで言っちゃってたりする自分がいるもんね…(怖)

 

 

 

 

 

 

 

 

……さっ!私がこの記事を書くことによって何を言いたいかといいますと!

岸担でも伊野尾担でも上田担でも増田担でも三宅担でも嵐担でも、芸人さん担でもなんでもいいので!

今日、11/14のVS嵐3時間スペシャルを観ましょう!ということです!!(壮大なステマ)

そのためにわざわざ当日のこの日にこの記事を投下したわけです!!(気合の入れよう)

 

……ホントは前日の11/13に投稿するつもりだったんですけどね……。昨日あんなことがあったから……(お察しください)

昨日の記事との落差がすごい(真顔)

 

 

 

 

いつものVS嵐スペシャルといえば、前半でいつものゲーム形式で豪華なゲストチームと戦い、後半戦で相葉雅紀最弱王を拝むBABA嵐っていう流れなんですね(ババって打ったら予測変換にBABA嵐が出てきてマジでビビった)

でも今回はちょっと趣向を変えたのか、嵐デビュー20周年ということで気合入れたのか、いつもとはまるで様変わりしています!面白くなりそうな予感しかしていない!VS嵐のスタッフは嵐担の要望を汲み取りすぎだ!ありがたすぎて足を向けて寝られない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今度からKing & Princeを観る時は、今までのように平野紫耀大先生とか永瀬のれんれん以外にも、岸くんを待ってしまう自分がいそうです♡(何の宣言)

 

私はこのVS嵐3時間スペシャルのためにこの一週間を生き抜いたと言っても過言ではなく、今日の19時になるまではまだ気を抜かずに、VS嵐3時間スペシャルを観るまではとりあえず死なない予定です(激重)

 

そのときは彼(ら)をよろしく

f:id:pushushu:20190513230828j:plain

www.youtube.com

※毎度のことですが、本記事は上記作品とはなんら関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学4年生の後期にして、初めてゼミのメンバーと飲み会をした。

今まで飲み会をまったくしていなかったのに、なぜ今さらになって飲み会をしたかというと、もう半年もしないうちに大学を卒業してしまうことに気づいたので、さすがにゼミの先生に何かすべきじゃないのか、散々卒論でお世話になりまくっているこの感謝をお伝えすべきじゃないのかと私が発起人になり、それを話し合うために飲み会をしました。都合で全員は参加できなかったけれど、それなりに楽しかったです。ちなみに発起人が私なら、幹事も私でした、出欠確認からお店の予約まで、飲み会には人に誘われない限り、そして気乗りする時以外全く行かない私にとっては、めちゃくちゃめんどくさかったです。ちなみにこの飲み会で肝心の先生へのお礼について話し合ったのは、5分にも満たず、あとはひたすら飲んで食べて、ただしゃべりたいことをしゃべっていました(本末転倒)

 

 

 

大学生の飲み会の定番、2時間の飲み放題コースを終え、予想以上にいっぱいになったお腹を引きずって、家路に着きました。

21時半帰宅「いや~、久々に飲んだけどこんなにおなかいっぱいになるなんてな~~、飲み会は行ってみれば楽しいけどやっぱり気を遣うから、しばらくは行きたくないな~~。」

(30分経過)22時ごろ「ふ~、まだおなかは若干苦しいけど、そろそろ風呂行くか~~。このままだとずっとだらだらしちゃうもんな~~。」

 

 

ちなみにこの日、そう、この日は11/12でした。

 

 

 

 

 

ツイッター「ニノ結婚」の文字を観る。

 

 

「笑笑 またかよ笑 今度はなんのタイミングでこのガセネタだよ笑」

 

 

二宮氏の直筆と思われる、結婚報告のメッセージを別の人のツイートで観る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?????

は?は?え…は??

 

直筆??これはいよいよガチ?いや、ここまで来てもやっぱりガセ??

 

 

 

ここで観たら自分の精神状態はどうなるんだろうとか、まだ何も観ない時点で自分の気持ちを整理したほうがいいとか、何も考える暇なく、手が自然と嵐ファンクラブにログインする画面に向かっていました。

 

いざ、パスワードを入力しても、なかなか嵐ファンクラブのページへ行けない。

そうか、みんな私みたいな行動をとるから、サーバーが重くなってスムーズにいかないんだなと妙に納得。

 

 

 

 

 

二宮和也からファンの皆様にご報告」のページを無事に(?)発見する。

 

 

 

まぁここから先はお察しくださいというか、てかもう皆さんはご存知だと思うんですけど、まぁそういうことになりましたよね。

 

 

 

私が自分で予想していた以上に、自分のこの時の感情は結構な「無」でした。

わりと「無」でした、自分でもびっくりしました。

 

 

 

自分でもいつかこんな日が来るとは思っていたし、その時になってみないとわからないものの、ぼんやりとそのことを覚悟しているつもりでいました。

 

でもマジでいざその時になってみたら、わりと「無」でしたね。

いいのか悪いのか。

 たぶん私は嵐同士のわちゃわちゃ、プライベートの絡みには大変大変興味があるけど、嵐個人のプライベートにはさして興味がないからだと思います。てかこれまでに嵐に限らず、ジャニーズのプライベートに積極的に介入していって、あまり良い思いをしたことがないので、こういうことになったんだと思います。

 

 

 

でもなんでかわからないけど、特に祝福もしないし攻撃もしない感情のつもりだけど、その日のニュース番組は観られなかった。

 

 

私はnewszeroのヘビーウォッチャーなので、毎日newszeroを観ているんですが、さすがにこの日ばかりは番組の冒頭に速報としてこの件を取り上げた有働さんが少し嫌いになりそうでした、別に有働さんは悪くないけど(好き) でもnewszeroでっていうかニュース番組でこのことを取り上げないわけにはいかないよなーとも思うし、理解できるので、まぁ我慢しようと思ってましたが、冒頭でお伝えしてくれた後に、

「このニュースについては、後ほどまたお伝えします」

とか有働さんが言ってくれちゃったから、もー!有働さん!!それいらない!続報要らない!ほんとに有働さん嫌いになっちゃうぞ!

f:id:pushushu:20191113004121j:plain

となりかけました。

 

そして続報ではこの件を受けた街の人の声をお届けしてくれましたが、別にそれはいらない!求めてない!それはきっと嵐に対して興味がないから言えることだと思うぞ!テレビの前の大勢の嵐ファンはその無邪気で悪気ない祝福の言葉に傷ついているんだぞ!誰も悪くないのに、この気持ちをどうしていいかわからないな!

 

 

 

 

 

 

私はこういうことが起こるなら、嵐の活動休止後、すなわち2020年よりも後になると思っていました。

嵐も嵐であると同時にって言うか、嵐である前に1人の人間なので、こういうこともあるでしょう、あってしかるべきでしょう。

なのでまぁそれは仕方ない。その時はその時の気持ちなりにできるだけ前向きな言葉をかけてあげたいと思っていた。

 

 

 

 

ツイッターのトレンドワードに「結婚自体」という言葉があって、そしてそれを観た人が「結婚自体とか、それだけで嵐ファンの心情がわかるよね」とか「結婚自体という言葉がもう嵐ファンの総意」みたいに言っていて、私も少しわかるなと思いました。

 

 

私は彼の人生に1ミリも口を出せる立場ではないし、私がこんな風にどうこう言ったからって言って、このことがすぐにどうにか変わるわけじゃないけど、確かに「タイミングだよな」「結婚自体はな」と思っていました。

 

 

 

 

なぜこのタイミングなんだろう?相手の事は二宮氏も明言していないし、ニュース番組もこぞって報道していませんが、まぁ推察できるあの人ですよね。まぁそれはもうわかっているのでいいんですけど。

てか、じゃあいつならいいのかと聞かれれば、それは答えに窮するし、それはもはやジャニオタに聞く質問として愚問だと思うんですけど(ケンカ腰)

 

 

 

相手のことを考えれば、てか別にあの人でもあの人じゃなくてもあんまり待たせられないのはわかるけど、やっぱりあと1年待てなかったのかな?

これは二宮氏にはどうにもできないことだけど、JET STORMが終わり、そして数日後にはツアーの札幌公演があり、大して重要ではないかもしれないけど、私がめちゃくちゃめっちゃくちゃ(強調)楽しみにしていたVS嵐3時間スペシャルがあるこのタイミングでの発表なのはなぜなのか?もう怒りではなく、シンプルに疑問ですね。

 

 

これもツイッターで観て「は~なるほど~」と思ったけど、前回のツアー日程からここまで、SNS解禁だとか新曲だとかJET STORMだとか天皇陛下のなんちゃらだとかMCの話題はなんでもあるだろうに、このことに触れずにMCを展開したり、このことをまるでなかったかのようにコンサートを進めていくなんてことはできるんだろうか。もうこれもマジでシンプルに疑問ですね。

 

 

 

 

 

まぁ私(たち)ファンは彼らアイドルの人生に責任はとれないので、まぁこういうことが起こっても仕方ないというか、自分なりにそれぞれ消化したり消化しきれなかったりあえて消化しなかったりすると思うんですけど、もう少なくとも私は、二宮氏に限らず、ジャニーズの恋愛・結婚については特に攻撃もしない代わりに祝福もしないつもりなので、そういうことになったらあまり大々的にはしないでいただけたらありがたいし、私(たち)がそっとスルーできるような、

「私(たち)の彼(ら)」を、「彼女の彼」にしてもよいと思えるような方とそっと幸せになってくれたらもうそれでよいです。Win-Winだと思います。

まぁわかりますけどね、あんなにかっこよくて素晴らしい人とお付き合いできたら、それが自分の恋人ならば、大声上げて誰かに自慢したくなる気持ちもわかりますけどね……。彼(ら)のお仕事はそうゆうことにかなり敏感にならざるを得ない仕事なので、これからの彼女(たち)には、そのへんも少し配慮していただけたら……。

 

 

 

 

そして私はツイッターを観すぎという話なんですけど、またしても誰かが言っていた、

「このことを祝福できない人はファンじゃない」とか「何様のつもりで許せないとか言ってんだよ、自分が二宮と結婚できるとでも思ってたのか」とかありましたけど、そうゆうことじゃないんですよね。

 

 

別に私(たち)も本気で、私(たち)が二宮氏や自担と付き合える、結婚できるとは思ってないですよ。こんな日が来るとは思ってましたよ。できることなら祝福したいですよ。

 

 

でもまずシンプルに突然の事すぎてまだうまく呑み込めないし、そしてそれぞれに彼(ら)に向ける愛情の重さだったり方向だったりが異なるから、それぞれに受け止め方、消化の仕方が違うんですよ。

 

 

 

仮に、仮に私が結婚したいと思う人がいたとして、でもその人は私を応援してくれている人、私が大切にしたいと思う人から嫌われているとか、結婚を反対されているとしますよ。私は今の時点で、私を応援してくれる人とか大事にしたい人は、私の家族とかめちゃくちゃ仲の良い友達ですね。

で、できることなら私を応援してくれている人とか大事な人たちには、自分が結婚したいくらい好きな人のことを認めてほしいし、私たちを応援してくれるとまではいかなくても反対されたまま結婚したくはないじゃないですか。

 

 

 

いいですか、そうゆうことですよ。

今の仮定の話の「私」をすべて二宮氏に置き換えてみてください。

私を応援してくれている人、私が大事にしたい人を、家族や友達、メンバー、仕事関係者、そしてファンと置き換えてみてください。

 

 

 

私の結婚に反対している親とか友達のことを「娘の結婚を応援してあげられないなんて、そんなの親じゃない」とか「そんなの友達じゃない」なんて、きっと言えないじゃないですか。きっと親だからこそ、仲の良い友達だからこそ思うこと、反対することもあるじゃないですか。

だから私(たち)ファンが今回の件に対して様々な反応を示すことがあってしかるべきだと思うし、あってよいと思うんですよ。

特定の誰かを過度に心無い言葉で傷つけるとかなければ、それぞれのペースで受け止めるなり、受け止めないなりすればよいと思うのです。

 

 

 

私が結婚の了解を得たいのが親や友達ならば、話は私と親、私と友達の間で完結すべきだし、今回の二宮氏の結婚についても、二宮氏とそれぞれのファンの間でやりとりがあってしかるべきなんですよ。それを外野が「そんなのファンじゃない」とか「ファン失格」なんて言うのは、まさに外野の言葉であって、外野の言葉はシカトするなんですよ。

まぁこれは二宮氏が、私(たち)ファンのことを、彼女がファンにあまり好かれていない人であっても結婚したいことをわかってほしい、理解してほしい対象だと思っているという前提の話なんですけど、私は、私(たち)ファンが彼にとってそんな対象であると思いたい、信じたい。

 

 

 

 

 

 

いやぁ、この記事は前々から書こうと思っていて、私の好きなジャニーズの誰かに熱愛報道とか結婚報道がされる前に公開したいと思っていましたが、私がまたしても遅筆なばっかりに、完全に後手に回りましたね。このことは一生に一回の事だと思うから、一生の不覚と言っても過言ではないと思う。

pushushu-love-like.hatenablog.com

 前にもこんな「ジャニーズと恋愛」についての記事を書きましたが、あの時よりもだいぶヘビーな現実、実感をもって、今こういう記事になっていますね(他人事感がすごい)

 

 

 

 

嵐は私が初めて自分の意思をもって、これまでずっと追いかけてきた芸能人だったので、こういうことは初めてで戸惑っています。

でも自分が思っていたよりははるかに落ち着いています。でもあんなに繰り返して観ていた、私の中での最近の神回、VS嵐11/7回をとたんに観る気になれなくなったくらいには動揺もしています。

 

 

 

 

 

これからどんどん仕事もして!どんどんきれいな、良い人に出会っていくであろう、ジャニーズの後輩たち!私の好きなジャニーズたち!そしてまだ独身の嵐メンバー!!

 

決して恋愛するなとか結婚するなとか、芸能人じゃないといけないとか一般人じゃないといけないとかは言わないし、言えないので、そうなる時、そうなりたい時は、私(たち)が

「この人なら、彼(ら)を安心して任せられるな」と思える、そっと彼(ら)を手放せる人を選んでくれたらうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 いや~、昨日に12/25のライブビューイングの申し込みメールが来て、すぐに申込済ませといてよかったな~。

きっと今からだったら、申し込むことには申し込むだろうけど、申し込みしてる最中にずっと今回の件が頭をよぎって、終始なんとも言えない気持ちになるだろうから、その気持ちを実感する機会を少しでも自分で減らせといてよかったな~~。やるべきことを先延ばしにしない私偉いな~(積極的自画自賛)

明日は(もう今日だけど)もともとそんな予定ないけど、朝のニュース番組観たくないから、早起きなんか絶対したくないな~(早起きはできないタチ)

 

 

普段はコンサートレポとかMCレポとか観ないし、わりと興味ない私だけど、今回ばっかりは11/14のレポを漁ってしまいそうだな~(自爆しにいくスタイル)

 

 

「嵐」という文化の日

ぎりぎりに書き出すーー!

ホントは別にデビュー日に合わせて記事なんか書く予定なかったけどー!

今日の情報過多な嵐を追えば追うほど、こんな記事を書かずにいられなかったー!

この記事を書き始めたのが23時過ぎなので、11/3以内にアップできたら私のタイピングの速さををどうぞほめてください。

 

 

 

 

 

なんか今までの私はひたすら嵐だけじゃなくてジャニーズ全体に対して「SNSはやるな」とか「そんなことは求めていない、わざわざそっちからこっちの下界に手を差し伸べなくてもいい」とばっかり思っていて、今年の5月に人類のキセキ・山下智久がインスタを始めてしまった時は、混乱に混乱を重ねて「頼むからこれ以上この輪が広がらないでくれ」とばかり念じていました。

 

 

 

 

今日11/3、前々からバイトの予定を入れていた。

嵐がこの度の天皇陛下即位に伴ってなんかするのは来週の11/9だし、別に11/3に嵐関連の特番が組まれている様子もないし、家にいても何もすることはないから、じゃあ元気にバイトにいってジャニーズに貢ぐための資金を確保する日にするつもりでした。

 

 

 

それが。

前日の11/2にいきなり「明日YouTubeチャンネルでなんか発表する」とか言い出した。しかも時間は11:30。がっつりバイト中である。

 

 

私はこの度の活動休止を発表してからの嵐には時に、なにか鬼気迫るものを感じていて、それは彼らがYouTubeチャンネルを開設した時にも感じていました。

あの時は「あんなに私がSNSはやめろって言ったのに!」と勝手に憤慨してしましたが、きっとその翌週に発売されたビデオクリップ集の告知のためだろうなとも思っていました。

 

 

それがさ…。

私はできるだけネタバレを聞きたくない、知りたくない、知るなら自分の目で知りたい人間なので、じゃあもうバイトが終わるまでは家に帰るまではLINENEWSとかは一切ひらかない、あいつは開いたが最後、こちらの気持ちの準備なんかおかまいなしに速報をぶっこんでくる。ネタバレは自分で防ぐものだ。

 

 

そう思って、LINENEWSどころかLINEの通知にも気を付けてお昼休憩を過ごしたに、何の気なしに開いたツイッターで知っちゃいました、嵐の公式アカウント開設…。

 

 

 

いやね、私もばかじゃないんだから、ツイッターを興味本位でみてみたら、そりゃ無作為に今日の嵐の重大発表を知っちゃうかもって警戒はしてましたよ。

でもさ…、まさか公式アカウントの存在でその日の発表の事の重大さを知るとは思わないじゃん…。

 

もうそこからは何かが吹っ切れて(?)、いさぎよくLINENEWSをひらき、嵐が今日の重大発表とやらで何を話したのか、これから彼らは何をやろうとしてるのかを知りました。自ら知りに行きました。情報は自分で集めるもんだ。

 

そうしたらやっぱりというかなんというか、今までのYouTubeチャンネルに加え、ツイッター、インスタ、ウェイボー、TikTokのアカウント開設…。

私が地味に一番驚いたのはTikTokですかね、私の中では中高生が遊ぶもので大人はそこまで熱心に使うものではないと思っていたので、まさかアラフォーぞろいの嵐がアカウントを開設するのにびっくらこきました。

 

 

ちょっと混乱と興奮のあまりに、私は普段バイト先では極力ジャニーズ好きだということを伏せているのに、その日頃の努力を自分で無駄にしにいくかのように、一緒に休憩をとっていた年上の男性社員に向かって、嵐が今日発表した一連のことをかいつまんで話してしまいました…。ひかれなかったからよかったものの、やっぱり普段おとなしいキャラで通ってる私があんなにジャニーズについて嵐について熱心に何かを語っているのはちょっとびっくりしたみたいな顔されました。次回のバイトからはいつも通り「ジャニーズなにそれおいしいの?」という真顔の私に戻ろうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

もうそういう時代なんですよね。

うすうす気づいてはいたけど、

必要なのは「ずっと変わらない嵐」ではなく、「変わる私」だったのだ

と思う。

 

 

 

私はたぶんこれまでジャニーズにSNSをやってほしくなかったのは、ジャニーズには手の届かない存在でいてほしいというか、こっちが求めている以上に身近な存在にはむしろならないでほしいという今でも思っていて、それはジャニーズにも考え続けてほしい気持ちと、

ジャニーズがこれまでにないこと(=SNSなど)をやることによって、私が知らないジャニーズになり、私が置いていかれるような気がして怖かったんだと思う。

なにそれ、そんなの私が知ってる君らじゃないじゃんって。変わらないで、いつまでもって思ってました(急にポエム)

実際にこのことを知った後のバイト中は得体のしれぬ気持ち悪さがずっと胸に巣くっていました。私の知らない間に、私の好きな嵐が急に私の知らない嵐になってしまった気がしていて、それこそ置いていかれる気がして、怖くて不安で気持ち悪かったんだと思います。ちょっと大げさに言えば吐きそうでした(未遂)

 

 

 

でも今回のことで、私はちょっとだけ(偉そう)自分勝手だったかなと反省しています。

私は嵐の活動休止にショックを受けすぎたあまりに、その気持ちのはけ口を探してこんなブログまで開設したのに、別に気持ちのはけ口じゃなかったとしても、彼らに私が求めていないからSNSを開設しないでほしいと求めるのはちとわがままだったかなと。

 

よく聞きますよね、「自分がされて嫌なことを人にしてはいけない」。

今までの私は私なりに嵐のことを大事にしてきたつもりでも、実は大事にしてきていなかったのかもしれない。私の我がままを彼らに押し付けていたのかもしれない。

「私はあなた達をこんなふうに愛してるんだから、それに見合う、求めているだけの愛を返してくれよ」と。

私が今まで考えていたこと全部が間違いだったとは思わないですが、でもこれからの時代を1人の人間として強く、そしてこれからもジャニーズを好きでいたいのならば、少しずつ譲歩したり考えを改めたりしなければならないのかなとも思いました。

 

 

 

 

 

 

あと、インスタライブとかYouTubeチャンネルでの新曲「Turning Up」を観て思いましたが、別にこの人たち、ファンに好かれたいとか世の中に迎合しようとしてこの度の行動を起こしたわけじゃないだろうなってぼんやり思いました。

やりたいことやった結果、こうなったんだろうなって感じました。

 

 

そりゃSNSを使うという手段自体が世の中に迎合していると言えるかもしれませんが、内容をみてみると、いつものバラエティで観る嵐がそこにいました。

私の知ってる、私の好きな嵐がそこにいました。


ARASHI - Turning Up [Official Music Video]

 

SNSを始めた理由をしきりに「僕らとみなさんがより早くより身近につながるため」と言っていて、もっと売れたいとか(十分売れているが)そういう意図じゃねんだろうなってこれまたぼんやり思いました。

そして仮にSNSを通じて世間に迎合したいとしても、そのわりにはSNSに慣れてなさすぎるメンバーがいます笑 誰とは言いませんけどねぇ…、スイーツ部…。

 

 

きっと彼らの中ではSNSがやりたい」というのは手段であって、目的は「もっとファンとつながりたい」「ただただシンプルに、新しいことを、面白そうなことを、やりたいことをやってみたい」ということだと思います。

そういう風に自分の中で咀嚼出来たら、なんだか今回の嵐のSNS解禁も少し受け止められるようになってきました。

 

そして嵐が今回のSNS解禁で示唆していたように、「これからの後輩たちに選択肢を残す」の言葉通り、これからジャニーズがどんどんSNSを解禁していったとして、その時になってみないと、自分がどんな気持ちでそれを受け止めるかはわからないけど、今回のことも自分なりに咀嚼できたので、なんだか根拠はないけど思っているよりも心穏やかにそのことを受け止められると思います。受け止められなかったら受け止めなきゃいいだけの話だし。なんだか自分に自信、余裕が持てました。

 

 

でも頼むから!ジャニーズ諸君!(偉そう)

SNSを始めるにしても、仕事関連の投稿だけにしてくれよ!

メンバー同士のプライベートショットもなんならできるだけいらないし、嵐の記者会見で記者さんのほうが先に心配してくれていた、炎上とか誤爆とかは地球が何回ひっくり返ってもいらないからな!まじで!特にジャニーズは女性関連を十分すぎるほどに気をつけてくれよ!!ファンは君たちが思っている以上に鋼のハートでもあり、ガラスのハートでもあるからな!表裏一体なんだからな!!(強調)

 

 

 

私もSNSに慣れてるなんてとても言えないし、ていうかいつまでも慣れたいと思う自分ではいたくても、慣れたという自分にはなりたくないんですけど、私もSNSを自分なりに勉強しながら、そして追えるもの追いたいものは追う、追えないもの追いたくないものは無理には追わないという感じで、このブログでも決意表明のように掲げているように「自分の好きなものを 自分の好きなように 自分のために好きでいたい」と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

私、嵐を好きになりたての小5の頃、嵐のデビュー日が11/3、文化の日だと知った時、ジャニーさんはわざとその日にかぶせてきたんだと思っていました。

文化の日にデビューした嵐が、いつか1つの文化となるように」という願いを込めたんだと幼い頭なりに考えていました。

 

それからはしばらく「嵐が文化の日にデビューした意味」をそのように深読みすることは(思いあがっているようで恥ずかしくて意識的に)しなかったのですが、ここ最近、ていうか今日、今年の11/3は久々に

「嵐って1つの文化をつくるために、文化の日という国民の休日がそれと同時に嵐という文化が生まれた日でもあるということを印象付けるために11/3を選んでデビューしたんじゃないかな」と思いました。

勝手な解釈ですが、今日以降は小5以降の頃の自分に対しても胸を張って

「嵐は確実に1つの「嵐」という文化をつくった」といえると思います。

 

 

 

 

 

 

私の今日のバイトのお昼休憩中に、今日の嵐のことを興奮気味に話してひかれた男性に一言だけ。

私「見てください!(LINENEWSの画面) 嵐がついにツイッター開設したんですって!」

男性「へぇ~~!なんかさ、ジャニーズってSNSやらないんじゃなかったっけ??」

私「そうだったんですけどねぇ…。はぁ、時代を感じますねぇ…。」

男性「なんかさジャニーさんが死んでからいろいろ変わったよね!」

 

 

???(お察しください)

 

以上です。

 

 

 

SNSをやりだしたことで「(おこがましくも)私の嵐」から「私の知らない嵐」に急になってしまった感があり、まだ動揺の余波が残ってはいますが、それでも私が彼らに何を求めるかをシンプルにシンプルに考えてみると、ただいつまでも楽しそうに5人で肩を組んで、くだらない話をしながら笑ってくれていたら、その姿を少しだけ私(たちファン)に見せてくれたら、もう最終的にはそれでいいかなと思いました。

きっとこのことはこの先半永久的に求めていける気がするし、それにだけはどんな形にせよ、応えてもらえる予感がしています。

 

 

 

 

 

ちなみに!以前ちらっとお話しましたが!私の誕生日は12/25です!今年の誕生日どうしようかなー、学校もないけど、バイト入れる気分でもないしなー、と思っていたら!

 

 

・・・お分かりですね。

いつも以上に、ほかの何物でもない自分のために、全身全霊でライブビューイングチケットをもぎとる所存です(決意)

 

 

 

 

……間に合ったぞー!

日本人だからこそ楽しめるものの1つ

この記事でも言いましたが、 

pushushu-love-like.hatenablog.com 

勢い余って行ってきました、W杯バレー2019男子福岡大会!

10/4(金)、お目当ては日本VSチュニジア!

 

まぁ、バレーを観に行きながらなんなんですが、ジャニーズWEST目当てというのも多少あったのは、バレーファンには内緒の話です(小声)

 

 

 

私、まず今回のチケットを手配してから知って感動したんですけど、このチケットって1枚でその日の3試合が全て観られるんですね、しかも再入場可!え?これスポーツ観戦ではごくごく当たり前のことですか?私はそこまでスポーツ観戦に熱心ではないので、このコスパの良さに結構感動しました。

 

 

 

・W杯ナメてた

せっかくの機会だし、何より一枚のチケットでその日の試合が全て観られるということで(大事なポイント)、私は福岡でしか観られないお目当ての映画を観たあとは、ちょっくらお昼でも食べて第2試合から観に行こうかなと思ってました。そう、思ってたんです……。

 

 

お昼ご飯を食べ終わる、13時過ぎ。

第2試合は15時からなので、まだ時間に余裕はある。

「よし、あと1時間くらいウインドウショッピングして、それからマリンメッセに行こうかなー。」

 

ウインドウショッピングをする。案の定楽しい。そして思いの外お店が多くて回りきれない。でもなぜかできるだけ多くの店を回りたいという謎の使命感に襲われている。

そんなこんなしていると、結局ショッピングモールを出たのが第2試合開始ギリギリになってしまい、もうこれはマリンメッセに着いても第2試合の終盤くらいになりそうだし、第2試合が終わってお目当ての第3試合が始まるまでは割と時間ありそうだから、もう第3試合から観に行こう!という自分に対して半ば逆ギレみたいになり、第3試合から観に行きました。

 

 

 

そしていざ19時20分開始の第3試合、日本VSチュニジアに間に合うように、余裕を持って18時位に天神からマリンメッセ行きのバスに乗りました。

まぁ、バス停に人が多いこと。まぁ平日だしね、帰宅時間だしね、花金だしね、仕方ないよね。

 

ちょっとバス停で待って、お目当てのマリンメッセ行きのバスが来たかと思えば、バス停で私の前に並んでいた人たちが一斉にぞろぞろと乗り込む。

えっ?この人たち、なんでみんなマリンメッセ行きのバスに乗るの?私の予想では、花金の夜にわざわざバレーを観に行く人は少ないはずなんだけど??

あ、あれかな?みんなマリンメッセ方向のバスでおうちに帰るのかな?そうだよね、きっとそうだよね、こんなにたくさんの人が私と同じ目的地目指すわけないよね(現実逃避)

 

 

そしてガラガラだったバスが一瞬にしてパンパンになり、えっちらおっちらマリンメッセを目指してバスに揺られていたんですが、終点のマリンメッセに行くまでのバス停で降りる人がほとんどいない。……これはやっぱりみんなマリンメッセに行くのか?みんな私と同じようにバレーを観に行くってのか?……信じらんねぇよ……。

そしてもうここまで来たらもうそうですよねという感じで、みなさんぞろぞろとマリンメッセでバスをお降りになられました、……はぁ、私バレーW杯の集客力、日本代表の集客力マジナメてたわ……。

 

 

 

 

・目と鼻の先……ではなかった

で、気を取り直してマリンメッセの会場内に入ったのですが、なんせバレー観戦はおろか、スポーツ観戦に来ること自体ほぼ初めてなのであたりを見回してしょうがない。完全に不審者の行動。5月にセクゾのライブでマリンメッセに来た時とはまるで違う会場に見える(同じです)

 

 

そしてやっとのことで自分の席を見つけて座りましたが、私が予想してたよりもずっとずっと席からコートまでの距離が近くて、簡単にテンションがぶち上がりました。これだよこれ!この近さのためにわざわざおれはテレビで観られるものを現地まで金を払ってきたんだよ!

 

 

ちょっと予想以上の近さに興奮して(?)、隣にいらした見ず知らずのご婦人に「私、初めてバレーを観に来たんですけど、思ったより近いですね!」と自分語りをしてしまったら、多分そのご婦人はこれまでに何度か来たことがあるらしく、しかももっとグレードの良い席に座ったことがあるらしく、私の興奮に任せた自分語りに対して「……う〜ん、そうですね〜……」と返されたので、私は一瞬にして、自分が興奮のあまりに見ず知らずの人に話しかけた結果、気まずい空気を生産してしまったんだと悟りました。

 

 

 

試合開始前はそんな感じで、席とコートの予想外の近さに喜んでいたんですけど、いざ試合が始まってみると、隣のご婦人が言われていたように、私の席は大してコートとの距離は近くなかったです。ボールが豆粒。外国の選手はともかく、日本代表ですらいまいち判別できない。やっぱり席に見合う金額が設定されてんだなって思いました(悟り)

 

 

 

・バレーがすげーエンタメになってた&すげーチュニジアに配慮するじゃん

私、バレー観戦は好きでも、今まではもっぱらテレビの前で応援するだけだったから、よくバレー中継でみるスティック型のバルーン使うと、日本代表選手がサーフ打つたびに「そーれ!」とかいう経験はしてきてないんですね。

 

 

会場にやっとの思いでついた、確か18時半過ぎ、席を探して半ば半泣きになってた頃に、お目当てのうちの1つといっても過言ではない、ジャニーズWESTが早々に出てきてびっくりしました。

えっ?このタイミングで出てくるとか、まるで私が会場につくのを見計らって出てきたとしか思えないんですけど???(違う) こんなにジャストタイミングでジャニーズWESTが呼び込まれることある??

ちなみにこの日は確か、藤井・神山・桐山メンツだったと思います。

どうでもいい余談ですが、私は何度も言いますが男性は黙って短髪に限ると思っているので、どうにもこのW杯通じてのもさもさ頭の流星が気になって仕方なかったです。

え?なに?仕事??私が知らない仕事があるのなら仕方ないけど、ただ単に伸ばしてるだけなら一刻も早く切ってほしさしかないんですけど??私の中では一目見てライオンにしか思えなかったから、ライオンヘアって呼んでるんですけど??(失礼)

 

 

そしてようやく自分の席について、会場をグルーっと見回してみたら、試合が始まるまでの間、2台の大画面を使って、ありとあらゆるコンテンツが繰り広げられてました。

この男女W杯のテーマソングであるわれらがジャニーズWESTの「Big Shot!!」の振り付け動画や、アタックが決まった時にはこうしろ、ブロックが決まった時にはこうしろという事細かな応援の仕方まで解説した動画が流れてて、あぁ、こうしてW杯は統制されてんだな…って思いました。

 

私はよく知らなかったですが、ご当地タレント?的な人が駆り出されてて、その人たちは試合中ずーっと応援をリードしてました。DJみたいな感じでスパイクが決まるごとに掛け声とか音楽を率先してやるし、何よりびっくらこいたのが、タイムアウト時とか各セット間の少しの時間にも観客の集中力を途切れさせないためなのか、「じゃあ~~!今からダンスタイムだ~~!」とか「今からボンゴタイムだ~~!」(???)みたいに言ってて、マジで終始会場を盛り上げることに徹してました。私、なんだかそのお姿を拝見して、お仕事って大変だな…、テレビ中継ではわからないけど、こういうお仕事をする人がいて、初めてテレビ越しでもあんなにそろってるってわかる応援があるんだな…、試合開始だって多少のズレはあるのかな、仕方ないよなと思ってましたが、ピッタリ19時20分に始まるし、まじでタイムマネジメントがいい意味でやべえな、私の立場はなんだよみたいなことを思ってました。

本音を言えば、そうやって統制されるからこそ、声がそろった、きれいな応援になるんだと思いますが、もうちょっと緩くしてくれても、もうちょっと思い思いのままに応援させてくれ…とも思いました。一瞬のすきも与えられずに声を出すことが求められるので、控えめに言ってちょっと疲れました(はっきり)

ちなみに私は、バレーのテレビ中継でよく見るスティックバルーンを使う気満々でいたんですが、会場についてところがどっこい、スティックバルーンが1セット1300円してちょっと(だいぶ)びっくりしたので、購入せずに応援に臨みました。今でもそれでよかったとは思っていますが、確かにあったほうが応援するのが何倍も楽しくなるなとは思いました。

 

 

あと、これはスポーツマンシップ的に大事なことだと思うのでいいと思いますが、すげー相手国に配慮するなと思いました、この日の場合はチュニジアですね。

第2セットが終わった後に、ジャニーズWEST自らコートに出てきて、観客にスティックバルーンをたたかせて「ニッポン!」コールを求めるのはまぁ想定の範囲内ですが、そこに何度も「チュニジア!」も求めてきててびっくりしました。

いや、ただでさえ相手国(チュニジア)はアウェーだし、観客はほぼ日本を応援してるので、そういう配慮があるのはきっとうれしいとは思いますが、それにしてもやたら相手国の応援も観客に強要するね?とは思いました。まるでこのW杯とか我らがジャニーズWESTが日本の外交関係の一端を担ってんの??と一瞬勘違いするくらいには配慮がすごかったです。

 

 

 

 

・ジャニーズの仕事の裏側初めて見たかも

 あと私はこの試合に純粋にバレーを楽しみに行ったのはもちろんなんですが、冒頭でも小声で言ったように、我らがジャニーズWESTの仕事ぶりをまるで母のような気持ちで参観に行ったのも事実です(※当方メンバーの誰よりも年下)

 

で、まぁバレーの試合中はジャニーズWESTはなんていうの?中継席っていうの?自分たちの席についてて試合を観戦して、各セットが終わるごとに解説者の人とかといっしょにそのセットを振り返ったりするじゃないですか。

言ってしまえば、その時くらいなんですよね、ジャニーズWESTがW杯スペシャルサポーターとしてテレビにメインで映るのは。やっぱり主役はバレーの試合であって、バレー選手ですから。

 

まぁそれは当然だし、それでいいと思うんですけど、私が感動した(?)のは、ジャニーズWESTがたとえカメラに抜かれていな時であっても、解説者の方とお話ししたり、バボちゃんと戯れていたりした時です。

お仕事なんだから、テレビに映ろうが映っていまいが自分の仕事を全うするのは当たり前と言われればそれまでなんですけど、私の貧相な想像力だったら、テレビに映らなくなったら多少なりとも、集中力が途切れるというか、少し気の抜けた感じになるのはまぁ仕方ないのかなとも思うんですよね。きっと私がジャニーズWESTでもそうだと思うもん。

でも少なくとも私が双眼鏡越しに見た彼らは、ほぼ会場の端と端にいて肉眼ではとても姿をとらえられなかった彼らは、私の想像以上に何倍も、裏方のお仕事も手を抜かずにやっていました。別に彼らが目立たない仕事を手を抜いてやっているとは思っていなかったけれど、その姿を目の当たりにして、なんだか感動しました。私は彼らを好きになってよかった、目にしたのはジャニーズWESTだけだけど、きっとジャニーズはこういう人たちなんだな、はい好き(結論)と思いました。

 

 

 

・ジャニーズはバレーボールに必要論

あと、少しだけこの私の持論を語らせてもらうと、今回のW杯で特に男子代表が近年まれにみるほどの大躍進を遂げたそうです。私は全試合を見ることはできなかったけれど、確かに競っている試合とか勝つ試合が多くて、近年見ていて一番面白いバレーボール日本代表男子だったと思います(めちゃくちゃ偉そう)

 

 

でも、私はこんな内容の記事を目にして少し考えたんですよ。まぁざっくり言えば「バレーボールの国際試合はジャニーズに依存しすぎている。バレーファンはそれに辟易しているので、その状況からそろそろ脱すべき」みたいな感じです。

 

 

確かに私もバレーボールの試合が想像以上にエンターテインメントになっていて、スポーツというより、そのエンターテインメントにお金を払ったみたいな部分もあるかなと思いました。そして何より私みたいに、バレーを楽しみにきたのはもちろんですが、それにかかわっているジャニーズタレント目当てに試合に行く人が多いことも事実だと思います。

そういう状況に外国の選手たちが戸惑ったり、バレーファンが辟易しているということもきっとそうでしょう。

 

 

でも私はそれでも、バレーボールのサポーターにジャニーズは必要だと思います。

ジャニーズがかかわるからバレーは見たくない、面白くないと感じる人がいる一方で、まさに私みたいにジャニーズがかかわっているからバレーを見よう、現地に足を運ぼうと思う人がいるのもまた事実なんですよ。そういう私たちみたいなにわかの人間のマナーが悪くて、バレーを楽しみたい人がバレーを楽しめなくなる、バレーの試合を生で見たいのに、チケットが取れなくなるというのは問題だと思いますが、少なくとも私が行った試合では満員御礼というわけでもなかったし、マナーが悪い人もいましたが、私が見た限りではジャニーズファンだとかそうじゃないとかは関係なかったように思います。

 

 

なので私はバレーボールがもっと日本で注目されるスポーツになるためにも、ジャニーズはバレーボールにかかわることは必要だと思います。

 

 

 

 

…てか、思わせてくださいぃぃぃ!ジャニーズの若手にとっては、4年に1回のW杯とか春高バレーはデビューやデビューじゃなくても顔を売る貴重なチャンスなんですぅぅぅ!決して!決してバレーボールの邪魔はしませぬから!全力でバレーボールを盛り上げ、バレーボールの普及に尽力いたしますからぁぁぁ!Win-Winになると思いますからぁぁぁ!!

 

 

 

 

以上です。以上が、私がこの目で見た、初めての生のバレーボールの国際試合でした。

 

ちなみに誰にも聞かれていませんが、私の推しメンを言わせてもらうと、女子は古賀紗理奈選手、男子は清水邦広選手と福澤達哉選手が好きです。はい、完全にです(失礼)

古賀選手はあのお顔はもちろんのこと、ショートカットが似合いすぎているので完全に(私の中で)優勝です。苦しい試合は幾度となくあったけれど、それでもエースでがん張り続けるとかもう優勝でしかない。

男子の人気選手といえば、逸材と言われて久しい石川祐希選手とかこのW杯で爆発した新時代のエース・西田有志選手とか、キャプテンの柳田将洋選手かなと思いますが、私も生意気にも彼らのことはイケメンだし、プレーはすごいしと思う反面、リアルに言えば、お顔は清水選手や福澤選手が好きです。あれですね、ジャニオタならきっとわかる、リア恋枠というやつですね。清水選手と福澤選手はチーム最年長の33歳で、唯一、前回出場した北京オリンピックを知ってるメンバーなんですね。その時は期待の新人だったけれど、東京オリンピックを来年に控えた今はチームの大黒柱である2人、清水選手は1年半前に膝に大きなけがをして4度の手術をしてなんとか帰ってきたし、福澤選手はブラジルにバレー武者修行しに行ったこともあるんですよ、その2人が今、33歳最年長同士として、支えあって頑張っている姿がもう…。そのストーリー込みでもう…。ジャニオタ、男と男のアツい友情に弱いから…。その2人が自分の好きな顔してたらもう推すしかないから…。

 

 

私が遅筆なばっかりに、W杯期間中にこの記事を上げられなかったことだけ悔やまれます。私も微微微微力ながら、4年に1度のバレーボールW杯を盛り上げたかった人生でした…。

 

 

とにもかくにも!バレーボール日本代表男女のみなさん!

これからも!がんバレーボール!(©濱田崇裕)