好きでいたい

好きなものを好きなように好きでいたい

二重国籍を認めてくれ

生きています(フォント大)

なんでか知らないけど、色々なことが積み重なってめちゃくそ忙しい時と、そうでもない時って、波のように交互に来ますよね(?)

 

 

そんな中でも私は、ジャニオタである。

意地でも、這ってでもジャニオタ業務はこなしている。

今回の私は、ティアラである。

すなわち、King&Princeについてである(今回とか言いつつ2か月近くも前のこと)

 

 

 

 

・私の好きな曲は冒頭で片付けられる説、Q.E.D. 

pushushu-love-like.hatenablog.com

pushushu-love-like.hatenablog.com 

「オマエ、この話何回目だよ」という皆さんの声は百以上も承知ですが、もう何度だって言わせてくれ。

おれの好きな曲はなんでいつだってどのグループでだって、冒頭で片付けられがちなんだよ!!!(大声)

今回の該当曲は「Love Paradox」です。

 

6月のハッピーライブで初めて聞いて以来、カップリング曲にはもったいないくらいの良曲さにやられ、同時に「Mazy Night」が思いの外刺さったこともあり、この2曲が収録されているシングルを買ったくらい(キンプリで初めて買った)に好きな曲。

カップリングでありながら、ハッピーライブで歌われたのみならず、少クラでも歌われたことのある曲。

 

 

これ、これがさ…。2曲目で来るなんて誰が思うんだよ…。

 

オープニングの「ゴールデンアワー」から流れるように「Love Paradox」が流れてきた時の私の気持ちがわかりますか…。「思いの外早く聴けてうれしい!」という気持ちと、「もっと後で堪能したかった…」という何とも言えない、相反するこの気持ち。

 

ちなみに語弊の無いように言い添えておくと、決して今回のセトリに特に不満があるわけではありません。究極中の究極を言えば、もう「Love Paradox」だろうがなんだろうが、歌って踊ってコンサートしてくれるだけでありがたい感は十分にある。

でももうこの現象は、もはや私に対して私の好きな曲を意地でも冒頭に持ってくるという事務所サイドの強い気持ちがあると思えてならない(被害妄想) それだけはどうしても言いたかった(執念)

 

 

 

・ダサさとかっこよさは紙一重

ジャニーズのライブDVDに字幕がついてから、一体どのくらい経つんだろうか…(急に回顧)

私の認識では、ジャニーズ内での手話の第1人者・三宅健大先生がV6のライブDVDに字幕を付けることを提案して以来のような気がしているんだども、もしかしたらそれよりも長い歴史があったりするんだろうか…(定かではない)

 

そして今回の配信ライブでも字幕がついていて、本当にありがたかった。よく聞き込めていない曲とか、知らない曲を歌われた時には、もちろんその曲を楽しむけれども、正直何を言っているのかわからない時もあるので(ストレート)、そういう時ほど字幕の存在に感謝することはない。あと、私の大好きなMCなどはメンバーの発言を一言一句正確に、聞き逃したくないタチなので、そういう時に字幕があることは非常に助かる(MCガチ勢)

 

そういう風に字幕に感謝していることは大前提中の大前提なんですが…。

あの字幕のダサさは何なんだ!!!(大声)

 

もうね字幕はシンプルな白文字一色でいいんだよ、歌詞やメンバーの発言を知ることができればそれでいいの、それだけが君の役割なの。字幕が気合いを入れてはいけないの!!(大声)

 

特に彼らの自己紹介曲「We are King&Prince!」での字幕のダサさは何なんだ!パソコンを覚えたての中学生とか、若い女子とLINEを始めて張り切ってるおじさんみたいな、気合いの入り方が空回ってる感は何なんだ!

ニッチだけどめっちゃ疑問なのは、自己紹介曲だから彼らの名前をC&Rするシーンがあるわけだけど、「岸くん!」「REN!」「JIN!」「海人!」「SHO!」の分け方は何なの…?岸くんは「岸くん」があだ名みたいなものだから「岸くん」以外にないし、それを「KISHIKUN!」とかされてもそれこそ笑い死ぬけど、海人くんは「KAITO!」じゃダメだったの…?岸くんだけ漢字なのはかわいそうだったから、海人くんも漢字にしてあげたの…?(困惑)

 

紫耀くんプロデュース曲の「Focus」も、めっちゃいい曲なんだけど、急にあの、他とは違う字幕感は何なの…?「Focus」の世界観、歌詞に浸りたいのに、あの字幕にどうしても目が、意識がいってしまうんだよ…。あれやるなら、他のメンバーのプロデュース曲でも妙に気合いの入った字幕をやってあげなよ…。平等にやろ…。

 

もう頼むから、今後も配信ライブなどがあるのならば、さらにこの「We are King&Prince!」を歌ってくれることがあるのならば、その時はシンプルな白文字一色の字幕でいいからね…。あの曲自体は楽しいやつシンプルに楽しみたいから、字幕で意識をもっていかないでくれ…。

制作サイドの気合いだけは感じるけどね!その気合い空回って絶妙にダサくなった感がいとおしくもあるけどね!総じてライブはめっちゃ楽しかったからもうなんでもいいけどね!(結局それ)

 

 

 

・「前髪キメてる勇者(Prince)」

ティアラのみならず、今回の配信ライブを1回でも観た方が度肝を抜かれたであろう、もはや伝説の?ORESENコント…。

 

アルバムが発売され、岸くんプロデュースの「ORESEN」が世に放たれた段階で、この曲は一筋縄では歌えないだろうなと思ってはいたけれど、あんな盛大な茶番、前振りがあったなんて…。そしてあんな茶番を王と王子たち集団(※King&Prince)が嬉々としてやっていたなんて…。すべてにわかには信じられなかったし、あれからだいぶ時間が経った今でも、結構信じられてはいない(遅)

 

そして傍目にみても、ツッコミ役の永瀬廉氏の疲労がハンパなかった…。ラジオでも発言していたように、彼はあのコントでツッコミ役として場を回すことで、得たものよりも明らかに失ったもののほうが多すぎる…。それが何かは知らんけど…(雑) 何かを彼が失ったことだけは分かる…。彼には特別手当てがついてもいいくらいの働きだったぞ…(心からの拍手) 

私から言わせてもらうと、君(永瀬氏)の良いところはたくさんあったけれど、個人的に1番最初にツボったのは、弱虫ペダル」内で歌ってた「ラブ★ヒメ ー恋のヒメヒメぺったんこー」を歌ってくれたことだよ…(ニッチ) 私、地味に(?)あの曲好きだから、もう1回、しかも不意に聞けてうれしかったよ…(絶対もっと他に言うべきことあった)

 

そしてここで急に話が変わるんですけど(マジで急)、「前髪キメてる勇者(Prince)」のパートを歌った神宮寺くんが、まるでこのパーツを歌うためだけかのように(?)、髪を切ってくれたことにありがとう…(涙) これは完全なる私の好みなんですけど(いつもそう)、私は男性女性に限らず、基本的に髪型は短いほうが好きなので、しばらく長髪気味だったじんくんが髪を切ってくれた、もうそれだけで胸がいっぱいで…(大げさ) しかもあのパートを歌うって…。この曲のために髪を切りましたって自己申告してるみたいなもんじゃん??(?)(※実際はコンサートの王子様衣裳を着る際には前髪があったほうが似合うと本人が思っているため)(本人談)

まぁ究極を言えばどんなじんくんでも私は好きなんだけど(真理)、できれば短髪前髪ありのじんくんを、私は待ってるね…。

 

 

そして国民的オーガニックマッチョ兼国民的センターの平野ぴょおセンパイ…。色々ととツッコミたいことはあるけど、なんかここまで来たらツッコんだらむしろ負けみたいな気がするので(?)、これもあえて斜めの視点から1つだけ言うけど、「ORESEN」の後に歌った「Full Time Lover」でしょっちゅうちびジュニアを肩に担いでたけど、

「ちびジュニアを軽々肩に担げるたくましさ」×「様子が明らかにおかしい」感じで、私の中ではずっとひそかにあの曲中のぴょおセンパイのことを「変態パパ」と呼んでいました…(懺悔) たぶん通常の平野先生の格好でちびジュニアを肩に担ぐなどすれば、「しょうくん…、パパじゃん…好き…」とか軽率に好きとか言ってた気がするだけど、今回はなにせ格好が恰好だから、この感情は素直なときめきなのか、一周回ってのいとおしさなのかわからないところがあったよ…。…まぁできることならもう1回ぴょおセンパイに会いたいとか思っちゃってる私がいるけれども…(手遅れ)

 

 

そしてこの「ORESEN」コントでの、永瀬廉氏以外の明らかな被害者が、コチラの「宙」さんです…。

「宙」はティアラの中でも結構人気のある曲、というイメージを私は持っていて、さぞムードを作りこんでしっとり歌われるんだろうと思っていたこちらの「宙」さんですが、誰があの「ORESEN」コントの流れのまま、あの衣裳のまま歌われると思ったか…?これは「宙」さん、明らかに「ORESEN」及び岸優太氏(?)に精神的苦痛による損害賠償請求してもいいレベルやで…(私見) あんなに神妙そうな顔をしてもダメだよ…、表情を作りこんでも、やっぱり衣裳が目に入ると笑いを噛み殺せないから…。まぁ私は、いつもはそこまでしっとりバラード系よりは明るい楽しい曲が好きな人間なので、そこまで「宙が好き!」というわけではなかったんですが、今回このように「宙」さんが被害に遭われたことで(?)、こんなにまじまじと「宙」を聴きこんだのは初めてだったなとも思うので、まぁチャラですかね(???)(誰)(急に偉そう)

 

 

 

・おれの家のWi-Fiの話をしようか

このKing&Princeの生配信コンサートに限らず、もっと言えばジャニーズに限らず、このコロナ禍でおうちでライブを楽しむようになった人にとって、死活問題であり避けては通れない問題なのが、Wi-Fi接続問題ですよ…。

 

King&Princeで言えば確か?しょうくんあたりが煽り文句で「みなさん、おうちの通信環境は良好ですかーーー!?」(ニュアンス)みたいなことを言ってくれたことに、このWithコロナ時代を感じましたね…(しみじみ)

 

そして私の家のWi-Fiの話なんですけど、私の今の1人暮らしの部屋は、自分でWi-Fiを契約したわけではなく、建物ごとで契約してるので、実質無料で?Wi-Fiが使えるんですね。なので学生にはありがたい限りなんですが、やっぱり強力なWi-Fiとは言い難く、しょっちゅう不具合を起こす。まぁ不具合が何度も続くくらいなら、こっちも慣れてますし、ほっとけば直ることが多いので(めちゃくちゃ原始的な修理方法)、日常生活でそこまで焦らないし困りません。

 

問題はこの配信ライブの時ですよ…。いざWi-Fiにつないでライブを鑑賞しようとすると、私のアパートのWi-Fiでは耐えられないのか、時々「Loading…」みたいなぐるぐる回るやつが出てきてストレスフルだし、じゃあそのストレスを解消しようと思って、いっそのことWi-Fiから切断するけど、そうすると確かに不具合はなくなるけど、じゃあそもそも私の部屋にWi-Fiがある意味…だし…。

 

そんなこんなで結局私は配信ライブのほとんどをWi-Fiを切断した状況で観ました(何の報告) Wi-Fiから切断すれば「Loading…」で悩まされることは皆無でしたが、「じゃあ私の部屋にあるコイツ(Wi-Fiの意味って何…?)」とはなったよね、という話です。(マジで何の話)

 

 

 

・あざとくて何が悪いの?

f:id:pushushu:20201122053053j:plain

あの田中みな実大先生に「あざとい界のピラミッドの頂点にいる」と評された、我らがケンティ先輩も出演された、私も特番時代から欠かさず観ている「あざとくて何が悪いの?」。

今回のKing&Princeさんのコンサートでは、まさにその世界観が繰り広げられていましたね…。

 

まず、配信を観ていたティアラの皆さんが各回楽しみにしていたであろう、「&LOVE」でのつけ耳…。

シンプルに言わせてくれ。

誰があんなあざとい演出をしろと言ったんだ!発案者出てこい!!(金一封差し上げます)

 

いや、冷静に考えたらそろいもそろって成人を迎えた男性の集まり、しかもついにアラサーが出た集団がやるようなことではないというのは百も承知ですよ。むしろ積極的にやらないでほしさもある(?)

 

しかし、ティアラのみならずジャニオタという生き物は、自担がそんなことを心から望んでいないとはしっかりわかっているけれど、それを「ビジネス」と割り切って、むしろ割り切ることで全力でつけ耳などに臨んでくれている状況に、たまらなくもだえるんですよね…(私見

私は全公演観たわけではないので何とも言えないところもありますが、最終日?の岸君のエリザベスカラー(ひまわりのつけ耳?)が優勝でしたね。

 

 

そして、ティアラ驚愕のつけ耳「&LOVE」から、次の曲に移る時に、これまた誰がやろうって提案したんだよ「生着替え」…。これも提案者でてこいや…(息も絶え絶え)

 

これもマジで冷静に考えて、「ファンは俺たちが舞台上で生着替えをすると興奮する喜ぶ」ということをしっかり把握していないと出てこない発想じゃないですか。だって普通に考えたら人前で着替えることは、一歩間違えたら公然わいせつ罪ですからね(おそらく)(辛辣)

しかし、彼らはその辺の線引きをしっかりわかっているからこそ、あえてステージ上で生着替えをするとかいう激ヤバ(ほめてる)演出を実行するわけですよね…。

しかもそれに加えて、何あの猿芝居…。何が(言い方)、「いやー!」「変態ーー!」「やめてーー!」「見ないでーー!」だよ…(ニュアンス) むしろここでティアラが観なかったら、君たちがここで着替えてる意味ないだろ…。そんな猿芝居もここまで来たら愛おしいけどな…(抱きしめる) ジュニアたちも、そんな先輩に付き合ってこれまた猿芝居してくれるわ…(ほめてる) デビューするってこういうことだぞたぶん…(違う)

 

この「あざとさ」を通り越した「わざとらしさ」…(言ってしまった)

ここに田中みな実大先生と弘中綾香大先生がいらっしゃったら、「え~~わかりやす~~い!」とか言われながらも、あざといボタン押されまくりだったぞ…(むしろそれを望んでるところもある)

 

 

これぞまさに「あざとくて何が悪いの?」…。

あれ?この生ライブってテレビ朝日でやってたの…?(違う)

  

 

 

ジャニーズ事務所の上下関係

今回のKing&Princeのコンサートに限らず、ほとんどのジャニーズのコンサートには、未来のデビューを目指すジャニーズJr.たちが出演してくれているわけですが、私にその気がなくても、やっぱりコンサートはJr.を知る貴重な機会ですよね…。

バックダンサーをさせてコンサートを盛り上げさせるだけではなく、先輩(のコンサート)を観ているジャニオタに向けてしっかり名前も売らせるなんて、ジャニーズJr.がバックにつくって、改めてよく考えられたシステムやわ…(事務所担?)

 

そしてやっぱり何もしなくても目が行くのが、私の中で結構有名なジュニアだと思っている少年忍者の久保廉さん…。久保氏は成長期をまだ迎えていないのか(?)、背が小さいのでいまだに(そんなに昔から知らんけど)小さい子扱いをしてしまうんですけど、もう中3なんですね…。私の妹の1個下…。成長してる…(泣いてる)

少クラの笑顔コンテストみたいな企画(雑)で、美少年の藤井直樹氏や7MEN侍の中村嶺亜大先生を抑え、1位を獲得したのも納得のあのなでくりまわしたくなるような笑顔(危ない)を観ると、偶然にも同じ「廉」である永瀬先生が「Amazing Romance」でカメラそっちのけ(=ティアラもそっちのけ)でかまいたくなるのも分かりますわ…(ただカメラは観てほしかった)(本音)

 

あと、どうにも目が行っちゃうJr.としては同じく少年忍者の元木湧先生…。彼はYouTubeのジャニーズJr.チャンネルの水曜日担当が、Snow Manから少年忍者に引き継がれる際、自己紹介?アピールとして自分の名前を使い、「もとき~~?わくわく~~!」とか言ってたのがどうにも頭から離れないので、彼を見かけると自然と「あ、わくわく」とか脳内で思ってしまっている自分がいます。インパクトある名前と名前を売り込むギャグの大事さをここまで実感したのは初めてかもしれない(話が壮大)


少年忍者【自己PR】Snow Manに名前を覚えてもらえ!

 

 

King&Princeに限らずですが、ジャニーズは各コンサートの中で出演したジャニーズJr.(及びバンドメンバーなど)を紹介する場面、歌を披露する場面があるのも、なんとも胸アツ…。あくまでもデビュー組のコンサートだけど、かつて自分たちがそうしてもらったようにJr.たちが顔を売る時間も作ってあげるんだ…。これだから私はジャニーズ事務所の上下関係が好きなんだよ…(個人の趣向)

 

 

 

有村架純と同じものを観た

もうこれが言いたくてこの記事書いたみたいなところある(?)

 

国民的弟・髙橋海人先生が、ガチの(?)弟役で出演中のドラマ「姉ちゃんの恋人」

主演の有村架純氏×林遣都氏のじれったくも切ないラブに悶えることはもちろん、我らが髙橋海人大先生×奈緒氏の「和輝、おまえぐいぐい攻めるじゃん///(もっとやってくれ)」系のラブももちろんおいしく頂いています(聞かれていない)

 

なので(?)、今回有村架純氏とKing&Princeにつながりができたということで、有村架純女神が、この「L&」公演を観てくれたそうで…ありがとう…(誰)

冷静に考えて、あの天下の有村架純氏と同じコンサート観てる私、控えめに言ってすごくない??あの時間、同じものを観て同じ時間過ごしてたわけだよ??すごくね???

そしてこれは髙橋先生にぜひともこのドラマ撮影期間中に聞いてほしいんですけど、有村架純女神はあの伝説の「ORESENコント」をどういう気持ちで観たんですか??(マジで気になる)

 

 

そしてこの「有村架純女神、King&PrinceのL&公演を観る」を語る上で欠かせないのが、我らがKing&Princeのリーダーである岸先生の、異様なまでの(失礼)女優さんへの食いつき具合ね…。

髙橋先生が初日の公演で「有村架純さんにもね、このコンサート観てくださいって言っといたからね!」(ニュアンス)的なことをMCで言っていたんですが、もう岸先生は「おまえ高2男子かよ」くらいの勢いで「え?マジで??」と食いつく。ここまで露骨だと、もはや一周回っておもろい(?) 他のメンバーに「ちょ…岸さん…(訳:そこまでがっつくな)」(私見)みたいな反応をされてようやく、自分の前のめりな姿勢に気づくというね。

他にも、岸先生×女優さんエピソードだと、平野氏談で、ドラマや映画が決まるたびに岸先生が共演する女優さんを真っ先に聞いてくるなどもあります。

 

「ぼく、きれいなお姉さんが好きです」というごくごくシンプルな気持ちを隠さない岸先生、ここまで来たらもう清々しい。そもそもおこがましいけど、ここまで素直な反応されたら、有村架純女神に嫉妬するという感情すら起こらなくなる。

岸先生にはいつまでもその「きれいなお姉さんのことが気になって仕方ない」という、ジャニーズがなかなか表に出しにくい感情を忘れないでいてほしさ、むしろ前面に出してほしさがある(私は許す)(誰)

 

 

 

・「君がいる世界」がどうなんだ

私の、今回のアルバムの中で結構好きな曲ランキング上位に入る(偉そう)、「君がいる世界」、結構メッセージ性の強い曲だと思うんですが、しっかり本編最後に披露してくれました…(合掌)

てかKis-My-Ft2パイセンの楽曲で、一文字違いの「君のいる世界」っていうのがあるんですね…(互いにややこしい)(禁句)

 

この曲はまずタイトルの「君がいる世界」の時点で優勝が確定している、みたいなところがある。

タイトルの時点で、「君がいる世界…がどうなんだよ!なんなんだよ!」と自動的に気になってしまう。そして曲を聴く。良曲なので曲自体にほれ込み永遠ループするという、まんまとKing&Princeの思惑通り(言い方)になります(経験済み)

 

曲の解釈としては、「君がいるから、この世界もまぁ悪くないし、もしかしたら少しは良くしていけるんじゃないか」みたいな、ぐいぐい引っ張る系の曲ではなく、少しずつ勇気を出していく過程の中でそっと背中を押してくれる、そしてそれがいつの間にかこの世界を良い方向に捉えていこう、変えていこうというそれまでの自分になかった新しい見方にまで導いてくれるような曲だと思います(思いっきり私見) めちゃめちゃ励まされる曲。本編最後にこの曲を持ってきた人天才(断言)

 

そしてその1曲前の神宮寺先生プロデュース曲の「Laugh&…」で、客席を白い布で覆うような演出がありましたが、まさにあれこそ客席に人がいないからこそできることですよね…。そんな意識があったかどうかはよく知らないけど、こんな状況下だからこそできること、こんな状況下だからこそできることは何だろう?と考えた末にたどり着いた演出だとしたら、ほんの少しだけこんな状況のライブも良かったのかもしれない…(ほんの少しだけ)

 

あと、客席に人がいないからこそできる演出といえば「今君に伝えたいこと」で、King&Princeのメンバーが客席に散らばって、客席に座りながら歌ってたのも非常に良かったですね…。このコロナ禍が収まって、有観客でのコンサートができるようになってから、「今君に伝えたいことで、メンバーが座ってた場所に座りた~い!」とかいう勇気は私にはないんですけどね…。良い演出だったということだけお話ししたくてね…(自己満)

 

 

・Eternal Producer   JOHNNY H.KITAGAWA

そして今回のKing&Princeの配信ライブに限らず、少なくとも私がこれまでに鑑賞したすべての配信ライブのスタッフロール・クレジットにあった「Eternal Producer   JOHNNY H.KITAGAWA」の文字…(むせび泣き)

 

ジャニーさんが亡くなり、1年半が経とうとしている今、ジャニーズタレントはまるで今もジャニーさんが生きているかのようにジャニーズタレント及びジャニオタが大好きなジャニーさんのトンチキエピソードを話すし、何せ実感がないので、やっぱりまだ亡くなったことに実感がないけど、ふと冷静に考えると、ジャニーさんは亡くなってるんだよね…。

そんなことを考えると、しがないジャニオタの1人でしかないのにこんな配信ライブを観ると無性に切なく、寂しくなるのですが、ジャニーズタレントがジャニーズ事務所が、ジャニーさんのことを「Eternal Producer   JOHNNY H.KITAGAWA」としてとらえているなら、やっぱりジャニーさんはすべてのジャニーズタレントとジャニオタの心の中に生きているんだなと思います(ジャニーズタレントのような発言)

 

 

 

・「抽選」というストレスのなさ

今回、ジャニーズグループのコンサートが年内いっぱいは無観客で、配信という形で行うことになったのは非常に残念ですが、逆にとらえれば、こっちが予定さえ合わせれば、多ステしまくりということなんですよね。

 

有観客でやれるに越したことはないんだろうけど、有観客だと当たり前にチケットの抽選があり、抽選に当たれば万々歳だけど落ちたら円盤化を待つしかない。当選組と同じ興奮を同じ時に味わえない。

 

 

しかし、今回は家にいようとどこにいようと、スマホなどの通信機器があり、お金と時間の都合さえつければ、確実に推しに会えるという素晴らしさ。チケットの抽選に「当たるかな…」と思わなくてよい、ストレスから解放される素晴らしさ。

私はコンサートに行くという目的の下行う遠征も込みで、コンサートが好きみたいなところがあるので、今回のライブを観るにあたって遠征できないのは残念でしたが、やっぱり推しに確実に会えるというノンストレスさは素晴らしい。数少ない、コロナで良かったことの1つかもしれない。

 

ただ、これはKing&Princeに限らないことなんですけど、どうしても画面越しだと「やたらとKing&Princeが出ずっぱりの音楽番組を観てる」感が否めないんですよね…。ジャニオタはこの問題、どうしてんの…?

 

 

 

 

 

ということで、私にとってのは初の生配信ライブ「L&」、めちゃくちゃ楽しかったで~す!!!!!!

 

最終日の「koi-wazurai」で各メンバーが

「いつもの笑顔で絶対会おうね」

「最高以上のティアラだよ」

「独り占めさせろ」

「俺はティアラにkoi-wazurai」

「(岸くんはご愛敬)」

とか言ってくれたように、私たちが推しに直接会えなかったのはもちろん寂しいけれども、推したちも寂しいと思ってくれてるなら、この想いは一方通行ではないということで、まぁ頑張って耐えてやろうかなと思わないこともないですよね(偉そう)

 

配信から1か月半近く経ってようやく、King&Princeの記事を書けたので、このペースだと、他に観た配信ライブの記事を書き終わるのはいったいいつなんだ自分…、完全なる趣味で自分をこんなに追い込んでどうすんだよ…と思わないこともないですが、何よりも自分が後で読み返して面白がって、その時の感動・興奮等の感情を思い出すために、頑張ってマイペースに(できれば年内に)書ききりたいと思いま~す!

 

 

……あと1週間ちょっとで12月!?嘘だと言ってくれよ~~!!!(絶対ライブ記事書ききれない)

 

それでもコスメ買い足しちゃったりして

 pushushu-love-like.hatenablog.com

  

pushushu-love-like.hatenablog.com

pushushu-love-like.hatenablog.com

  

pushushu-love-like.hatenablog.com

 

 

 

 ヴィセのアイシャドウリニューアル?のタイミングと、私のスマホの乗り換えでauペイをすべて使わなければいけないタイミング(どんなタイミング)が重なり、気になっていた勢いのままに同じアイシャドウシリーズを2色色違いで買うという、普段の私ならしないであろう買い物をしました。

 

ウォームカーキ系は、見た目には結構なオレンジ?テラコッタ?な色とカーキ色が入っいて使いこなすのが難しそうな気もしますが、使ってみればそうでもないです。結構無難に塗れる。無難って言えばあんまりいいイメージないかもしれないけど、マジで塗るシーンや合わせる服を選ばない感じ。ヴィセとしては、そのオレンジ系の色をアイホールに塗れと推奨しているので、私は内心「(まぶたがはれぼったく見えるんじゃ…)」と半信半疑みたいな感じでしたが、しっかり発色するわけではないので、思ったよりもはるかにはれぼったくはない。しかもその上にカーキ色を重ねるし、ラインをさらに濃いカーキで引くので、締まるところは締められる。

 

今回のスモーキーネイビー系は、私がブルーが好きなんだけど、やっぱりメイクに取り入れるのは難しい…と渋っていたところについに参加したブルー系のアイシャドウパレットです(歓喜

このブルー系は、やっぱりウォームカーキのように合わせる服を選ばない、シーンを選ばないとはいかないけど、むしろこのアイシャドウを塗ること前提で服を選んだりすれば、めちゃくちゃ自己満万歳なメイクができる。ちなみに私は、やっぱり(?)ブルー系の服を着る時にこのアイシャドウを選んでいます。服とメイクの色味に統一感が生まれて、とりあえず自分ではまとまっている気がして非常に満足している(満面の笑み) アイシャドウベースとして薄い水色を塗り、その上に一旦ベージュの色を重ね、その上に水色、青のラインを重ねていくのが、全部青系じゃないだね?ベージュがベースにはならないんだね??って意表を突く感じで面白いです。

 

 

あと、これは色に関係なく言えることだと思いますが、めちゃくちゃ粉がしっとりしている。粉がしっとりしているからか、まぶたにしっかり密着する気がします。

さらにダメ押しで(?)、買って最初に開けた時に、パウダーの上に刻印されている(?)模様が可愛い。もちろん使えば使うほど崩れます(仕方ない)

 

 

 

 

UZU モテマスカラ ネイビー

UZU モテマスカラ ネイビー

  • メディア: その他
 

 前に、UZUのリキッドアイライナーを、イエロー、ホワイト、オレンジと急に3本買い込んだところから、今回は急にマスカラのネイビーとカーキを買い込みました。手持ちのUZUのアイライナーにしてもマスカラにしても、無難な色?は1本もない(後悔はしていない)

 

私はリップに奇抜な色?冒険色を持ってくるのはできないくせに、アイメイクにはなかなかの冒険色を持ってくるのは好きなんですよねぇ…。さっきのヴィセのブルーのアイシャドウもしかり。

ということで(?)、カラーマスカラが欲しいなと思っていて、各ブランドのカラーマスカラを比較検討した結果、ブルー系のマスカラとグリーン系のマスカラはとりあえずしばらくはUZUに落ち着きました。

 

カラーマスカラといっても、ネイビー、カーキなので、そこまで色が主張しない。まじまじとまつげを見られたら(そんな機会はないけど)「あ、ネイビーだね?」「あ、カーキだね?」ってわかるくらいで、ぱっと見には全然色がわからない。

だからこそ、まつげだけ変に目立つこともないし、ヴィセのブルーアイシャドウのように服も特に選ばない。

 

そして、私は最近(この記事を書いている最近)、ついに禁忌(というほどではないかもしれないけど)を侵しました…。ちょうど青と緑のボーダーサマーニットを着てる時に、アイシャドウをブルー(というか淡い水色)、アイライナーを大好きなヴィセアヴァンのキウイアイライナーにしたので、それに合わせて(?)片目のまつげのマスカラをネイビー、もう片目のまつげのマスカラをカーキにしました…。今まで両まつげで別の色を塗るってことをしたことがなかったので、メイクしながらのその場のノリで思いついて実行した割に、すごいことしたな自分…って、その日ずっと思ってた。

 

でも、さっきからしつこいほどに言っているように、色がそこまではっきりわかるわけじゃなくて、自分でメイク直しの際にまじまじと鏡で見たりしない限り、大体人にはわからないのでそんな冒険メイクも結構さらっと乗りこなさせてくれる。ネイビーとカーキは一応カラーではあるけど(?)、カラーではないカラーだよな…(???) 今日は大人しめにまとめなきゃってメイクにも使えるし、今日はカラー効かせたいなってときにも使えるし…、マジ重宝するわ…(合掌)

 

 

  

 

マジョリカ マジョルカ ミルキースキンマスク GR ミントグリーン 45g

マジョリカ マジョルカ ミルキースキンマスク GR ミントグリーン 45g

  • 発売日: 2018/08/21
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 マジョマジョのミルキースキンマスクについては、このミントグリーンだけじゃなくて、もう1色のパープルみたいなやつ(雑)も買いました、そして無事にどちらも使い切りました。

 

これからこのミルキースキンマスクを使う皆さんに、これだけは心に留めておいてほしい。それはね…、

使い始め、思ったより顔が白くなるけどビビんなよ、あきらめんなよ!

ってことです。

 

マジで私自身、これを初めて使った時、「自然に色白な感じで盛れる♡」とかではない、不自然な方向性で顔が白くなりすぎていて、「え…(期待して買ったのにその期待が打ち砕かれた顔)」ってなりました。

でも、でもね、そこであきらめてはいけない。

 

まず、そもそも何度か使っていけば普通に慣れる。この場合の「慣れる」とは、顔が白くなる自分にも慣れるし、どの程度の量をつけるのが適切なのかという、量に慣れる。

 

使い方に慣れてきたが最後、これは朝の忙しい時間帯、とりわけ寝坊気味の朝には超役立ちました。

私は朝のスキンケアは、顔を洗った後にはこれを塗るか、アクアレーベルのオールインワンジュレのどちらかにしているんですが、マジョマジョのこれは塗った後にすぐにメイクに取り掛かれる。寝坊気味の朝にこの時間はありがたい。

 

しかも、商品のリンクに45gとか書いてありますが、箱から出してみたらびっくり、たぶん十中八九の人が「ちっちゃ!!」って言うか思うかすると思います。実際に私も言葉を失いました。このサイズであの値段かよ…みたいな。

それがどうかな、意外ともつ。意外とコスパ良い。クリームでもないジュレでもない、強いて言えばムース?スフレ?みたいな質感なのが私的には好きだし、少量で結構伸びます。だからコスパがよくなる。

 

しかも、私自身はそうしたことはないけれど、小さいことを生かして旅行に連れて行ってもいいかもしれない。旅行先ではいつも通りのスキンケアができなかったりするじゃないですか、だって荷物増えるし。夜のお風呂上りなどしっかりお手入れしたい時には向かないかもしれないけど、朝急いでる!でも顔を洗った後のスキンケアは最低限したい!という時に適していると思います。

 

 

 

KATE(ケイト) ケイト 3Dアイブロウカラー 限定カラー GY―1 オリーブグレー 6.3g
 

 普段は同じKATEのアイブロウマスカラを使っていますが、今回も今回でいつものように限定色に惹かれ、吸い込まれるように手に取ってしまいました…。

いつもの眉マスカラと基本的には同じ色、ニュアンスレベルで色が違うだけ、という普段使っているものだから基本的に変なことにはならないよね!という安心感(?)から、予期せぬ買い物が生まれるという、私的に初めてのパターンでした。

 

私は前にもどこかで話したように、パステルカラーなんかの淡い色よりもビビットカラーなんかの原色系が好きなので、どこかこれにも「オリーブグレー」とか書いておきながら、結構緑が強いのを求めていた節があるんですが、使ってみたら、緑はほぼ皆無に近かったです。…まぁそうだよね、眉毛が結構緑だったら、その眉毛の持ち主である私も、私の顔を見る人もびっくりしちゃうよね、冷静に考えて…。眉は顔の中で結構大事なパーツっていうしね…。ビビットカラーが好きなあまりに、眉の大事さ失念してたわ…。

 

思いのほか緑が弱かったことは、一瞬残念ではありましたが、逆にポジティブに考えてみると、緑がそこまで強くない分、どんな服にもメイクにも合わせられそうではあります。一応私は、並行してKATEのベーシックな眉マスカラがあるので、普段のメイクはそのベーシックなもの、緑系のメイク、服を着る時にこの眉マスカラを使うようにしているんですが、そこまでのこだわりは持たなくてたぶん大丈夫だと思う。このオリーブグレーなる色は、結構懐が深そう。

 

 

 

 

   

 私的初アネッサーーーー!

アネッサは日焼け止めとして優秀なんだろうけど、何せちょっと値段がお高めだし、私はアネッサを必要とするほどに夏の日差しを浴びるような予定も趣味もない人間なので、これまでなんとなくアネッサとは交わらない人生を送ってきました。

 

 

ですが。

なにせ、アネッサを使うほどの夏の予定も趣味もない私であると同時に、新作コスメが出たら大概試さずにはいられない、ミーハーな私でもあるので、今回泡状、バブル状の日焼け止めスプレーが数量限定で出るということで、これは買うしかねえべということで即買いました。

 

…めちゃめちゃ余談なんですけど、この春から住んでいる新潟県の某地域では、欲しいコスメが手に入りにくい…。この前に大学4年間、福岡県に住んでいたことを考えれば、そう感じても仕方ないんですけど、コスメが手に入りにくい気がしてならない。

ネットで買えば何事も一件落着と言えばそれはそうなんですけど、ネットで買い物すると、たいてい〇円以上買えば送料無料!とかになるから、その〇円を目指してお目当てのもの以外に、何か他に買うべきもの、欲しかったものはないかとか考えだしちゃうじゃないですか?え?そうなりますよね?(同意を求める)

なので、私はネットで化粧品の買い物はしたことがなくて、だから単品?で、送料とか気にせずに買えるそこらのドラッグストアを頼りにしてるんですけど、何せこれは家の近くのドラッグストアを回りに回ってもなかなか見つからなかった…。「まぁ別にこの日焼け止めがなくても死にはしないぜ」とかいう負け惜しみとともに諦めかけていたある日に、パッとこいつと出会った時の感動と言ったらもう…(嗚咽) 

 

 

いつものごとく話が盛大に脱線したんですけど、使ってみた感想としては確かに泡状、バブル状。でも私はスプレー?で出てくるモコモコの洗顔料みたいな泡を想像していたので、それと比べてしまってはいけません。

でもいつも体に使っていたシンプルなスプレー状のやつと比べたら、明らかな目新しさがある、使いたくなる(日焼け防止には大事な感情)

あと、シトラスソープとか書いてあるんですけど、シーブリーズにありそうな、いい匂いがするのも高ポイントです。

 

ちょっとだけ「ん?」と思ったのは、腕に伸ばした直後はちょっとべたつく感があるなということくらいです。あのべたつき加減は保湿とかではない、べたつきである。

でもちょっと時間をおけばサラサラになって全然気にならないので許容範囲内(偉そう)

 

数量限定品なのが少しネック(?)ですが、この夏はこれをガンガン使って日焼け予防に全力を注ぐ!すべては未来の肌のため!(化粧品のコピー風)

 

 

追記:このアネッサの日焼け止めが気に入りすぎ&数量限定品という文字にも突き動かされ、あと3本追加購入しましたーー!私は無敵ーーー!!(?)

 

 

 

 

 私的初ネッククリームーーーー!今から始めるエイジングケア―――!

 

まだ20代といわれればそうなんですが、目元のケア、首のケアが気になり始め、アイクリームに引き続いて、この度ネッククリームデビューしました(祝)

ちなみにネッククリームデビューするとは言え、何を使えばいいかわからなかったので、春前に東京に行った際に、初めてイニスフリーに行き、そこにたまたま?ネッククリームが売っていたので、「これや(即)」というノリで、イニスフリーのネッククリームにネッククリームデビューに付き合ってもらいました(感謝)

 

「ソイビーンエネルギーネッククリーム」と書いてあるように、おそらく大豆の何かしらの成分が入っている…?(詳しくは知らない) 大豆の何かしらの成分が入っているからか?(雑)、テクスチャーはわりとこっくりしています。

伸びはいいので、80gで毎日お風呂上がりのスキンケアに使って、3か月くらい持ちました。下から上に向かって首に伸ばし、デコルテにも広げる。無表情だけど必死で心の中で「綺麗になれ…、綺麗になれ…」と念じています(怖)

 

そして、今回これがイニスフリーの商品を使うのが初めてだったんですけど、イニスフリーの商品は使い終わった容器をお店にもっていけばポイントがもらえるらしいですね!(エコ) 私は残念ながら、今住んでいる場所の近くにイニスフリーの店舗がないので、イニスフリーのお店に行くような用事のある時を待って綺麗に保管しておくしかないんですがね…。こういうシステムLUSHみたいだな…。時代はエコ…。

 

で、このネッククリームの底が尽きかけてきたころ、次のネッククリームを探すじゃないですか。

これがねぇ。

え?ネッククリームってそんなに需要ないの?それとも私が見つけきれないだけ?もしくは私の手の届かない値段設定、ブランドにはネッククリームってあるの?

実体験でいえば、家の近くのドラッグストアにて。

私「ネッククリームっておいてますか?」

店員さん「ハイ?ネッククリームって何ですか?」

私「…首に塗るクリームです…(諦め)」

 

ということで家の近くのドラッグストアで手に入れることは諦め、ネットで探し、送料対策とネッククリームを探してさまよう旅にはもうしばらく出たくないと思ったので、当分困らない量のネッククリームを買いました(解決)(後述)

ぜひ、お勧めのネッククリーム、手ごろなネッククリームがあればご教授ください…

 

 

 

 

  

ハイ、カラーコスメ大好きな私がこれを買い逃すわけがない。

2020年初春?数量限定発売のKATEのカラーマスカラです。

 

紫、オレンジ、レッドと、どれもなかなかまつげに塗るには勇気のいる色に見えます。塗る前の液とか、なかなか明るめの色してるし。ですが、実際塗ってみるとそうでもない。意外となじむ。

特にオレンジなんか正式な色は「オレンジブラウン」なので、明るめのブラウンマスカラくらいの印象にさえなる。

強いて言えば、レッドとパープルはオレンジと比べたらカラーコスメ感が強いかなと思います。人からみても「それ、カラーマスカラだね?」ってわかるくらいだと思う。

 

これ、UZUの時にも言いましたけど、カラーマスカラを日常メイクに取り入れるのには勇気が要るのでカラーコスメとは言えどもあまりドギツイ色は困る。でも色がわからなすぎるのもつまらない。そんなややこしすぎるわがままを叶えてくれるのに、今回のKATEは最適な色味かなと思います。メイクは8~9割が自己満だと思うので、私が朝メイクしてる時とか化粧直しの時にまじまじと自分の顔をみて、その時に「あ、私そういえば今日こんなかわいいマスカラ塗ってたわ」くらいで良い。それくらいの発色。

 

カラーマスカラはなかなか売っていない(特にパープル)と思っているので、今回はマジでよい買い物をしたなと思う反面、数量限定品だったのでもうどこでも見かけない、これを使い切ってしまったらお別れというのが残念でもあります。まぁミーハーで新しいもの好き、数量限定品はもっと好きな私にしては、こういう別れの寂しさはこれまでにも何度もありますけど、何回経験しても寂しいもんは寂しいねぇ…。

 

ちなみにこれは、先述のKATEの眉マスカラ限定品オリーブグレーと同じタイミングで発売されたものです。私にしては珍しく、限定品をバージョン違いでいくつも買ってしまった例。

 

 

 

 

 初めて使ったジョヴァンニのヘアワックス。私はこれをコスメキッチンでしか見つけられなかったので、東京とか大阪にお出かけするようなことがないと買えなかったという、入手までの困難も込みで思い入れのあるワックス。

 

多分今回使い切った白いやつが1番オーソドックスなものかなと思うんですけど、なんていうだろう…、梅干しの匂い…?(?)

後に控えてるやつには「チェリーブロッサム」とか「パープルオーキッド&ローズ」とかいう立派な名前がついてるので、さぞこの梅干しとしか私が形容できない匂いにも名前があるんだろうと思って、容器をなめるように見回しましたが特に香りに名前はついていないようでした…。ということでこちらは梅干しの香りのするワックスです…(私見

 

でも、髪につけたらそこまで梅干しの香りは気にならない。マジで全然気にならない。

テクスチャーとしては固め?かなと思います。冬とか固まっちゃって使いづらいだろうなとなるタイプ(?) 

あと、私がヘアワックスを選ぶ基準の1つに、使った後に手を洗わなくていい、そのまま手になじませて保湿に使えるっていうのがあるんですけど、これはめちゃくちゃ保湿される。うっかり手になじませた直後に手を洗おうもんなら、手がヌルつくレベルで保湿される。なんかここまで保湿力高いと、髪に日中塗ってるもんだから髪が守られてる感じで安心ですね(?)

 

ちょっと今はヘアワックス渋滞なので、チェリーブロッサムとパープルオーキッド&ローズには登板を待ってもらってる状態なんですが、今回の白いやつでその性能の良さはよくわかったので、残り2つに期待!

 

 

 

 

 私、これ夏になったら毎年のように買ってます。それくらい私は夏の化粧崩れが怖い。北川景子様に頼っている。ちなみに色は毎年01を選びたくなるけど(意地で)、現実を直視して02を買っています。

 

というわけで、結構こういう代物は出回っているように感じますが、一応説明しますと、肌に塗った瞬間、冷たいファンデで冷感を感じられて、暑い夏の化粧にはうれしい+冷感で肌がひきしまって化粧崩れしにくくなるというものです。

 

これを私は半そでを着始めるかな?ってくらいになったら毎年使ってるんですけど、確かに塗った瞬間はひんやりしてて気持ちいい。夏の化粧にはピッタリである。

まぁ化粧崩れしにくいっちゃしにくいのかもしれないけど、たぶんこの世に崩れないファンデ、ひいては崩れない化粧品なんてないんですよね。なのでまぁ夏という季節、気温もあるし、崩れることには崩れます。

でも、変な崩れ方しないというか、「一から化粧直したい…」と思うような、変な模様渦巻く感じではなく、浮いたファンデを除いてその上からリカバーすればそれで大丈夫。

 

 

あと、私はカバー力を重視したいので毎年BBタイプを使ってるんですけど、CCってどうなんだろう…。使ってみたらそこまで違いないのかな…(そんなことないと思うけど)

まぁなんだかんだ言って来年もこれを使う時にはBBタイプを選んでる気がしますが、気が向いたらCCタイプにしようかな!(いらない宣言) あ、それか、今使ってる2か月用の量を使い切ってもまだ暑かったらCCタイプのミニを買おう!(来年の夏を待たずして解決)

 

 

 

 

いち髪 プレミアム ラッピングマスク トリートメント サクラ 200g

いち髪 プレミアム ラッピングマスク トリートメント サクラ 200g

  • 発売日: 2020/02/28
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 香りの時点で大勝利確定。これはマジで勝った(?)

 

というわけで(?)、私はこの香りがめちゃくちゃ好きでした。その香りを髪にまとうという目的だけでも、このトリートメントする意味あったとすらいる(大げさ)

公式的には「艶やかに咲き誇る桜 満開の香り」だそうです。コピーに一文字の偽りなし(断言) なるほどね、毎年毎年、そのきれいさにばっかり目がいってしまって、なかなか香りまでは意識が向かないけど、満開の桜ってこんな香りなのか~~へ~~!(盲目) 

ちなみに、このいち髪のシャンプーとかコンディショナーは、トリートメントの満開に対して(?)、三分咲きとか七分咲きの香りらしいです。私、そういう芸の細かい設定好きです(突然の告白) 

 

私はこの香りが好きなのでもう大勝利大満足でしたが、この香りに当てはまらない、好みじゃない人にはマジでしんどいくらいの香りの強さ。めちゃくちゃ髪に香り残る。

なので、買う時にはよくお店に細かいボールがプラスチックのケースに入った状態で香りを確認できるやつ(伝われ)で、よくよく香りを確認してから買うことをおススメしまう。

万が一、買ってしまったあとに「うっわ…、私この香りだめやわ…」となってしまった場合は、家に引きこもる日の前日に使いましょう。そうしたら被害は少なく抑えられる気がする(?)

 

ここまで香りについてばかり話してきたんですけど、その肝心の(ここが本質)のトリートメント効果(というのかわからんけど)はまぁ普通という感じでした。私がケチって(?)週2回の使用にしていたから、そこまで効果を感じられなかったのかもしれない。そして私が使用頻度をケチったからか(?)、肩上のショートカットの私の毛量で大体3か月くらい持つ量があります。

 

 

 

 

マヌカコスメ B&Hピーリングジェル15+

マヌカコスメ B&Hピーリングジェル15+

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 これまでにも様々なピーリングジェルを使ってきましたが、思い返せばそのどれもにそれぞれの特徴がありました…(急に回顧する)

これはマヌカハニーということを全面に押し出している商品なので、てっきりハニー、ハチミツ的な香りがするのかなと少しばかりの期待をしていましたが、意外や意外にも?これは無味(?)無臭という感じでした。ハニーの香りを期待していた私は少し残念だったけど、化粧品に香りがついているのが苦手なタイプの人にはありがたいかもしれない。強いて言うなら、液体のりみたいな香り…?液体のりとか小学校以来使ってないけど…(おぼろげ) マヌカハニーにハニーの香りを求めてはいけないの…?

 

で、これは塗れている肌には使えない代物です。でもそれと同時に「お風呂上りなど、肌がやわらかい時に!」とも書いてあるので、お風呂の中では顔を洗っている流れ作業では使えない、でもお風呂に入る前などは推奨されていないということで、お風呂上がりにしっかり顔の水分をふき取って使うことになります。ちと面倒(本音)

 

そして、感触としてはかなり粘度が高いように感じます。それがいいのか悪いのかはよくわからないけれども。

 あと、肝心のピーリング効果ですが、おもしろいくらいに目に見えてぽろぽろなります。ここまであからさまに目に見えると、ちゃんとこれを使っている意味があるのかなと安心するよね(?) でも、目に見えてぽろぽろとなる=ピーリング効果が高いということでもあると思うので、結構肌がキシキシする感じもします。なのでその後はしっかり、いつも以上に気合いをいれて保湿しなきゃとも思います。

 

 

   

 ついこの間まで使ってたメイク落とし。気になっていたラボラボシリーズは、まずはメイク落としからデビュー。

 

特筆すべき、特筆したいことは2つ、いや3つか?(整理したから書け)

まず1つ目。

香りがよい。好み。

 

これは私だけなのか、それとも世間一般的にもそうなのかはわかんないんですけど、私、このブログ書きながら漠然と「私、コスメに香りの良さを結構重視して求めてんだな~」と認識し始めました。やっぱり言語化することでわかること、見えるものってあるよね★(話が壮大)

まぁ化粧品なんてその大半が顔につけるもの、顔につけなくても皮膚につけるものだから、好きじゃない香りよりは好きだと思える香りを選びたいよねぇ…。別に無理してまで苦手な香りを選ばないよねぇ…とか至極当たり前のことを思う(何の話)

 

で、このメイク落としの話に戻りますけど(いつものこと)、このメイク落としの香りは私の断言偏見によると、オレンジ的な柑橘の香りがします!正確なことは、この容器も入っていた箱も捨ててしまったので、すべて私の直感肌感!間違ってたらすまん!(直感を信じるタイプ)

メイク落とししてすっきりしようという時に適している香り。しかも私はフローラル系の香りよりは、柑橘系のさわやかな香りのほうが好きなのでなお良し(偉そう)

 

2つ目。

メイクがよく落ちる(?)

いや、「メイク落としなんだからメイク落ちるの当たり前じゃん?むしろメイクが落ちなかったらそれは何なの?詐欺??」とか言いたいことはよくわかるんですけど、ちょっと聞いてくださいよ。

やっぱり世の中には星の数ほどコスメはあるわけで、香りが好みのもの、よく機能を果たすもの、いまいち自分にはハマらなかったものとかいろいろあるわけじゃないですか。

で、やっぱり中にはメイク落としといえども、期待していたほどメイクが落ちないメイク通しというものもあるわけです。

 

でもこれは、結構メイク落ちる。もちろんほめてる。

私はこのメイク落としと併用して、メイク落としの前にはマスカラリムーバーをまつげに塗るんですけど、そんな風にマスカラリムーバー+メイク落としってしても、なかなかインラインとかは落ち切ってなかったりするんですよね、メイク落としによっては。

これは結構インラインが落ちてて感動した。お風呂上がりのふき取りメイク落としのコットンに、インラインも細かい落ち切ってないメイクもなにもつかなくて=メイクがきれいに落ちてて非常に良かった(非常に偉そう)

 

最後。

濡れた手でも使えるのが最高。

もうこれが1番のポイントといってもいいかもしれない(3つ目だけど)

 

メイク落としの中には、濡れた手や濡れた顔では使えないものもあったりするじゃないですか。まぁそれでそのメイク落としの効力が最大に発揮されるなら仕方ない、濡れてない肌で使ってやるか(態度)と思わないこともないけど、やっぱりうっかり1回濡らしてしまった手と顔をタオルで拭くのはめんどくさいし、できることなら髪の毛洗ったり体洗ったりっていう一連の流れの中でメイクを落としたい(私はお風呂でメイク落としする派です)

 

その点、このメイク落としはその一連の流れでメイク落としできるのがノンストレスで良い。リラックスする目的のお風呂場で、わざわざ自分からストレス溜めたくないもんね。 

あと、わざわざ4つ目設けるまでもないかなと思ったことをさらっと言えば、100mlの割には結構もった印象。たっぷり使ってたけど。

 

 

 

 

 大学院生にして、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入した初めてのファミュ…。本当はパッケージからして使ってみたさしかないドリームグロウマスクが欲しかったけど、買いに行ったお店では品切れだったから、泣く泣くあきらめ、こちらにしたことは内緒…。

 

今までにも何度か、スリーピングマスクは使ったことがあったんですけど、なんせこんなお高いものを使うのは初めてなので、(高級品を使うことへの)ドキドキ&(高いものはその分得られるものも多いんじゃないかという)ワクワクとともに、使ってみました。

 

劇的に肌の調子がよくなった!とは思わなかったんですが、肌がめちゃくちゃしっとりしていることだけは分かった。それだけはマジで分かった。あと、頬の高いところにハリというかツヤ的なものがあることもなんとなくわかった。劇的な変化はなかったものの、1回でこんなに変化を感じられた化粧品は久方ぶりでした。やっぱり高いものにはそれだけの理由があるんだなぁと実感(そう思いたいみたいなところがあるかもしれないけど)

 

あと、これは私の寝相の問題なんですが、スリーピングマスクだから顔に塗ってのまま寝るわけじゃないですか。私はあおむけに寝てても、朝起きると決まってうつ伏せなので、それが心配だったんですよね。シーツを汚すんじゃないかとか、せっかくお高いスリーピングマスクを塗ってもシーツにふき取られるんじゃないかみたいな。

これを初めて使った日の夜、めったなことでは起きない私が、夜中に暑さで目が覚めたことを覚えてるんですが、その時にはまだかすかに頬にマスクが残っていました。寝ぼけ眼で自分に「勝った…(眠い)」とか思ったことを覚えています。

 

次はドリームグロウマスクが使いたいな!(妹が今年の誕生日プレゼントに買ってくれるらしい)

 

 

 

 もうこれまでにこういうバーム系のワックスはいくつ使ってきたかわからない…。それほどに私の毎朝のヘアセット(そこまでじゃないけど)は、バーム系ワックスとともにあるんですね…(しみじみ)

 

少し前に話題になった?LILAY、満を持して(?)、ピンクのご登板です!初LILAY!

 

これまでは前述のジョヴァンニを使ってたんですけど、それと比べてだいぶやわらかい。使い始めが夏ってこともあるだろうけど、これ下手したら冬になっても固まりにくいんじゃねぇか?(ほめてる)

やわらかいので、変な塊とかできないし、簡単に手で伸ばして使えます。朝の忙しい時にワックスで変に手間取らないのは大事。ポイント高い。

 

あと、めちゃくちゃ私の好みの香りがする!具体的に何の香り!といって想像できる香りじゃないんだけど、でも確実にいい香り。当たり前といえば当たり前なんですけど、これをつけて日々過ごしていると、時たま自分の髪からこの良い香りがするので、そのたびに少し幸せな気持ちになれます。

 

あと、これはジョヴァンニの時にも言った、私がワックスを選ぶ基準の1つでもあるんですけど、髪のセットに使ってそのまま残ったワックスは手の保湿に使えるのもいい!いちいち手を洗うのめんどくさいし、それが何かと酷使する手の保湿剤になるなら一石二鳥。

手持ちのワックスがなくなったら、次は青のこれも使いたいな! 

 

 

 

私が前回、何の気なしに買った椿オイルヘアクリームにいたく感動し、その後に買ったのがこちらのヘアクリームです。ちなみにこちらはすでに1回買ったことがあるので、一定程度信頼はしていた(偉そう)

 

「モモリ」というネーミングからしてすでにかわいいこちらは、もちろんその主要な用途としてはドライヤーをする前の濡れている髪につけて、髪をドライヤーの熱から守るという代物なんですけど、なにせまず香りがよい。大事。香りがよいだけで、その化粧品を使っている時に幸福度が違ってくる。もちろん「モモリ」という名に違わず、ももっぽい香りがします。

なにせ、この前に使っていた椿オイルヘアクリームが、朝起きても髪がしっとりしてくれるくらい保湿してくれる、しっとりさせてくれてたので、それと比較するとそこまで髪への保水力はないかもしれません。でもまぁ、ヘアクリームってこんなもんだよなとも思う。むしろ椿オイルヘアクリームの保水力がいい意味で異常。

 

で、これは髪につけたあとの手に残ったヘアクリームは、そのまま手になじませてハンドクリーム的に使えもするんですけど、確かにめちゃめちゃ保湿される感じある。髪を乾かして、手に残ったクリームなじませて、その後所用であまり時間をおけずに手を洗わないといけなくなったら、ちょっとぬるっとするくらい保湿されてる感ある。

 

このモモリは、ヘアクリームだけじゃなくてヘアオイル、スタイリング用のヘアジェル?もあるので、コンプリート癖のある私には何とも使いがいのある?代物です。オイルも使ったことはあるので、あとはヘアジェルだけ…。待ってろよ…。

 

 

 

 

f:id:pushushu:20200910184331j:plain
LUSHコロナウイルスで店舗への客足が減ったのをカバーするためなのか、普段はいくら買おうとも450円の送料を頑として突き付けてきていたのに(言い方)、今回(7月現在)は7000円以上の買い物で送料無料になってました。LUSHで7000円とか、買おうと思ったらすぐに達してしまう。特に私は普段、店舗で店員さんに話しかけられるのが怖くて、気になる商品があってもじっくり見られないことが多数なので、今回はこれ幸い★とばかりに初めての商品ばかり注文してみました。

 

そして、これは完全に送料対策。あと、もう少しで販売終了になるそうだったので、物は試しに買ってみるかっていう理由もあった。250円とか私の知る中でLUSH最安値の商品なんじゃないだろうか。もう100円出せばウォッシュカードとかいうカード型の石鹸?も買えたんですけど、それよりもこっちのほうが(100円だけど安いし)気になってたので買ってみました。

 

これはタブレットに熱湯をかけたら化粧水になるよ、しかもタブレットに熱湯を注いだ時に出るスチームを、ぜひ顔にあててね!という代物です。こういうなかなかない工程を踏ませる(?)やつ、私は楽しい。

 

で、さっそくお風呂に入っているときにこいつをたぶん清潔と思われる容器に入れ、熱湯を注いでみたんですが、バブ的な入浴剤みたいに勢いよくシュワシュワ言ってびっくりする。予想してなかっただけびっくりする。

私が化粧品で結構重視している香りについては、歯磨き粉…?を感じる香りです。私はよく歯磨き粉にある「なんちゃらミント」みたいな香りは嫌いじゃないので全然いいんですけど、なんでこの香りなんだろう…?とはぼんやり思いました。あと、そのタブレットの溶けたお湯の色は、元のタブレットの色そのまま、うっすい緑色?水色?です。たくさんの水に一滴だけ緑色か水色の絵の具溶かしたみたいな色です。

 

で、あからさまに目に見えるスチームはそこまで長続きしないです。お湯の温度にもよるのかもしれないけど、結構スチームはすぐに収まる。でもそのあとの、目に見えないけど確実に立ち上ってる湯気までをもスチームととらえれば、結構長く楽しめます。

スチームを試行錯誤しながら肌にあててみた結果、肌が心なしかやわらかくなったような…?欲しい欲しいと思いつつ、結局まだ手にできていないスチームが出るような美顔器は、こういう肌を柔らかくする効果があるんだろうね…(疑似体験)

 

そしてそのタブレットが溶けたお湯は化粧水として使えるとのことなので、しばらく使ってみてる今ですが…、なにせ自作の化粧水とか初めてなので、これが本当に化粧水として機能してるか不安でもある(好奇心&送料対策のみで買った末路) でも今のところは、特に肌トラブルとか起きてないし、この自作化粧水を使い始めて肌が乾燥し始めたとかも思わないので、自分で作った化粧品でスキンケアしてるとかいう、なんか意識高めな生活をしているという錯覚を味わえる。

 

頼むから!これはもう販売終了が予定されているけれども!今後もし同じような商品を出すようなことがあれば、いったいどれくらいのお湯を注げばいいのかだけは書いてくれ!目分量で化粧水つくるとか賭けでしかねぇよ!目を皿にしてパッケージをみても、どこにも具体的に「○○mlのお湯を注いでください」と書かれていなかった時の気持ちを分かってくれ!私は!せっかく買ったLUSHの化粧水タブレットを!できるだけ有効に使いたかったんだよ!(血涙)

 

 

 

 

 

f:id:pushushu:20200727022703j:plain

今回、7月から数量限定発売されたフレッシュフェイスマスク、ミータイム。ちょうどLUSHオンラインで買い物をしたので、ミーハーであり、新しいもの好きな私はもちろん購入しました。

 

このミータイムは、めちゃめちゃ細かいクレイが入っていてぱっと見とか、触った感じには分からない、顔の上で塗り広げていてやっと「あ、これクレイ入ってんな」って気づくレベルには細かいクレイ。

そしてフレッシュフェイスマスクなので冷蔵庫で保存しないといけないわけなんですけど、これに限らずフレッシュフェイスマスクは冷蔵庫で保存すると固めのテクスチャーになる。なので顔の上で塗り広げる時に少し一筋縄にはいかない。

f:id:pushushu:20200727023412j:plain

 

クレイが入っているだけあって、顔に塗ってそのまま放置して乾いてくると、「幼稚園の頃、泥団子を作っていて知らず知らずのうちに腕についていた泥が乾いた」みたいな(?)泥が乾きました!って感じのカピカピになります。でもカピカピに乾いても、水をなじませれば割と簡単に落ちる。簡単、これ大事。

 

あと、塗っている間中、花のような優しい香りが続くのもポイント高い。塗っている間、少しだけど幸せな気持ちになれる。

 

 

 

手持ちのアイメイクアイテムに少し飽きを感じ、「何か奇抜なアイメイクアイテムをわが手に!」という勢いで買ったアイシャドウ。普段の私なら絶対に買わない色味なので、勢いで買った時の私がいかに手持ちのアイテムに飽き飽きしていたのかがわかる。

 

私、このフ―ミーのアイシャドウはすでにこのパープルピンクを持っていて、 

 このパレットのおかげでピンクのアイシャドウを使うことへの羞恥心、恐怖心をぬぐえたと言っても過言ではないほどこのアイシャドウに信頼を置いているので、今回何か奇抜なアイテムを!と思っても、その信頼からフ―ミーの中から選択をしました。

 

このパープルピンクみたいな使い方をすればいいのかなと思っていたけど、ところがどっこい、今回購入したYB(イエローブルー)は必ずしもそうはいかないらしい。

パッケージの箱を開いたら、お勧めの使い方が2種類書いてあるんですけど、マジでびっくりした。これみて。

f:id:pushushu:20200910163932j:plain

私は今まで大体どのアイシャドウもこの説明でいう「王道ナチュラルeyes」のほうで使ってきたので、「ぱっちり丸っぽeyes」のような塗り方があることにまず驚き(無知)

半信半疑みたいな気持ちで(失礼)、 ぱっちり丸っぽeyesを試してみる。

 

結果。私には2つの塗り方の違いによるメイクの違いがいまいちわからなかった…(無念)

そもそもこのアイシャドウはすべての色が淡いので、特段目が大きいわけでも二重なわけでもない私には、締め色がないことへの不安が大きすぎる。私はこのアイシャドウを使う時にはいつも以上にインラインをしっかり引くようにします。あと、水色は基本的に人間の顔の中にある色味ではないと思うので、発色がわかりやすいですが、黄色やピンクは人の顔の中にある色味なので、よく言えばよくなじむし、悪く言えばなじみすぎて色味がよくわからない感じにもなります。

いや~、パッケージにも「玄人向け」と書いてあったように、私にはまだまだハードルの高いアイシャドウパレットでございました…(遠い目)

 

 

でもでも!フ―ミーのアイシャドウは確かに使いこなすことが難しそうではあるんだけど、他にはない配色のパレットが多いことも確かなので、まだまだチャレンジしていきたい!(チャレンジ精神だけ旺盛)

ちなみに今気になっているのはこれです↓ 

 

 

 

 

 

ニベア マシュマロケアボディムース ヒーリングシトラスの香り

ニベア マシュマロケアボディムース ヒーリングシトラスの香り

  • 発売日: 2017/09/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 めちゃくちゃ香りが良い。私の好きな香り。

化粧品では結構香りを重視する自覚のある私の中でも(?)、結構好きな香り上位に入る。それくらい良い香り。

 

これはニベアのボディクリームの中でも、ムース状で出てくるものです。ニベア=青缶、めっちゃくちゃ保湿されるみたいなイメージのものではない。

ムース状で出てくるので、青缶みたいな保湿力めちゃくちゃ高くて(私的に)ベタベタするみたいな感じではなく、塗ってわりとすぐにさらっとする。でも保湿されてる感もちゃんと感じられる。なにこれすごい(感動)

 

そして私がめちゃくちゃ好きな香りが、2種類ある中の「ヒーリングシトラスっていうほうです。マジで「ヒーリング」だし、マジで「シトラス」。言いえて妙(語彙力)

私の中でシトラス系の香りは、どこか「気持ちをシャキっとさせてくれるもの」みたいなイメージがあって、それと「ヒーリング」がどう結びつくねん?という疑問がありましたが、これは「シトラス」はシトラスなんだけど、どこかフローラルのような優しい香りも入っていて、それでたぶん「ヒーリング」される。でもざっくり何の香り?って聞かれたら間違いなく「シトラス」系の香り。

私は基本的にお風呂上がりの保湿はビオレのこれを使ってるので、 

ビオレu お風呂で使ううるおいミルク 無香料

ビオレu お風呂で使ううるおいミルク 無香料

  • 発売日: 2017/09/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 今回のニベアのボディクリームは、お泊り用の時にしか使わないんですけど、ビオレのお風呂で使えるボディミルクの類似品的なもので、このニベアのヒーリングシトラスの香りがでたら、瞬時にそちらに乗り換えるくらいの勢いで好きです。花王様、ぜひ同じ会社としてご検討を…(割と真剣)

 

 

 

 

 このたび生産終了になってしまう、華麗なる饗宴。せっかくLUSHの空容器が5つたまってフレッシュフェイスマスクと交換してもらえる今、交換してもらうなら、これと、同じく生産終了になるショコラのこだわりの2択だろ!ということで、使ったことのないコチラにしてみました。

 

新作?数量限定?の同じくフレッシュフェイスマスクのミータイムと比べると、少し硬めのテクスチャー。ミータイムは見た目にはわからず、触ってやっと「あ、これクレイ入ってんだ」ってわかるくらいに滑らかでしたが、これはもう見た目にも触り心地にもスクラブが明らか。でもそこまでしっかりしていないスクラブなので、肌に塗る時や洗い流す時に痛くはないです。

あと、容器にでかでかと書いてあるように、めちゃくちゃ香りにハニーを感じます。

このマスクは洗い流してどうなるかというと、しっとりするというよりはふっくらする感じですかね??

 

この華麗なる饗宴とショコラのこだわりの抜けた穴を埋める、次なるフレッシュフェイスマスクは何なんだ…。そもそも廃盤になったジェリーマスクに代わるフェイスマスクも発表・発売されてないのに、この2つに代わるフレッシュフェイスマスクは望めるのか…。

 

 

 

ももぷり 潤いジェリー洗顔 100g

ももぷり 潤いジェリー洗顔 100g

  • 発売日: 2020/05/27
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 まず見た目がめちゃくちゃかわいい洗顔料。正直に言えば見た目で買いました、みたいなところある(自白)

 

これは泡立たない洗顔料なので、「洗顔ネットを使っても全然うまく泡立たないんですけど(怒)」みたいな思いをしなくていいのがポイント高い。何せ朝の忙しい時間帯に、泡立つとか泡立たないとかで時間をかけたくないし、イライラしたくない(大事) 

 

で、この中に入ってる♡の物体はなんかよくわかんないんですけど、とりあえず一緒に洗顔料として使っていいものみたいです。ただの飾りではないらしい。洗顔してる最中に勝手に肌の上で砕けます。

 

あと、香りはパッケージにそもそも「ほんのりピーチの香り」と書いてあるんですけど、マジでほんのり。説明に一片の偽りもなく、ほんのりピーチの香り。香りが強い化粧品が苦手な人にはこれくらいでいいのかもしれない。

 

意外とコスパは良くない気がしていて、割とすぐになくなる気がします。まぁビジュアル重視で買った、泡立てなくていいのでお泊り用の洗顔料として買った割にはかわいくて楽しくてよかったなと思います(偉そう)

 

 

 

 

 週2のスペシャルパックとして最近使っている、イニスフリーのクレイパック。

 

これ、私はお風呂上がりのスキンケア前に塗って少し放置、落としたのちにスキンケアという流れで使ってるんですけど、まず見てほしいのはその見た目。

自分の顔に一回塗ってみて。

シュレックになっから。

f:id:pushushu:20200910165010j:plain

実際、ここまで緑ではなくてグレーみが強いんだけど、初めて自分の顔に塗ってその顔を鏡でまじまじと見た時、本当にシンプルにシュレックやん」と自分で自分の顔面にツッコミして大笑いしました。それくらいにシュレックになれるパック(?)

 

で、このパックも少し放置してると、LUSHのミータイムみたいに、「幼稚園の頃、泥団子を作っていて知らず知らずのうちに腕についていた泥が乾いた」みたいな泥の乾き方になります。ちゃんと水をなじませれば落ちるけれども。

 

で、このパックの使用感としては、ふっくらするのはもちろんなんだけど、それ以上に毛穴の汚れをかきだしてる感がすごい。パックを落とした後の自分の顔を見てそう思えるくらいだから相当すごいんだと思う。

 

別にいい匂いもしないし、かわいい見た目なわけでもないけど、その代わりに?効果はすごそうだし、伸びもいいのでコスパもよさそうだしで、なんとなく買った割には(言い方)、これからにも結構期待大です!(大声)

 

 

この8月に発売された、マジョマジョのジェルリキッドアイライナーの新色。この2色は涙袋メイクに使えるとのことで、今まで愛用していたWHOMEEの涙袋ライナーが終わりかけてきていた私は迷わず購入しました。 

 

私はこのマジョマジョのジェルリキッドライナーを使うのが初めてだったんですけど、初心者にはやっぱり戸惑うね?開けてすぐ使えるわけじゃないんだね??え?戸惑わない?そんなことない??

 

マジョマジョのジェルリキッドアイライナーは、まず開封してから毛先をほぐし、液が毛先にいきわたるように何度か自分でペンの尻?をノックして調節しないといけない。これが初心者には難しい。どれくらいノックすれば液がいきわたるのかがわからない。ま、今回でおそらく慣れたので次回以降はもっとうまくスタートダッシュきれると思いまっす★(過ぎたことは忘れるタイプ)

 

で、肝心の使ってみた感じですが、まずピンクの「流星群」のほうは結構キラキラが強い。やっぱりこれも最初は、自分なりにやりすぎない涙袋メイクの塩梅をつかむまでが大変。ちなみに私は初めて使った時、やっぱり液の加減がわからなくて塗りすぎて涙袋にはやりすぎな白い感じになりました(教訓にして) 塩梅をつかめるようになってくると、ピンクみなだけあって肌によく馴染んでくれる。

 

薄い茶色の「月食のほうは、いったいこれは何に使うんや?と思ったのは私だけじゃないでしょう、そうでしょうええええ。アイラインとして使うには色が薄すぎる、でも涙袋に使うには地味すぎる。

これは例えば流星群を涙袋に引いたその下に、涙袋を際立たせる「陰」として引くためのアイラインだそうです。…世の中にはいろんなコスメがあるんだな~(無知その2)

これも初めは自分の中の塩梅をつかむのが難しい。液をのせすぎないと、涙袋が際立たないし、液をのせすぎると茶色が強くなりすぎて「陰」にならず、悪目立ちしてしまう。でも流星群も月食も、最初こそ難しいものの、そこまで時間をかけずに使いこなせるようになると思います。使いこなせるようになってくると、どこかマジョマジョと和解できたような気分になる(別に争ってない)

 

 

 

 

 

 ホワイトアイライナーとして使っていたUZUがなくなってきたので、次なるホワイトアイライナーとして購入してみたのが白蝶貝。そしてその時にキラキラコスメ大好き芸人として買わずにいられなかった、キラキラアイライナーの大理石。 

 ホワイトアイライナーは、怖いもの見たさみたいな感じでUZUのホワイトを買った時はめちゃくちゃ難しいイメージだったんですけど、そのUZUを使い切った今、めちゃくちゃ重宝したアイテムでした!別に難しい技術はいらなくて、普通にアイラインとして引くだけで、一気に垢抜けた感じに見える。

 

UZUのホワイトアイライナーと比較すると、UZUはアイラインとして引いた時に「膜」感があったんですけど、このマジョマジョは膜感がなくて、クレヨンみたいな感じでより瞼に密着する感じがある。あと、私はペンシル型のアイライナーを使う時に、瞼を痛めてしまったり、アイラインがガタガタになってしまったりという理由で、瞼への引っかかりを常に危惧してるんですけど、これは拍子抜けなくらいスルスル描けた。マジョマジョありがとう…(咽び) 発色もUZUに遜色ないし、これが(確か)700円くらいで買えていいのかよ!(ありがたい)

 

キラキラの大理石のほうですが、アイラインとして使えそうと思ったほかに、流星群みたいに涙袋として使えそうなのでは?という魂胆もあって買ったみたいなところがありました。流星群のピンクみのキラキラに対比して、大理石は色のないキラキラという感じ。涙袋に使えるくらいのやりすぎないキラキラ感でもある。流星群のほうはピンクなことで、肌に馴染みすぎるあまりにアイラインとしては使えないかな?という感じがありますが、大理石のほうはいい意味でなじみすぎないので、アイラインとして使える感じもあります。これが700円で買えていいのかよ!(2回目)

 

 

そして今更だけど、マジョマジョはいちいち1つ1つのアイテムにつける名前が可愛いよな~!「流星群」とか月食とかどっからそんなネーミング出てくるんだよ~!(ほめてる) 資生堂のマジョマジョ係?の中にはそういうロマンティックな単語を集める専門の人でもいるのか…?

 

 

 

 

キャンメイク クイックラッシュカーラーリムーバー 4.6ml クレンジング

キャンメイク クイックラッシュカーラーリムーバー 4.6ml クレンジング

  • 発売日: 2019/10/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

リンメル トリートメントオイル マスカラ リムーバー (6.5mL)

リンメル トリートメントオイル マスカラ リムーバー (6.5mL)

  • 発売日: 2017/06/02
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 マスカラリムーバーの王道、ヒロインメイクのものを使い切った今、次なるマスカラリムーバーを求めて出会ったのが、こちらのキャンメイクとリンメルのものでした…。 

 

キャンメイクはとにもかくにも安い!マスカラリムーバーが500円で買えていいのか!買って使ってしばらく経ってる今でも信じられない!(遅) 

マスカラの落ちる感じはヒロインメイクとそこまで遜色ないかな?と思いますが、ヒロインメイクと比べるとコームの形が違うためにか、少し塗りづらい感がある。全然塗れるけど、ヒロインメイクのほうが塗りやすかった感がある。でもそれもすべて、「500円という数字でチャラにできる(コスパの神)

 

リンメルはキャンメイクやヒロインメイクに比べると、あまり落ちない&塗りにくい感じ…?正確に言えば、塗りにくい→だから液がしっかりまつげにつかない→だから落ちにくい、という感じかもしれません。なんでだろうね?コームの形はキャンメイクと特に変わらないように思えるし、私の目の構造が変わったわけでもないと思うし…(変わってたら怖い)

 

ちなみにこの後は、このマスカラリムーバーが控えています!求む!その次のマスカラリムーバー!! 

キングダム マスカラリムーバーエッセンス

キングダム マスカラリムーバーエッセンス

  • 発売日: 2013/10/06
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 

SEABREEZE(シーブリーズ) スムースハンドジェラート ボタニカルスイート 18g

SEABREEZE(シーブリーズ) スムースハンドジェラート ボタニカルスイート 18g

  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 すべての商品通してひっさびさに買ったシーブリーズ。しかもハンドクリーム(?)

 

私は毎晩寝る時にはハンドクリームを塗って寝ることにしてるんですが、乾燥が気になる冬なら忘れないのに、そこまで乾燥の気にならない夏はよく忘れる&めんどくさくて塗らないことがあります。それはいかん、でもただでさえ暑い&暑いのが苦手なのに、ベタベタするハンドクリームを塗りたくないということで、ハンドクリームなのにさらさらするといううたい文句に惹かれ、こちらを購入しました。さらさらに関して私はシーブリーズには全面の信頼を置いている(眼力)

 

なんだろう、缶に入っている感じはクリームほど柔らかくはないんだけど、少し力を入れれば途端に溶ける。不思議(シンプル) で、肌に馴染ませれば本当にべたつかずにスーッと馴染む。「え?私今、ハンドクリーム塗った??」みたいな。

あと、これは好みになりますが私の選んだ「ボタニカルスイート」の香りが大勝利。めちゃくちゃ癒される香り。

 

保湿は乾燥する冬には物足りないかもしれないけど、夏にはこれくらいでいいのでは?という程度には保湿されます。極度の乾燥肌とか荒れているとかでなければ、夏はこれくらいで十分だと思います。

シーブリーズにはどうしても制汗剤のイメージしかなかったので、ハンドクリームには半信半疑みたいなところありましたが、その期待をいい意味で裏切ってくれました。

 

 

 

 

MANDOM(マンダム) チアコ ボディスクラブ フローラルシャボン 200g

MANDOM(マンダム) チアコ ボディスクラブ フローラルシャボン 200g

  • 発売日: 2020/02/17
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

  

エステニー ソルティスクラブ 350g

エステニー ソルティスクラブ 350g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 しばらくボディスクラブはLUSHのものを使ってきましたが、一通り制覇しましたので、ひとまずLUSHを離れることになりました。そしてこちらの2つを購入しました(報告)

 

マンダムのチアコは、最初こそ少し硬めのテクスチャー。私はお風呂場において保管していましたが、その湿気でいい感じに柔らかくなってた(ズボラの勝利)

スクラブ感は決して痛くはないんだけど、細かいスクラブがしっかりある。痛くはないけど、ざらざら感が強い。

内容量は200gということで二の腕、肘、膝、お尻、かかとに使うと割とすぐに使い切ってしまう感があります。

あと、これは絶対にお伝えしてきたいのが、めちゃくちゃ香りが強い。「フローラルシャボン」の香りが良い香り、私にハマった香りなので私は特に気になりませんでしたが、いち髪のトリートメントの次に来るくらい香りが強い(あくまでもいち髪はトップ)

 

 

ソルティスクラブのほうは、スクラブであると同時に泡立つ代物でもあります。泡立つスクラブは私史上初めて(ワクワク) 

使ってみると、「泡立つスクラブ」の名に遜色なく、めちゃくちゃ泡立つ。これで体が普通に洗えるのでは?と思うくらいに普通に泡立つ。でも「塩」スクラブということで、スクラブが結構しっかりある。マンダムのチアコが「ざらざら」なら、これは「じゃりじゃり」という感じ。粗塩使ってます!みたいな(?)(粗塩をよく知らない) なので体は洗えない。たぶん痛い。

一応「フレッシュシトラス」なる香りがついているみたいですが、ほぼわからない、香らない。「これ、ほんとに匂いついてる??」みたいな。

 

チアコもソルティスクラブも、スクラブした後にその部分の肌が滑らかになっている手触りがあるので、スクラブとしての実力は申し分ないと思います。

 

 

 

f:id:pushushu:20200910175922j:plain

イニスフリーのネッククリームを使い切った今、その後継として使っている、マヌカハニーのネッククリーム。ピーリングジェルと同じ会社のものです。

 

イニスフリーのものはこっくり感が強かったけれども、これは水分が多くて柔らかく、伸びが良い感じ。クリームというよりはジェルな感じ。イニスフリー以上に伸びがいいので、割と少量で大丈夫。肌に馴染むのに少し時間がかかる感じがしているので、ネックに塗る→余ったジェルを手に伸ばす→その手を洗う、という場合は少し時間を置くことをおススメします(ほぼ私へのアドバイス) 

そして1個当たりイニスフリーの3倍以上の量が入っているので、しばらく私はネッククリーム難民にはならない(安堵) ハニーと銘打ちながら謎に?桃の香りが良くて癒されます。

 

 

 

f:id:pushushu:20200910181420j:plain

LUSHとかLUSHじゃないとか関係なく、初めて買ってみたフットマスク。これを足がむくんでいるとか疲れている日にふくらはぎからつま先にかけて塗りたくり、少し放置したのちにマッサージしながら洗い流すとハイスッキリという代物です。

 

まず、匂いがすごい。癖がすごく強くて、お世辞にもいい香りとは言えない。ハマる人にはハマる匂いなのかもしれないけど、これがハマる人はいるのか…?とも思う。これはジンジャーっぽいかな?とも思いましたが、成分をみる限りジンジャーは入っていないみたいなので、それでいくとパパイヤなのか…?パパイヤを食べたことも見たこともないから何とも言えないけど…。

 

足に塗った感想はめちゃくちゃスース―する。成分のメントールがマジで本気出しましたってくらいにスースーする。疲れてる足、むくんでる足にはこれくらいスースーしてるほうが気持ちいいけれど、それでもびっくりするくらい?スースーする。

一応、使い方としてはパックを塗って放置している間に乾かないように足にラップを巻くと効果的みたいなことが書かれているんですけど、私はめんどくさいのでしていません。そうするとミータイムとかイニスフリーのクレイマスクのように 「幼稚園の頃、泥

団子を作っていて知らず知らずのうちに腕についていた泥が乾いた」ってなります。ここまでくると既視感がすごくて笑えてくる(?)

 

いざ流そうとすると、結構しっかりパックが乾いていればいるほど、なかなかしぶといです。ちょっとやそっとじゃ流れない。もちろん水をしっかりなじませて、時間をかければ落ちます。

こういう癖の強い商品に出会えるのも、LUSHの楽しみの1つだな、と再確認した商品でした。

 

 

 

 去年の夏から気になってて、でも少し割高な感じがして手の出せなかったコパトーン。今回、何の一時の気の迷いなのか?(失礼)、この「キラキラ肌」と「細見せ」というやつを買いました。

 

肌に伸ばした感じ、「キラキラ肌」の名に恥じぬように?、めちゃくちゃキラキラする。まぁ今のご時世、キラキラする日焼け止めとか珍しくもないですが、キラキラ大好き芸人としてはめちゃくちゃテンション上がる。ちなみに「細見せ」でも十分キラキラします。

 

 

特にいい香りがするわけではないんですが、その分、最近の日焼け止めによくある香り付きのものが苦手な人には重宝すると思います。 

肌に塗った感じも、時間が経って汗をかいても水がかかっても白浮きしない。小さいぶん、「コスパ悪くね…?」と思っていましたが、持ち運ぶには便利なので何事も一長一短であるということを改めて学びました(?)

 

 

 

 

f:id:pushushu:20200910183241j:plain

なんかよろしくない粉みたいになってますけども(なってない)、こちらはこの夏のLUSHの新商品、Dirtyのデオパウダーです。

使い方としてはシーブリーズと同じような感じで、汗をかいた肌にこの粉を擦り付ける(言い方)みたいな感じです。

 

今まで制汗剤はシーブリーズみたいに、液の中にパウダーが溶け込んでいるみたいなものしか使ってこなかったので、これで本当に制汗剤になるんかい?と疑ってかかってたところありますが、ちゃんとこれで制汗剤になってる。びっくり(失礼) シーブリーズのようなスースー感はないけれど、シーブリーズよりも肌がさらさらになっている感じがある。液ではないので、前にも悩んだドライシャンプー同様、粉が風で飛んで扱いづらいところはありますが、 

 それさえ目をつぶれば、ちゃんと汗をかいた肌がさらさらになるし、なんだかんだ言って私はDirtyの香りが好きだしで、かなり使える代物な気がします。

 

そして7月頭に購入してこの夏、汗をかくたびに結構使ってきたと思うけど、全然減らない。このペースで行けばあと10年くらいは使えるんじゃないかくらいには残ってる(そんなには残しておけない) ちなみに、私は「パパの足」を持っているので、フットパウダーとしては使っていませんでしたが、パパの足同様、これも靴下を履く前とか靴を履く前に、足の裏とか足の指の間に擦り付けてさらさらに保つ、という使い方もできるみたいです。 

 

 

 

 

 

 

なんか最近、ジャニオタ記事とコスメ記事をほぼ交互くらいの勢いで更新してて、なんだ?本来のジャニオタブログとしての初志を忘れてるんじゃないか??と自問自答、葛藤することも多いのですが(深刻に考えすぎ)、まぁやっぱり最終的には書いたものは公開しないともったいないし、ジャニオタブログという初志と同じくらいに、「自己満」も初志でありますので、その勢いのままに今回も公開したいと思います。

てか、私はよほど気に入った化粧品以外はリピートしないタチで、どのアイテムもしょっちゅう品が変わります。そして品が変わるたびにそれこそ自己満でほとんどのアイテムをレビューしているので、ある程度書いたら公開していかないと後が詰まる(本音)

 

あと、コスメ記事ということでこの国民総マスク時代(?)に常々考えていることなんですけど、日常的にメイクをする、コスメを買う皆さんは、リップアイテムってどうしてるんですか??私はマスクをすることがわかっている昨今、マスクにリップが付着することが嫌なので、もうしばらくリップを塗らない、アイメイク重視のメイクでお送りしています。でもこんな中でもリップアイテムの新作、限定は各コスメブランドから発表されるわけで、もちろんかわいいしミーハー心も相俟って欲しくなる。でも手持ちのリップですら使ってない今なのに、新作なんか日の目を見るのがいつかわかりゃしない。

ということで、今年に入ってリップアイテムはほとんど買っていない。でも欲しい。でも買ったところで使うところがない。もったいない。だから現状は買っていない。でも欲しい。この堂々巡り。コロナが収束してマスクしなくてよくなったらすべて解決するのに…。ジャニーズ現場がないのも、メイクを思い切りできないのも、すべてコロナのせいじゃん…(コロナ滅)

 

 

とりあえず、LUSHのハロウィンとクリスマスの限定商品を心待ちにしながらしばらく生きていきたいと思います(典型的なミーハー)

 

 

My Favorite Things

この記事のタイトルは最近ネトフリで久々に観た「坂道のアポロン」の影響です!めちゃくちゃエモい映画です!観たことある人もない人もぜひ観て!

ちなみに元ネタ(という言い方が正しいのか)の「風と共に去りぬ」はいまだに観たことがありません!観ます!!!


「坂道のアポロン」予告編


My Favorite Things - Julie Andrews

 

 

 

 

私は、ジャニーズが好きだ。

ジャニーズの何が好きかって、色々あるけど、まず第1はその美しい顔だろうよ。それはきっとほとんどのジャニオタが多かれ少なかれうなづくと思う。

 

そして、ただでさえ美しいそのお顔に、さらに着飾るための装飾品を身に付けられると、さらに好きになる。ちょろい。

ということで(?)、以下は私が好きな、ジャニーズな彼らに身につけてほしい装飾品の数々です。めちゃくちゃ偉そうなこと言ってるのは百以上も承知なんですが、億が一私に推してほしいっていうジャニーズメンバーがいたら(デビュー、ジュニア問わず)、以下のような装飾品を身につけてもらえたら、十中八九推すと思う(とんでもない上から目線)

 

 

 

 

・女優帽

私は、ジャニーズが身につける女優帽が好きだ。

ちなみに私の中の女優帽とはこういうやつです。

f:id:pushushu:20200822162318j:plain

もう少しつばの部分が広くてもいい(地味なこだわり)

 

なんだろう、私の中では帽子は難易度の高いファッションアイテムだと思ってる節があります。自分の容姿に一定の自信がないととてもとても身につけられないものみたいな。でも身につけてみたいというあこがれも同時にある。

一応(?)ただ指くわえてみてるだけ、あこがれてるだけの状態は脱し、麦わら素材の女優帽(=カンカン帽?)は入手しているんですが、なにせそもそも被るタイミングがない(帽子で日よけするくらいなら日傘のほうが安心)+やっぱりまだ私には帽子を日常で使いこなすほどの自信がないという状況で、まともに使いこなせてはいません(意味ない)

f:id:pushushu:20200822163147j:plain

本当はこうなれたらいいという願望があるんだけれども、それと同時にこうなれない現実も分かってはいる(身の程をわきまえてはいる)

 

 

そしてこういう女優帽をかぶるのは、ジャニーズの各グループには何人もいないっていうか、何人もいらない気がする。そもそもみんながみんな帽子をかぶっているだけでもビジュアルがごちゃごちゃするのに、しかもなかなか難易度の高い女優帽なんて余計に訳が分からなくなる。私のあくまでも個人的な意見ですが、女優帽担当になるのはそのグループの中でもビジュアル担当とか王子様キャラ担当、セクシー担当のようなイメージ。嵐でいうと松本潤先生(わかりやすい)

 

 

 

・チョーカー

私は、ジャニーズが身につけるチョーカーが好きだ。

 

そもそも私自身、チョーカーというファッションアイテムに興味があり、しかも持ってもいるんだけど、女優帽同様、自分の容姿に一定の自信がないと身につけられなさそうな、ハードル高めのものだとも思っているので、なかなか日常的に身につけるまでには至っていない。

 

そして私自身がチョーカーというファッションアイテムを知ったのが、女性ファッション誌だったので、チョーカーというファッションアイテム=女性のものというイメージがあったんですけど、最近(でもないのかもしれないけど、私の認識の中では最近)ジャニーズメンバーがさらっと衣裳の中でチョーカーを身につけるようになってびっくらこいている。まぁでも彼らくらい(?)容姿があればそりゃチョーカーを身につけても何の違和感もないさ。

私、チョーカーを身につける人には、男女問わずに小悪魔感?妖艶さ?を感じるんですよね。それはたぶん、私の「チョーカーなんて身につける人は、自分の容姿にそれなりの自信があるに違いない」という認識から来ている。あと、チョーカーをファッションに取り入れる時の服装って、チョーカーが映えるように大体Vネックとかスクエアネックみたいに首元胸元が大きく空いている服の時だと思うんですけど、その大きく空いている胸元が、一旦チョーカーで分断されることにより、チョーカーから下、服より上の首元胸元が何か背徳的な魅力を帯びるようにも思う(気持ちが悪い発言)

 f:id:pushushu:20200825163001j:plain

そう言えば、さっきのばっさー(本田翼氏)の写真も図らずもチョーカーしてたし、逆三角形できてたわ(夢のコラボ)

 

私が「ジャニーズが身につけるチョーカー」というものを強く意識したのが、このHey!Say!JUMPの山田涼介先生で↓


「Johnny's World Happy LIVE with YOU」 2020.3.30(月)16時~配信【山下智久/Hey! Say! JUMP/Kis-My-Ft2/Travis Japan】

その美しいお顔とチョーカーの親和性の高さ、あとチョーカーとVネックの間の少しの三角形に、

「あぁ…ジャニーズにはチョーカーがもはや必須といってもいいのかもしれない…」と、急に手のひらを返しまくりな認識をしたことを覚えている。あと、何の衣裳なのかはよくわからないけど、Snow Man阿部亮平先生が身につけるチョーカーと、それによって生まれる逆三角形も最高。

 

 

 

・ピアス(特にフープピアスが好み)

私は、ジャニーズが身につけるピアス(特にフープピアス)が好きだ。

 

私はピアスに関しては、女優帽やチョーカーほどの難易度の高さは感じていなくて、現に私自身ピアスの穴を開けているし、外に出る時は何かしらのピアスをします。

で(?)、私が女性だからなのかなんなのか、どうしてもピアスやイヤリングは女性がつけるものみたいなイメージがあって、男性でピアスを開けていてつけている人=ファッションにこだわりがある人みたいなイメージなんですよね、男性でそこまでするってこと(ピアスの穴を開けるほど)はそれなりにおしゃれに興味、こだわりがあるんだろうみたいな。

で(??)、ジャニーズはそこそこピアスの穴開けてる人多いですよね?え?多いよ…ね…?しかも、若ければ若いほど多いし、若い頃に開けてつけていた人は、歳を重ねるにつれてピアスを卒業するイメージ。この確固たる例が、ジュニア時代「悪のカリスマ」として名をはせ、今ではスーツ姿がジャニーズ1お似合いといっても過言ではない、嵐の櫻井翔大先生です。彼は耳に穴を開けていたどころか、へそピまで開けていました。チャラい(個人の感想)

 

で、そのジャニーズたちがつけるピアスには大きく分けて2種類あると思っていて、それが私の推すフープと、それ以外です(雑) まぁ私の中で「それ以外=クロムハーツ的なクロス」でもある。

私、クロムハーツ=お高いブランドというイメージしかないんですけど、ジュニアというかジャニーズって多かれ少なかれ、ピアスなのかネックレスなのか指輪なのか、大体1回はクロムハーツ通りません??え?偏見かな??とりあえずSixTONESジェシー氏が動物園のサルにクロムハーツのネックレスを自慢している動画はコチラをご覧ください(大体6分あたりくらい)↓


SixTONES - Kanazawa Travel Vol.1

 

そして私、自分で自分のことは棚に上げますが、ピアスをしている男の人=チャラいというイメージがあります。これ女性には思わないし、なんてったって自分では自分の事をチャラいとかみじんも思わないのに自分はピアスをほぼ毎日つけているというね。

で、私は中身はどうか知らないけど(急になげやり)、ピアスをしていてとりあえず外見チャラく見える男の人、嫌いじゃないです(偉そう) 特にフープピアスをしている人は、ちょうど良く(?)チャラくて好きです。

ちなみに私自身は、小さいフープピアスをするとチャラくみられそうだし(ジャニーズのそれは好きなのに)、しかもピアスは大きいものをつけてなんぼだと思っているので今まで避けてきたんですけど、最近、小さめフープピアスのシンプルなかわいさ、大人っぽさに目覚め、ついに小さめフープピアスに手を出しましたーー!これで私もチャラい系ジャニーズの仲間入りー!(解釈が飛躍)

 

 

 

・短髪

私は基本的に、ジャニーズの短髪が好きだ。

これに関してはもうこのブログで百億回くらい言ってる。それくらい短い髪が好き。そして私自身ももうずっと短い髪でお送りしてる(いらない情報) 

 

まぁ最近は短髪とは言えない髪の長さでも好きなジャニーズもいるんですけど、それでも基本的には髪が短いほうが好きです。

わかりやすく言えばこういう感じ↓

綺麗な髪の人のイラスト(男性)

(わかりやすい…?)

 

 

しかもめちゃくちゃ偉そうなことを言わせてもらうと、髪が長くてもおろしてる分には全然いいんですけど、髪を結ぶくらいの長さになるともう切ってほしい。なんなら私が切ってあげたくなる(危ない)

仕事で髪を伸ばさないといけないなんてことはあると思うし、そういう時は存分に伸ばしてください、どうぞ役作りなりしてくださいって思うんですけど、特にそういうのなく、髪を伸ばしたいジャニーズってどういう気持ちなんだろうか?別に全然いいんだけど、私がしばらく髪を伸ばしたいと思ってないからこその疑問。あれかな、短い髪に飽きると伸ばしたくなるみたいなやつなのかな??

 

担当の嵐でいうと、特に大野先生や二宮先生はジャニーズでありながらそこまで自分の容姿に興味がないらしく、「髪は一定程度伸びてうっとうしくなったら切る」という、なんとも生理現象的なターンで切ってるので、その髪が伸びてるターンを目にすると「うん!もう!切ろう!」ってずっとテレビの前で言ってる。ちなみに嵐に関係なく、髪の長さが気になるジャニーズを見かけたらもれなくテレビの前で「うん!もうね!切ろうね!切ったらもっとかっこよくなると思うよ!!」って声かけてる。The余計なお世話(自覚アリ)

 

 

 

・白ソックス

私は、ジャニーズが白ソックスを履いているのが好きだ。

ちなみに私自身も、もっぱら靴下は白以外履いていない(いらない情報)  

 

小学生の頃は、黒のハイソックス以外履かなかったし、白いソックスなんかダサいの極みとしか思ってなかったのに、小学校卒業から10年経った今はもう白ソックスしか履いてないって、10年前の私が知ったらもうたまげるだろうな…。

これは私が実際に白ソックスを日常から愛用してるが故の個人的感想なんですけど、白ソックスってめちゃくちゃ清潔感ありません?その代わりにめちゃくちゃ汚れやすいけど(清潔感の代償)

 ちなみに私の求める白ソックスの丈感としては、自分が履くものも人に履いてほしいものもこんな感じです↓

f:id:pushushu:20200825231011j:plain

 

 

私の中でジャニーズの白ソックス担当(?)といえば、Snow Man目黒蓮氏です。彼は私がわかりやすく好きな白ソックスの履き方をするお方で、白ソックスを履いていることがわかるように、パンツの丈が短め。あと、私はあまり女性で白ソックスを愛用する人を自分以外に知らないんですが(なんかそのことに今気づいて急に不安になってきた)、男性で白ソックスを愛用している人は意外と多いような気がしていて、しかもそういう人はなんとなく白ソックスを履いているんではなくて、あえておしゃれとして白ソックスを履いているイメージ。こだわりがあって白ソックスを選んでいるみたいな。 

 

 

 

 

・ローファー、ローテクスニーカー

私は、ジャニーズがローファー、ローテクスニーカーを履いているのが好きだ。

そしてこれは、白ソックスと合わせられることが前提の話だ。

 つまりこういうことだ↓

f:id:pushushu:20200825231046j:plain

 

 

私は自分が白ソックスを履くのも、人がおしゃれとして白ソックスを履いているのを見るのも好きなので、どうせ白ソックスを履くのなら履かれるのなら、白ソックスが見えたほうがいい。だから、自然と(?)靴は白ソックスが見えるようなローファーとかローテクスニーカーとかを好む。

ちなみに私自身もローファーが好きです。ローテクスニーカーは種類が多すぎていまいち絞り切れず、あまり持っていません(修行中の身)

 

そしてこの格好をしているジャニーズとしてやっぱり私が1番に頭に浮かんだのも、先ほどに引き続き、Snow Man目黒蓮氏。ほかには、いつまでたっても年齢を感じない、絶対彼は時を止めてると各方面で話題のV6三宅健氏。彼の時空のゆがみっぷりは絶対におかしい(ほめてる) 彼らは私の知る限り、人前に出る時や私服で大体白ソックス+ローファー、ローテクスニーカーを採用している気がする。好き(シンプル)

そんな私の好みを知ってか知らずか(知ってるわけない)、私の好みに相反するようにジャニーズはスニーカーといえば、大体ハイカットスニーカーを好む気がする。しかも若ければ若いほど、派手な色、派手なデザインのハイカットスニーカーを履いている気がする(私見) 私はハイカットスニーカーは、スタイルの良い人、足の長い人じゃないととても履きこなせない代物だと思っているので、なかなか自分では履かないんですが、なぜあんなにジャニーズはスニーカーといえばハイカットスニーカーを好むのか…?私の中ではコンバースのハイカットスニーカー以外許せないのだが(偉そう)、なぜあんなにごついデザインのハイカットスニーカーを好むのか…?年頃の男子からみたらあれがかっこいいの極みなのかな…?

 

 

 

・ハーフパンツ

私は、ジャニーズがハーフパンツを履いているのが好きだ。

 

私自身もハーフパンツというファッションアイテムが好きなんですけど、あれは足の長い、スタイルの良い人にしか履きこなせないものだとも思っているので、なかなか手出しができない。一応、持ってはいるものの、自分のスタイルに自信がないので、宝の持ち腐れ状態になっている。

ちなみに私の思い描くハーフパンツは、ハーフパンツといいつつ中途半端な丈のものではなく膝上、でもホットパンツ、ショートパンツとまでも行かない丈が良い(細かい)

f:id:pushushu:20200825191828j:plain

これで白ソックス×ローファー、ローテクスニーカーならば、もう何も言うことはない(完)

 

私がジャニーズ×ハーフパンツでパッと思いつくのが、嵐の二宮和也先生。彼は特に夏場になると、VS嵐において4週に3回くらいのかなりのハイペースでハーフパンツを履かされているような気がする。もしかしたら夏とか関係なく、彼はハーフパンツを履かされているかもしれない(言い方) もはや私の中では彼がハーフパンツを履かずにVS嵐に参加していることに違和感を感じるくらいになってきてもいる(重度) 二宮氏は決して背が高いほうではないし、スタイルも抜群に良い!というわけではないと思うけど、彼の場合は、ハーフパンツを履くことによって彼の童顔、少年ぽさが際立つような気がして推せる(37歳)

あと、昨年の舞台「カノトイハナサガモノラ」で観た、井ノ原快彦氏のハーフパンツ姿もなかなか良かった…。スタイルの良い人が履いてくれるハーフパンツほど、ハーフパンツの履き方として正解なものはないよね…。

 

 

 

 ・指輪

私は、ジャニーズが指輪をしているのが好きだ。

 

私自身は、大体ネイルをしている人間なので指輪をつけるのは、たまたまネイルオフしていて手元が寂しいなという時くらいです(聞かれていない) 指輪してると、日焼け止め塗ったりハンドクリーム塗ったりする時にいちいち外すのがめんどくさいからさ…(さらに聞かれていない)

ネイルをするジャニーズは、私の知る限りSixTONESの田中樹氏くらいなので、その他のほとんどのジャニーズはネイルをしていないことになります(私見) そうなると彼らの手元のおしゃれアイテムは、指輪かブレスレットか時計かということになると思います。そのファッションアイテムの中から選べば、私は圧倒的に指輪が好きです。

 

指輪は指輪でも少しゴツめのやつが好き↓

f:id:pushushu:20200826004516j:plain

これはゴツめでくくっていいのかな…?まぁ私の中でこれは華奢な指輪ではない認識なので、ゴツめな指輪にくくります(雑) これは女性ものだけど、こういう感じの指輪をジャニーズにつけてほしい。てかこれなら私がつけたい(?)

 

ここまで行くとちょっと厳しい(偉そう)↓f:id:pushushu:20200826004802j:plain

なので、一時の松本潤大先生の指輪はちょっと私的に厳しいです(偉そう)

 

ジャニーズがおしゃれで指輪をつけてるのは大好物なんだけど、ちょっと華奢めな指輪が左手の薬指とか意味深な指にはまってると、私を含めジャニオタは途端に、

「(えっ…???その指輪はどういう意味なの??君、既婚者だったっけ??仮に既婚者でもジャニーズで結婚指輪をつけるのはなかなかリスキーなことというかめんどくさいことになりそうな気がするんだけど…。ザワザワ…)」

となるので、そんないらない波紋を呼ぶくらいなら、明らかにファッション目的でつけてますよという指輪をつけてほしい。あと、これは完全に私の好みなんだけど、1個だけとかよりは何個か重ねつけしたり、同じ手に複数個つけてほしい。ジャニオタ心理はめんどくさくてゴメンな…(謝罪)

 

 

 

 

 

ということで、以上が今のところ、私が「(とりあえず外見は)これをやられたら軽率に好きって言っちゃうよ」というMy Favorite Thingsです。

できるだけ自分の事を客観視してみると、

短髪+白ソックス+ハーフパンツ+ローファー、ローテクスニーカーで一見好青年風なんだけど、そこに

(フープ)ピアス+チョーカー+女優帽+指輪(別に全部一度に身に付けなくてもいいけど)という、なかなか自分の容姿に自信がないと身に付けられないだろうという小物をプラスしてくるという、

好青年+(自分の容姿の良さを十分に理解している)チャラさのハイブリッドが好きなんですね。なんだかすごい上から目線でおこがましいことを言うてますけども(自覚はある)

そういうジャニーズ、ジュニアがいたら、ぜひご一報ください!もれなく確認しに行き、軽率に好きになると思うので!(フットワーク軽い)

てか、私は来世ジャニーズジュニアになり、デビューを果たしてバリバリに売れまくる予定なので、来世でこのようなファッションをします!もし今回の私のMy Favorite Thingsっぽい恰好をしているジャニーズジュニアを来世で見かけたら!それはおそらく私です!!!(来世の話)

 

 

 

もし、今回の私のMy Favorite Thingsに対して、「いや、私はこういうのが好きだし、絶対にカッコいいに決まってる!」という異論、反論、ご意見ございましたら、

 十分に受け付ける、話し合おう(そこまでこの記事に興味ある人いるのか)

こんなにネイルカラー買い足しちゃったりして

 pushushu-love-like.hatenablog.com

pushushu-love-like.hatenablog.com

pushushu-love-like.hatenablog.com

 

 

夏だ!サンダルだ!!ペディキュアだ!!!

ということで、もうお盆も過ぎたのに何を今から夏が始まるみたいなこと言うてんねんという至極ごもっともなご指摘は百も承知ですが、もう書いてしまったものは書いてしまったので、もったいないのでいつものごとく勢いで公開します(勝手にせい)

いつもはいわゆる化粧品をメインに、勝手気ままに自由気ままにレビューしていますが、ここ最近はマジで狂ったようにネイルカラーを買っていて、どれくらい私が狂っていたかというと、もう買い物のために外に出ればもれなく何かしらのネイルカラーを連れて帰っていたくらいの頻度。別にネイルカラーを買いに外に出たわけではなくて、普通に食料品を買いに行ったのに、ちょっとドラッグストアによればいつの間にかネイルカラーをもってレジに並んでる私、みたいな感じ。自分でも思う、結構狂っていた。

 

私は夏とかサンダルとか関係なく、基本年中ネイルをしているような人間なので、

「夏だ!サンダルだ!!ペディキュアだ!!!」とかはさして関係ないんですけど、夏はいつもサンダルを履いている時に必ず履く靴下さえも履きたくなくなるほどめちゃくそに暑い。マジで最近の夏は殺人的に暑い。きっと皆さんも毎日素足でサンダルという人が多いんじゃないでしょうかね。

素足でサンダルを履くと、いつもは靴下に隠れていて家の中でしか見られないペディキュアが見れて、少しテンションが上がる。なのでやっぱり、夏の暑さで死にかけている自分のテンションを少しでも自分であげるために、かわいいペディキュアは大事。

 

 

ちなみに私、

「青をはじめとする寒色系」「ラメ、ホログラムが入っているもの」「期間限定もの」

に弱い、すぐ飛びつくという習性があります(何の情報)

 

 

 

 

ケイト ネイルエナメルカラーN BU-2 ネイルカラー

ケイト ネイルエナメルカラーN BU-2 ネイルカラー

  • 発売日: 2018/07/21
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 たぶん初めてKATEのネイル買った。やっぱり私は、何本似たような青色のキラキラを持っていても、新しいものを買ってしまう(別に反省はしていない)

 

このあとに書く、ネイルホリックのBL922と、ボトル越しの色はめちゃくちゃ似てるんですけど、でもネイルホリックBL922よりはだいぶ薄づき、水色っぽい色。特に夏に塗りたくなる色ですね(今)

 

あと、これはネイルボトル自体の話なんですが、KATEのネイルは持ち手が長いし、縦に細長いですよね。それがどこか、高級感すら感じさせる。

 

 

 

NAIL HOLIC(ネイルホリック) ネイルホリック マニキュア BL922 5mL

NAIL HOLIC(ネイルホリック) ネイルホリック マニキュア BL922 5mL

  • 発売日: 2020/02/16
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 すぐ上のKATEのBU-2と、ボトル越しの色は同じような感じなんですけど、こっちのほうがだいぶ青が濃い。結構青。青が濃いからなのか、まじまじとみたらキラキラが入ってんなってわかるけど、遠目にみたらマジで濃い青色のネイルにしか見えない。足の指に塗ったらマジでシンプルな青色ネイルにしか見えない。

 

これは私の好み?なのかもしれないですけど、この色に限らず濃い色のネイルを手のほうに塗るとなかなかどぎつい印象になると思うので、足のほうに塗ったほうが賢明?かもしれません。でもまじまじとなかなか見れない足のほうに塗ると、やっぱりキラキラがわかりにくくなるので、手には塗りにくい色だけど足に塗るには少しもどかしいという何とも扱いの難しい色です(?)

 

 

 

 夢みたいな色をしている(?)

 

私はキラキラが好きとは言え、大粒ラメ、ホログラムのネイルは落とすのが超絶めんどくさいので、普段は塗らない&買わないんですが、今回のこのレインドロップスはその私のポリシーを揺るがすほどのかわいさ&限定色だったので、久々に大粒ホログラムのネイルをお迎えしてしまいました…。

 

そして買ってすぐに手のネイルに塗っているんですが、マジではかなげ、夢みたいな色をしている。最高にかわいい。

ツイッターで見たけど、誰かがこのネイルはあじさいみたい」と表現していて、「あ、それか」と思った。あじさいを指先にまとえるとか最高。季節をマジで肌で感じられる(もう8月だけど)

 

しかも、現実的に言って(?)、ベースの色が淡いので少々下手に塗っても目立たない。不器用&めんどくさがりには地味にうれしいポイント、マジで。大粒ホログラムのネイルは、爪全体にきれいにラメを乗せようと思ったら、それだけ厚塗りになり、よれやすく乾きにくくなるので、そこまできれいにホログラムをまんべんなく乗せようと思わないことがポイントだと思います。

 

 

 

 これ、「サンセットグロウ」とかいう名前から、私はオレンジみのあるネイルカラーかなと思ってたんですけど、これ実はピンク色のネイルです(素直な感想)

 

私は以上のネイルカラーのラインナップからも、冒頭の突然のネイルの好みの自己紹介からもお分かりのように、寒色系が好きなので、暖色系のネイルカラーはどことなく苦手なんですね。アイシャドウとか服とかはそうじゃないけど、指先に例えばピンク色があると、なぜか無性に恥ずかしくなる。

 

なので、普段も青系を中心に寒色系のネイルカラーしか買わないんですけど、今回も今回で「限定」という魔法の2文字につられ、こちらの「サンセットグロウ」を買いました。しかも、このネイルはボトル越しでみるとオレンジっぽく見えたので、暖色系ネイルカラーが苦手な私でも、ピンクよりはチャレンジしやすいのも、購入を迷う背中を押してくれました。

 

で、いざ手元に迎え、それでも手の爪というしょっちゅう目に入るところに塗るのはやはり恥ずかしかったので(自分でも何が、誰に対して恥ずかしいのかはいまいちわかっていない)、デビュー戦は足の爪に塗ってみました。

 

そして塗ってみた結果が、冒頭に戻ります。

これはオレンジ色ではない。ピンク色である(断言)

 

私の主観の中で正確に言えば、ピンクみの強いオレンジという感じですかね。そして別に思い入れがあるわけでもないのに、その「サンセットグロウ」という名前につられているのか、海でみる夕日って感じする。ネーミングって偉大だな…。

 

あと、色以外でいえば全面にゴールドの細かいラメがびっちりなので、そのゴールドの反射もあいまって、光の当たり方によってはベージュゴールド的にもみえる。あと、これを陽の光のもとにさらすと、めちゃめちゃゴールドラメが目立つ。すんげぇ明るいネイル。

 

ハァ…、意識的に暖色系ネイルカラーは避けてきたのに、「キャンメイクはおれをうらぎらない」というキャンメイクブランドに対する漠然とした信頼と、「限定」という魔法すぎる2文字に踊らされ(言い方)、久々に暖色系ネイルカラーを買いましたよ、という話でした(まとめ方が雑)

 

 

 

これはこれ↓と同じ動機で買いました。 

 私はキウイが好きなんです(?)

食べるのも見るのも好きなんです。なのでこういう色をみると、手に取らずにはいられませんでした。だから買いました(完)

 

このネイルホリックは、フローズンシュガーというシリーズで、そのシリーズはちょっとほかのネイルホリックよりも価格設定高めです。ほんのちょっとだけど。

 

で、私は前にも言ったことある気がするんですけど、パステルカラーが苦手なんですね。どうにも女の子感が強すぎて、服でもネイルでもなんだか途端に恥ずかしくなる。

なので、こういうネイルカラーも本当は得意ではないんですけど、それよりも私のキウイへの愛が勝りました。最近はキウイブラザーズのCMが長尺で放送されるようになったからホントに眼福だよ…(結構キウイに入れ込んでいる)

f:id:pushushu:20200720125357j:plain


ゼスプリ キウイ TVCM 2020「好きなことを楽しみながら」篇 60秒 歌詞付き

 

 

で、肝心の爪に塗ってみた感想なんですけど、結構黄緑が強くはないです。まぁフローズンシュガーなるラメ?も入っているので、そこまで色が強く主張してこない。なので、私のような淡い色が苦手勢はニガテかもしれないけど、逆に普段は淡い色が好きで黄緑とかはあんまり…って人には、色がそこまで主張しない分チャレンジしやすいと思う。あと、「黄緑」っていうくらいなので、若干黄色みもあります。

 

 

 

 

 お!お!あ!た!り!最高!

 

本当は下記のドリーミングバブルだけ買うつもりだったんですけど、買いに行った先で思わずこいつのかわいさにやられ、まるで吸い寄せられるかのように買ってきました、こちらのスパークルシー。

 

塗ってみると、ボトルからわかるようにゴールド系なんですけど、液がゴールドというよりはラメ自体にゴールド、ブロンズな色味がついていて全体的にゴールドに見えるという感じです。透明みのある液でラメをつないでるって感じ。

ゴールド系のラメネイルって、ほかにも結構持ってるんですけど、その先輩ゴールドネイルを色々差し置いて結構かわいい。衝撃。

しかも「ワンシーズンで使い切れる」がパラドゥネイルのコンセプトらしく、4ml入りなのがコンパクトでかわいい。でも確かにすぐに使い切ってしまいそうで、少し不安。まだ私はこのかわいさを堪能したいし、このかわいさとともにこの夏を乗り切りたい。

 

いや~、その場で出会って、値段的にもお手頃だったし衝動買いしたみたいなもんだったけど、これはいい買い物だったな~。夏の限定色ってのが惜しくて、定番色にしてほしい気もするけど、限定色だからこそ楽しい、欲しくなるって感じもあるからな~(結局何が言いたいのか)

 

 

 

 私、爪に海のきらめきをまといました(?)

 

私、なんでかわからないんですけど、夏に出る期間限定もののネイル、夏向けのネイルはどうにも透明感のある色って思ってる節があるんですけど、これは意外や意外にも、私の予想を裏切ったこっくりな水色。

 

そして、「ドリーミングバブル」という名にふさわしく、細かいラメがキラキラ光に反射して、なんか私、爪に海の泡のきらめきまとってんのかとすら思いましたよね(暑さで頭がやられている)

しばらく行けないけど、なんかこのネイルを爪にまとって、ディズニーシーに行ってアリエル付近ではしゃぎまくりたい気分です(海のきらめき=アリエル、人魚姫という安直な結びつけ)

 

 

 

初めて「pa」のネイル買いました(いらない報告)

 

ボトル越しに見ると、結構な印象が強いです。

いや、確かに塗ってみても緑なんですけど、緑よりみは黄緑みが強いです。私の中では手の爪に塗るのをためらうようなビビットで発色の良いカラー。資料写真かってくらいきれいなアマガエルを思いだすような、きれいな黄緑色です。夏に塗りたくなる色してる(主観)

 

あと、ボトルをまじまじと見れば、チラチラとラメ的なものが入っているのがわかるんですけど、いざ塗ってみると、その発色の良さに紛れてあまりラメ感は分からない。光の加減によってはラメ感がわかるかな?って感じです。

 

 

 

ハイ、また青色のネイルカラー買いました。ハイまたやりました。

なんでだろうね、毎回思うけど、青色でラメ、ホログラムの入ってるネイルカラーを目にすると、もはや買わずにはいられないくらいになっている。病気のレベル。

 

私、毎回ネイルカラーは2回塗ってしっかり発色させるタイプなんですけど、このネイルカラーは2回しっかり塗りすると結構な青色になります。「ひっさびさに手の爪に青色とか塗るか~(普段青色ネイルを塗るのはもっぱら足のほう)」とか思って手の爪に塗ると、やっぱりしっかり発色しちゃう青色ネイルカラーはどぎつい印象になるなと再確認。夏なので許すことにする(?)

 

このネイルカラーは青色の液の中にこれまた青色(水色)のラメが入ってるって感じなんですけど、ラメが細かすぎてほぼラメで爪が覆われてるくらいの感じもある。ネイルの液はラメとラメをつなぐものみたいな。それくらいラメがびっちり。

でも決してけばけばしい印象ではない。ネイルの色自体も、ここまで散々青色とか言ってきましたけど、明るめの紺に見えなくもない(どっち)

 

 

 

ひっさびさに買った紫色のネイルカラー。私、寒色系が好きとか言っておきながら、なぜか紫色には昔からなんとなくの苦手意識があるのであまり進んでは買わないんですけど、これはなぜか目が合った瞬間に「買わなきゃ(連れて帰らなきゃ)」みたいな、ほぼ即決で買った。

 

ボトル越しに見ると「THE紫」って感じだけど、いざ爪に塗ってみると、そこまで紫強くない。むしろジェルネイルなのか?くらいの透明感もあるので、いつものように2回しっかり塗りしてもライラック?ラベンダー?みたいなはかなげな印象になる。はかなげさで言えば、キャンメイクのN40レインドロップスくらいのはかなさある。(はかなさの基準がレインドロップス)

 

中に入ってるラメ?ホログラム?も紫色なので、ネイルの世界観?統一感が邪魔されない。ほぼ勢いで買ったみたいなところあるけど、勢いの割にはいい買い物した(満足)

 

 

 

 

上記の青とほぼ見た目は一緒、でも一応これは「シロップネイル」というくくりらしい。これを頼りに、この2種類のpaネイルの青を使い分けようと思う(心もとない)

 

私、シロップネイルって、=ジェルネイル風ってことなのかなと思ってたんですけど、もしその解釈であってるのならば、あんまりジェルネイルって感じはしないです。色が濃いのでそこまで透明感もないし。色味的には青い液の中にこれまた青みのあるラメ?ホログラム?が入ってる。青色の中に青色のラメなので、ぱっと見はそこまでラメは分かりにくいけど、光の当たりぐあいによってラメが光って、ラメの存在がわかる、そしてかわいい(結局)

 

 

もう数えきれないほど青色のキラキラネイル持ってるけど、青色の絶妙な違いだったり、ラメの色の違い、大きさの違いで無限に楽しめちゃうから、「…これたぶん似たような色のやつ持ってんな…」と思いながらも、やっぱり買うのは塗るのはやめらんねぇなぁ!(もはや条件反射) もう私、足の爪に青色ネイルを塗ると、なぜか安心するレベルにまでなってきました(重症)

 

 

 

キャンメイク カラフルネイルズN20 ゴールデンビジュー 8ml

キャンメイク カラフルネイルズN20 ゴールデンビジュー 8ml

  • 発売日: 2018/10/10
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 最高。勢いで買ったみたいなところあるけど、買ってよかった。

 

爪にゴールド色を乗せるというよりは、マジで細かいゴールドラメでびっちり爪を覆うって感じ。一応「ゴールデン」とかは言ってるけど、見方によってはホワイトにもシルバーにも見えなくはない(何色)

 

ここまでにも何回か言っているように、私はビビットな発色のネイルが好きなくせして、そういうどぎつい色を手の爪にもってくるのをためらうという何ともめんどくさい、自分でもわけのわからない性分なんですが、これは手の爪にも足の爪にも塗りたくなるやつ。

めちゃくちゃ細かいラメがびっちりなので、決して地味ではないんだけど、色味はほぼないので、そこまでどぎつい印象もない。でもラメがものすごい主張を放ってはいるので、顔と距離の遠い足の爪に塗っても、確かな存在感を放つと思う。結構私の中でこれから使えそうな、稀有な存在のネイルカラー(偉そう)

 

この夏に買った、パラドゥのスパークルシーも、ゴールド系、ブロンズ系のラメが入っているネイルカラーなんですけど、 

 スパークルシーのほうがラメのゴールドみ、ブロンズみが強い。ゴールデンビジューよりは、少し大人しめな印象も受ける。私はどっちも好きです(真顔)

 

 

 

 

 

 

 

いや~~!シーズン問わずネイルカラーは買ってるけど、特にこの夏はマジでアホのように買ったな~~!夏の暑さに耐えかねて靴下すら履きたくなくなり、ほぼ毎日素足でサンダルっていうのに自分を甘やかして、ペディキュアという免罪符のもとに買ったみたいなところあるな~~!別に後悔はしてないけど~~!(笑顔)

 

もうコスメ界隈は秋の足音がしていなくもないですが!(早) まだまだ現実の世界はあっつくてあつくてかなわなく、まだまだサンダルが大活躍すると思いますので、夏のペディキュアのお供に、この駄記事、拙記事をぜひお役立ていただければ!

 

 

今度はどこのブランドの何色のネイル買おっかな~!(永遠に言ってる)

 

Dreams come true…?/人生の3分の1は睡眠/気力の限界/寝る子は育つ

みなさんは、寝ている時に夢をみる頻度は多いですか??

私は割と多いほうだと思います。

起きて内容をたいして覚えていなくても、「夢をみたこと」だけはなんとなく覚えていて、その記憶が正しければ2~3日に1回はみているんじゃないかなと思います。

 

そしてこの記事は、私が見た夢の中でも、ジャニーズ関連のものをまとめました。

本来はこの1年かけて、みたジャニーズ関連の夢をまとめ、1年の終わり、12月終わりごろに公開したいなと思っていました。

しかし私が、起きた直後は夢の内容をある程度覚えていても、そこから二度寝してしまったり、少し時間が経ってしまったりすると、途端に夢の内容を忘れてしまうという、自分を責める(大げさ)経験を何度もしてきました。

 

つまり、先ほどお話ししたように、

「ジャニーズ関連の夢をみたような気がすること」は覚えていても、

肝心の「どんな夢をみたかということ」を覚えていない

という経験を何度もしました。

逡巡した結果、「この記事を12月まで続けるのは無理だろう」と判断し、1年の半ばも半ばのこの時期ではありますが、半ばヤケクソ、半ば自分の寝起きの悪さへの諦めによって公開することにいたしました。

私の夢はなんてお花畑なんだと、ご笑納いただければ幸いです。

 

 

 

ということで!以下は私は2020年1月から8月に至るまでにみた、ジャニーズが登場した夢の数々です!寝ている時でも自担及びジャニーズに会えるとか、夢って最高だな★(急にポジティブ)

あと、夢=自分の無意識下に起きていることであるので、現実に絶対にありえないシチュエーションなのも楽しい。

でもネックなのが、私が冒頭で懺悔のごとく述べたように、二度寝してしまったり少し時間が経ってしまうと途端に儚く記憶から抹消されてしまうこと…。私の夢にジャニーズがタダで出てきてくれる代わりに、私の記憶に長くとどまってもくれないのね…。

 

 

 

 

2月下旬~3月中頃のいつか(記憶がざっくり過ぎる)

ジャンプの山田涼介氏と、私の2020年4月からの新生活地である新潟で、軽い逃避行。

ジャンプはライブツアー新潟公演のために新潟に来ており、そこに参戦した私と山田氏がなんやかんやの運命的な出会いをし(雑)、ライブ終演後に山田氏がちょっと高級そうなホテルをとり、そこに来るように私を促す。

一度は何を思ったのか、山田氏が私の手を取り、新潟市内をふたりで駆け抜けて(ジャンプファンもいる中)、電車に乗ってそのホテルに向かおうとするも、電車に乗る直前に私がビビり、その気持ちを汲んでくれた山田氏が1人で電車に乗り、私にとっての1人で後から来るように促す。

私も覚悟を決め、まんざらでもない感じでそのホテルに向かうも、そのホテルに到着する前に目を覚ます(後悔でしかない)

→なぜこのような夢を観たのかわからない(結論)

実際にこの夢を観た時期には、大学時代を過ごした福岡から新潟に進学のために転居することは決まっていたものの、新潟で初現場となる(はずだった)ライブはジャニーズWESTであり(結局コロナウイルスの影響により延期)、新潟とジャンプとの因果関係が(私の中で)見つからない。

そして私のジャンプの中での担当が山田氏であることは事実であるものの、まさか夢の中とは言え、このような大胆不敵で、もし現実で起こっていたら数多の山田担に刺されてもおかしくないような夢を観た、自分の欲望の深さ、そして素直さに驚く(夢なのでオールオッケー)

ちなみにホテルに到着する前に夢から覚めてしまったのが悔しすぎて、すぐに二度寝してその夢の続くを観ようとするも、二度寝はできても夢の続きは観られなかった記憶(悔)

 

 

(多分)3/30

私が女優で、「SUITS season2」に出演。

そして実際に「SUITS season2」に出演する新木優子×中島裕翔のカップリングが実際に(※夢の中)付き合っていて、そして私もなぜか同じく出演者の伊野尾氏(※※夢の中)と付き合っている。

私は伊野尾氏とうまくいっているので明らかに浮かれポンチな感じで撮影現場に向かったところ、新木×中島カップルがガチで別れの危機に瀕していた。しかし、なにせ私は浮かれポンチなので、その空気を察するもめっちゃ明るい感じで「どうしたん??」とか聞いてしまう。

さすがのテキトー王子、伊野尾氏もやばいと感じ、私をたしなめる。

 →その日、寝る直前に、(その時点で)もうすぐ始まる新月9ドラマ「SUITS season2」が楽しみすぎ、さらに中島裕翔×新木優子カップリングが楽しみすぎて(個人的趣向)、彼らが恋人役で共演した映画僕らのごはんは明日で待ってるの予告編をYouTubeで観たことが関係していると思われる。

ちなみになぜ私が夢の中で女優として、その心待ちにしているドラマ「SUITS season2」に出演し、加えて伊野尾氏も出演し、さらに私と伊野尾氏がガチで付き合っている設定になっていたのかはまるでわからない。 


映画『僕らのごはんは明日で待ってる』予告編

 

 

 

4/2

HiHi Jetsの猪狩蒼弥くんが、なぜか私の地元の後輩(しかも高校も一緒)だった。

私が高校の生徒会長的な立場で、地元の電車沿線延長計画に反対している活動を、手紙をくれてめっちゃ後押ししてくれた。

→そもそもなぜこの日の夢に、HiHi Jetsの猪狩くんが出てきたのかわからない。なんなら寝る直前までジャンプの動画を観ていたので、出てくるならばジャンプメンバーが妥当なところだと思うが、なぜ猪狩くんなのかがわからない。HiHi Jetsのメンバーであったとしても、推しである井上瑞稀くんや髙橋優斗くんではなく、なぜ猪狩くんだったのかわからない。ちなみに猪狩くんに何の不満もない(強調) 私の脳内がHiHi Jetsというチョイスをしたことだけはマジで謎だが、HiHi Jetsメンバーの中でも猪狩くんに人間的なインテリジェンスを感じているので、そのメンバーチョイスになったのかもしれない…?(あくまでも私見

そして夢の内容についても、なぜ私が地元の電車の沿線延長計画に反対していたのかがわからない。私の地元は誰がどう見ても田舎であり、完全なる車社会なので、電車の沿線が延長すれば、まだ車を持てない学生や車を持たない住民にとってプラスにしかならないし、思い出せる限り夢の内容を思い出してみても、特に反対するような理由はなかったのに、なぜ反対していたのかわからない。

そしてそんな活動をしている私に、なぜ猪狩くんが励ましの手紙をくれたのかもわからない。ちなみに手紙の内容を思い出すかぎり、特にラブに発展する内容ではなかった気がする(死亡)

 

 

 

4/17

美少年のメンバーとともに、YouTube動画のような企画をしている。

以前あった企画で、一人のメンバーがスマホ通話越しに残りのメンバーにお手本ダンスの振り付けを教え、それが果たして正確に伝わるのか?というやつをやっていた。


美 少年【ダンス伝言ゲーム】音声通話だけで伝えて!

ちなみに夢の中でやった企画は、この動画よりも遥かに難しくて、絶対通話では伝えられんだろというレベルだった。

私はその企画にメンバーの一人として参加するというよりは、めっちゃ最前列で美少年メンバーがわちゃわちゃ楽しそうにしてるのを見ているというただの役得だったけど、最後の最後で何故か急に、金指くんと入れ替わって美少年とともにダンスをして、案の定間違えて他のメンバーから総攻撃をくらっていた。

→これは完全に寝る直前にみた、美少年のYouTubeのダンス企画のせい(言い方)

私は美少年に限らず、常日頃からジャニーズになりたいという願望を持っているので(?)、寝る前に美少年の動画を観たことが関係して夢に出てきたのだと思われる。

ちなみに私は美少年は満遍なく推しているので、なぜ金指くんに入れ替わったのかはわからない。強いて言うならば、最年少でミステリアスな彼のこと、気になってはいる(偉そう)

 

 

 

4/25 

私がなぜか、どこぞの小学校で教育実習をしていて、私が割り振られたクラスの担任が美少年の藤井直樹くんだった。しかも少し意地悪な感じの指導教諭で、その藤井指導教諭と児童に私がめちゃくちゃに振り回されていた。

→マジでこれもわからない。

寝る直前に特に美少年の動画を観たとかではないし、特に藤井直樹くんに思いを馳せたという覚えもない。

実際私は大学時代に教育実習に行き、教員免許を取得したわけですが、小学校の免許は持っていないし、なので小学校に教育実習にも行っていない。

そしてこれは夢なので、登場人物の設定などにケチをつけていけないことはお約束であるけれども、なぜ私よりも年下で大学を出ていない、教員免許を持っていない藤井くんに私は指導されているのか…?(いや別にいいけども) しかもなぜ彼は少しいじわるな感じだったのか…?私がYouTubeで観る限りの彼は、特に意地悪という感じもないのに、なぜ私に「ぷしゅしゅさん、これ出来るよね?よろしくね??(うざい表情で)」という風に接してきたのか…?

 

 

4/29

私が小学校の卒業式に参加(卒業生として=小学生)(???)していて、その式の中で私たち(?)卒業生が生まれた頃とか小学校に入学した頃の時事ネタを集めたスライドショー的なものが流される。私は全く見向きもしておらず、なぜかマイパソコンを卒業式に持ち込み(?)、ネットサーフィン的なことをしていた(とんだ悪ガキ) 

そして肝心のスライドショーでは、「あの頃流行った特撮ヒーロー」的なものが流れており、その主題歌がKAT-TUNの「Real Face」だった。そして出演者テロップに「嵐」と「森本慎太郎SixTONES)」の表記がある。

それをチラ見しながらもネットサーフィンをしていた私は、あるあるの

「周りにばれないようにネットサーフィンしてたのに、開いたページの広告かなんかで突如音楽流れだして周りの注目を集める」

やつをやってしまい、冷静に周りの卒業生=同級生から注意を受ける。

→この日の夢、ツッコミどころが多くね…?

いや多すぎなんだけど…?まぁ夢なんてものはツッコミどころが多いことを、もはやツッコんではいけないのかもしれないけど…。

そもそもなぜ私は小学校の卒業式に、卒業生として参加している???卒業式関連の出来事は最近ないし、あるとしたら(この時点で)約1か月前の大学の卒業式だから、せめて大学生にしてくれよ…。小学生とか何年前の記憶だよ…。

そしてなぜ、久しく会っていない、小学校の時の同級生が私の夢に出演した…?あれか?寝る前にふと何の気なしに、「LINEのアイコンだけで、地元の友達の近況を探るゲーム」をしたのが原因か…?(寂)

そして最大の謎は、なぜKAT-TUNの伝説とも言えるデビュー曲「Real Face」が、特撮ヒーローアニメの主題歌なんだ…?そんな事実あるか、いやないだろ…?てかリアルな私の生まれ年としても、小学校入学時にしても、KAT-TUNのデビューとは時期が違うんだが…?特撮ヒーローアニメの主題歌で、亀梨氏の伝家の宝刀である舌打ち入ってたらまずいだろ…。

更に、特撮ヒーローアニメの出演者テロップに、なぜ「嵐」と「森本慎太郎SixTONES)」の文字が…?「嵐」ってことは、5人全員での出演…?何役…?伝説のヒーロー役とか…?もしくは雑魚役?一般人役…?何役かだけでも教えて…。

加えて、KAT-TUNのデビュー時期=2006年に、現SixTONES森本慎太郎氏が、すでにジャニーズに入所してたかどうかは怪しいところだし(詳しくない)、仮に2006年にすでに彼がジャニーズだったとして、その頃には確実にSixTONESは存在していないから、「森本慎太郎SixTONES)」の表記はおかしいだろ…?もしかしたら私の中では、森本慎太郎SixTONESとしてインプットされているからか…?入所当時の彼はまず、スノープリンス合唱団だろうよ…。

 

 

 

5/28

二度寝の最中に(?)、私主演、嵐の二宮氏共演のラブストーリー的夢を観る。 

私が夜中、新潟の1人暮らしの部屋で寝ているところに、突如自分の体の上に明らかに人と思しき重み?影?があることを感じる。私は「(…誰!?ど、どどどど泥棒!?ここで大声とか出したら殺されるやつじゃねぇか…?でもこのままじっとしていて殺されるのも嫌だ…!)」とかなんとか心の中で葛藤を繰り広げている間に、その泥棒(仮)がどんどん私の方に近づいてくるので、いよいよ「(こ、殺される…!)」と人生に対して覚悟を決めた次の瞬間、その泥棒(仮)は私が付き合っている(急)嵐の二宮氏であることが判明、一気に安堵し、人生をあきらめなくてよくなったことに胸をなでおろす。

私の彼氏である(設定)二宮氏は、日本のどこか(広)であった嵐としてのロケ仕事のあとに、その移動に使ったヘリを、番組スタッフに無理を言って動かしてもらい、わざわざ新潟に住む彼女(設定)(強調)である私のところに会いに来てくれたという感じであった。ちなみに二宮氏が私の部屋に来た時には外は土砂降りだったらしく、二宮氏ももちろんずぶぬれ、玄関にはたぶんほとんど役目を発揮できなかったであろう、壊れかけのビニール傘がぽつねんと置かれていた。

なんせ二宮氏は国民的アイドルであるので、こんな地方に住む一大学院生である私との交際を公に出来るわけはなく、本当にたまーに、私が東京に行った時に会うくらい以外は、マジでLINEとか電話のみのやり取りだったので、めちゃくちゃビビったけども、彼氏がこうして私のところに来てくれたのはめちゃくちゃうれしかった。

そして二宮氏の存在を確認したのち、2人で抱き合って寝たのだけれど(夢)、突如引っ付いているはずの二宮氏の脳内から電話が鳴っている音がして私がビビり、そして二宮氏も同じことを思ったらしく、2人して「…ふふっ(訳:やっぱりこんなところでも仕事の電話は来るんだねという諦めに似た笑い)」と、お互いの顔を暗い中で見つめあい、私はベッドから起き、二宮氏は電話に出る。

そして私が、二宮氏が持ってきた壊れかけの傘を片付けていると、電話が終わっていた二宮氏は相当お疲れだったのか、ベッドで1人寝ていて、それをみた私が愛おしげに頭をなでる。

→…生々しすぎる。

例によって、特に前の晩の寝る直前に嵐の動画を貪り観たわけでもないのに、嵐、しかも二宮氏単独で夢に出てきたのかが分からない。なんなら寝る直前にはセクゾの「イノセントデイズ」の特典DVDを狂ったように繰り返し観ていたので、セクゾが出てくる方が自然である(自然とは)

そして、なぜ特別推しでもない二宮氏と、ここまで生々しいラブストーリーな夢を繰り広げることになったのかがわからない。もちろん私は嵐が1番の推しだけど、特に二宮氏を推しているわけではなく、「嵐」が好き。

しかも、彼は昨年秋に議論?を巻き起こしたように、すでに既婚者である。夢とはいえ、一大学院生の私と国民的アイドルである二宮氏との、公にできない恋だなんて、私にそんな大それた願望、深層心理があったのか…と自分でも驚きを禁じ得ない。なんだか性癖をさらしたようで猛烈に恥ずかしい(ブログに書いておきながら)

 

…断言しておきます、私は確かに(夢の中で)二宮氏とともに寝ましたが。

それ以上でもそれ以下でもありませんからぁ!!以上!!!

 

 

 

6/19 

嵐とHey!Say!JUMPが、同時に夢に出てくる。

といっても、共演(?)しているわけではなく、ジャンプは、謎に知念氏がひたすら山田氏に「かまってかまって」とどこかの部屋の中で追いかけっこをかましていて(通常運転かもしれない)、それに山田氏は付き合ってあげつつ、有岡氏があきれ顔で知念氏をたしなめているというシーンの延々ループ。

 

嵐に至っては、「嵐にしやがれ」的なテレビ番組の一幕で、二宮氏がコーナーMCをしていて、松本氏が何かの妖怪?の被り物をひたすらしていた。ちなみに妖怪の名前は「光坂下(青坂下だったかも)光司」。櫻井氏がこれまたひたすら、松本氏の着ぐるみから着ぐるみへの着替えを手伝っていて、二宮氏はそれを楽しそうにみているだけだった。

この嵐とHey!Say!JUMPの各シーンの延々ループで夢が構成されていた。

→このような夢を観た原因はおそらくはっきりしている。その日寝る前に、その日(木曜日)に放送されていた「VS嵐」の録画を繰り返し見て、寝る前にひたすらにやついていた(怖)のと、Hey!Say!JUMPに関しては、またしてもその日に配信されていた「Johnny's World Happy LIVE With YOU」をこれまたニヤつきながら観ていたため(恐怖)だと思われる。

それにしてもなぜ嵐から櫻井、松本、二宮の三氏、Hey!Say!JUMPからは山田、知念、有岡の三氏の出演だったのかは腑に落ちない。Hey!Say!JUMPでは山田・知念からなる通称(?)「やまちね」を私が推しているので、山田・知念の出演と、たぶん私の深層心理で「やまちねには有岡」と思うところがあったのか、有岡氏の出演になったのだと思う。まだこれは分からなくもない(わからない) 

 

しかし、嵐に関しては、先述のように私は完全に箱推しのつもりである。なので、なぜ5人いるメンバーのうち、3人のみの出演だったのかはマジでわからない。あれか?もしかしたらちゃんと実は5人いたけど、大野・相葉の天然組はただにこにこと、松本氏が番組及び二宮氏に遊ばれているのを観ているだけだったから、私の記憶に残らなかったということなのか…?

 

…久々にみたジャニーズの夢がこんなに不可解なものでいいのかよ…

 

 

 

 7/17 

私と、King&Princeの平野紫耀くんが、何故かラブラブ新婚さん?同棲カップル?みたいな設定。

しかもお互い大学生?大学院生?なのか寮的なところに住んでる。寮的なところに住みながらいちゃいちゃ同棲生活という、私的に(夢の中とはいえ)結構ハードルの高い設定。

しかも、きっと正気の私(起きていて意識のある私)だったら、平野くんに限らず、ジャニーズ(というか好みの人)にはもごもご話してしまってそこまで強く振舞えないのに、夢の中では平野くんに嫌われることを恐れず、堂々と物申していた。

あと、目覚める直前くらいで、私と平野くんの愛の巣(言い方)に、私の友達(夢の中の設定であり、現実にはまったく架空の子)が突撃してきた。

→これはもう毎度毎度言っていることだけど、なぜここで平野くんが私の夢に出てきたのかわからない。寝る前に彼の出ている番組等を観た記憶もなければ、特に夢に出てくるほど強く彼のことを考えていたわけでもない。

 

そして…、マジでティアラに殴られないかだけ心配なんだけど、なぜ私がおこがましくも平野くんとラブラブ同棲生活してんの…?大学生?大学院生?っていう設定なのは、私自身が今大学院生だからだと思うけど、でもなぜ平野くんまで…?

しかも、私は今までの学生生活において寮に入ったことがないんですけど、なぜ寮に住んでいる設定で、しかも寮で同棲生活とかしちゃってんの…?私的に、寮で同棲生活的なことするのって、結構ハードル高いよ…?(ちなみに寮じゃなくてもハードルは高い)

 

そして寮設定なのに、風呂は私と平野くんがそれぞれ使えるように1部屋に2つあったし(ユニットバスだけど)、しかも私は万が一実際に平野くんと付き合うようなことがあっても、嫌われたくないあまりにただ付き従うだけの対応になってしまうと思うんですけど、いやぁ…夢の中の私はやけに大胆でしたねぇ…(言い方) 実際はどうか知らんけど、ホラー系映画は観たくないという平野くんを無視して、「ジョーズ」とかのモンスターパニック系映画を、部屋に1台しかないテレビでひたすら流していた(ちなみに私はリアルにモンスターパニック系映画は大好き)(いらない情報)

 

 

 

 

以上が私が、目覚めてすぐにこの記事に残したジャニーズ関連の夢です。どうでしょう、なんてお花畑で、なんて摩訶不思議、なんて切ない夢の数々ですか(笑うところ)

 

実際には、これ以上にジャニーズ関連の夢をみたことだけは覚えていて、例えば

「場所は定かじゃないけど、嵐が国立ライブ的なことをしていた(涙)

MJ(松本氏)が泣くまいと必死に笑顔を作りながら叫ぶように歌っていた。」

「5月半ばに嵐総出演の夢を観た気がするが、なにせ「嵐総出演」ということしか覚えていなくて、夢の内容をすっかり忘れている。悔しい。一応の執念で、全推し(?)である「嵐の総出演」ということだけは覚えている」

とかいうことだけはこの記事に書き留めていたんですけど、何せもうこの夢のことは覚えていないので、どういう夢だったのかを書くことはできない。無念。痛恨の極み。気力・体力の限界(重)

 

 

いや~、たぶん今日も何かしらのジャニーズ関連の夢をみたような気がしてるんですけど、案の定二度寝したので(学生)、「夢をみたこと」は覚えていても、「どんな夢だったのか」を全く覚えていない。

この記事を公開するにあたり、何よりも誰よりも、今年初めてジャニーズ関連の夢(山田氏との逃避行)をみた時に、

「よし!今年1年、ジャニーズ関連の夢をみたら、それを逐一まとめて記事にしよう!」と思い立った、過去の自分に深くお詫びします…。未来のあなたは、二度寝の気持ちよさに負けてこの記事を完走できなかったよ…。

 

 

 

 

とりあえず私、「寝る子は(いろんな意味で)育つ!」を信念に(?)、これからもジャニーズ関連の夢を時たまみながら(私の意志ではないけど)、すくすくと育っていこうと思います(もう22歳)

私はこれを「現場」と呼ぼう

突如降ってわいた、4月以来のおれらの(?)「Johnny's World Happy LIVE With YOU」~~~!!!最高~~!フゥ~~~~~!(???)

 

もう全国のジャニオタはこの1週間、強く強く生きられたに違いない。

だってとりあえずこの1週間までは生きなきゃ、この久々の現場(?)にいけないし、しかも現場が終わっても、過去にない最速のスピードで円盤(?)を繰り返し観られる(1週間限定だけど) せめてアーカイブ配信が終わる現場終了一週間後まではとりあえず生きられる。

…ホントにジャニーズはジャニオタを強くしてくれるわ…(感謝)

 

 

ということで(?)、ジャニーズ事務所への感謝の念があふれて止まらなくて、いつも以上に意味の分からん前置きになりましたが(これもいつものこと)、私が今回の「Johnny's World Happy LIVE With YOU」に参戦して、過去の自分がこの記事を読み返して楽しめることを第一に、ただただその時抱いた感情を書きなぐっていきたいと思います。

 

 

 

・V奇跡のお兄さん6

トップバッターが今年デビュー25周年のV6お兄さん…。本人たちは自虐的に「奇跡のおじさん」とか「(主にキンプリファンに向けて)今日はみんなが生まれる前の曲もいっぱいやるからね!(満面の笑み)」とか言ってますけど、いや十分若いし、十分かっこいいやん…。私は「V奇跡のおじさん6」じゃなくて、マジメに「V奇跡のお兄さん6(=普通)(?)」だとも思ってるよ…? 今年、無事にアニバーサリーツアーはできるのかな…。

という、ジャニオタはもちろん、ジャニオタ以上にV6本人が不安に思っているであろう(でもプロなので顔には1ミリも出さない)(当たり前)ことが、私は少なくとも配信を観ている最中、何度も頭によぎりましたが、それを吹き飛ばす(?)くらいの最高のセトリ…。

 

もちろん定番中の定番曲、V6が特別好きじゃなくても多くの人が知っているであろう、「Darling」、「HONEY BEAT」あたりも良かったんですが、MC明けからそれは突如やってきた…。

Belive Your Smile→愛のMelodyの流れとか、私得(?)過ぎて、頭が吹っ飛ぶかと思った(?)

曲は全くもって違うんですが、このあたりに放送されていた、若き日の松本潤先生の美しき不良姿が拝める「ごくせん 第1シリーズ」の主題歌「Feel your breeze」を聞いたくらいのなつかしさのある「Belive Your Smile」(?)、そして「愛のMelody」で、「まるで少女のような あどけないそのほほえみ」とかV6に言われたら、私はもう謙遜でもなんでもなく少女と呼ばれるような歳でもないんですが、この瞬間だけは心持だけでも全力で少女になりに行くよね(?) もうこの曲たちの良さを改めてかみしめてからというもの、avex公式様のPV音源で狂ったように無限ループで聞く毎日だよね…。


V6 / CHANGE THE WORLD(YouTube Ver.)


V6 / 愛のMelody(YouTube Ver.)


V6 / Feel your breeze(YouTube Ver.)


V6 / TAKE ME HIGHER(YouTube Ver.)


V6 / Darling(YouTube Ver.)


V6 / HONEY BEAT(YouTube Ver.)


V6 / グッデイ!!(YouTube Ver.)


V6 / ありがとうのうた(YouTube Ver.)


V6 / Believe Your Smile(YouTube Ver.)


V6 / 大人Guyz(YouTube Ver.)


V6 / ある日願いが叶ったんだ(YouTube Ver.)


V6 / スピリット(YouTube Ver.)


V6 / 本気がいっぱい(YouTube Ver.)


V6 / Swing!(YouTube Ver.)


V6 / 太陽と月のこどもたち(YouTube Ver.)

 ゴメ…、公式動画が貼れる喜びに、後半とかただ私の好きな曲、聴いてほしい曲を並べただけになった…。お暇ある人、お暇ない人もぜひ聞いて…。

 

 

そしてこれがまた、ぬるっと始まるMCがいいんだな…。普段、V6のバラエティ番組とかコンサートのMCとか見ない人にも、いかにあの、日本を代表する名俳優・岡田准一が、ひとたび本職・V6の一員に戻ると、途端に末っ子・オカダに戻るのかがお分かりいただけたんじゃないだろうか…(最高)

V6に限らず、ほぼ全ジャニーズタレントにとって久しぶりだったステージ上での歌唱。オカダがMCでほかのメンバーに、「ねぇ、あの火(演出)どうだった?(※彼は久々にステージで火を使った演出をしたから、火を間近で感じてめちゃくちゃ熱かったね。ということを言いたい)(ニュアンス)」と聞いたところ、おふざけ番長・井ノ原組長に

「何?あれ、お前が(火を)出したの??(ニュアンス)」

とか返された時は最高でしたね。んなわけねーだろーが!(ほめてる)(?)

 

 

そして、今年25周年を記念して、コンサートで披露する気満々だったであろう、新曲であり初披露であった「Full circle」、めちゃくちゃにかっこよかった…。決して派手な曲、目立つ曲ではないかもしれないけど、アイドルとして酸いも甘いも噛み分けた、むしろ噛み分けすぎてきた(?)、今のV6だからこそ歌えるオトナの曲じゃん…。こんなん、絶対コンサート会場で聞くしかねぇだろ…(懇願)

 

 

あと、まぁこれは今更私ごときが言うほどのことではないんですが、

健ちゃん、あいかわらず若い、きれい、かわいい。以上。

 

 

 

 

・岸くんにどうにも目が行く私

私は特にこの時点では、キンプリが好きというわけではなく、おこがましいながらも推しを挙げるならば、おそらく一般受けの良い?平野紫耀先生か、永瀬廉御大かなと思っていました。

しかし…、その気持ちは今も変わらないのに、なぜか平野先生や永瀬御大と同じくらいに岸くんに目が行くんですよね…(?)

岸担に殺されそうなので誤解を全力で解きますけど、岸くんが嫌いとかいうことは毛頭なく、ただ私はキンプリの中で推しを挙げるならば平野か永瀬、ほかのメンバーももちろんかっこいいとは思うけど、キンプリの中で目が行くのはこの2人かなと思っていました。

しかし…(デジャブ)、やっぱりどうしたってそこまで推しじゃないはずの岸くんに目が行くんだよね…、自分でもなぜかわからないよ…(頭抱える)

ちなみにこれは、この記事でもつらつらと述べたことでもあります↓ 

pushushu-love-like.hatenablog.com 

↑この記事では、私はジャニーズとかジャニーズじゃないとか、男性とか女性とか関係なく短髪が好きだよ、ちなみに私自身もたぶん人生の半分をショートカットで過ごしてきた人間だよ(いらない情報)、だけど、なぜか岸くんは私の中では珍しいジャニーズ、つまり長髪のほうがビジュよくね?と感じるジャニーズだよ、という話をしました。

 

今回私は思った、もちろん岸くんの長髪はかわいいけど、私は長髪とか短髪とか関係なく、言葉を選ばずに言えば「もさい岸くん」が好きなのだと。

「もさい姿」のほうが好きとか、逆に(?)にすごくないですか?(?) そのほうが本当に(本当とは)その人のことを好きな気がする。人間として岸くんが好きな気がする(じゃあほかのジャニーズを人間として好きではないのかと聞かれたらそうではないけど)

 

え…、私は平野先生や永瀬御大じゃなかったのかよ…。岸くんに失礼だけど、ここまで岸くんに目が行くとか、しかももさい岸くんが好きかもしれない自分に気づくとか想定してなかったんですけど…(いい意味で頭抱える)

 

たぶん私が「岸くんが人間的に好き」となったのは、「Love Paradox」の歌唱中にいきなり

「今から、僕たちから皆様にファンサを差し上げたいt、差し上げたいと思いまーす!」(噛みまくり)

って言いだして、ほかのメンバーも若干困惑している中(もしあれで事前に打ち合わせ済みだったならば、ほかのメンバーは岸くんの噛みっぷりに引いてたんだと思う)

ジャニーズコンサートで定番のファンサ、

「バーン!」「チュッ♡」「見えてるよー!」「頭ポンポンポンポン(噛み)」

ってやりだした時だと思います。

 

仮に私がほかのキンプリメンバーだったならば(?)、私は共感性羞恥を強く感じる人間なので、岸くんの噛みっぷりを自分の事のように感じて、ただ観ているだけの本来の私(?)よりも同じ空間をダイレクトに共有しているだけに、余計に恥ずかしくなっただろうな…。でも岸くんの勢いにつられて、キンプリメンバーがそれぞれ、ちゃんと私だけ(メンバーはもれなくカメラ目線なので、誰が何といおうと私に対してのファンサ)にファンサしてくれたので、岸くんによって感じさせられた共感性羞恥についてもなかったことにしてあげます…(偉そう) 欲を言えば、ファンサをしているシーン、音頭を取っている岸くんとその真横にいた髙橋くんをカメラで抜くのは分かるんですけど、その対岸にいた3人も映してほしかったな…。声だけで、対岸の3人もちゃんと岸くんにつられてファンサしてくれたのは分かったからね…。でも髙橋くんの、岸くんについていくのに気を取られてて、まるで息をするかの如く自然な流れで投げキスとかバーンとやってるのが最高にシュールで良かったです。やっぱり普段から、自分にファンという存在がいてその存在に対して愛を形にして振りまいている人(回りくどい言い方)は違うなぁ…。私が仮にそういう立場、雰囲気になったとしても(どういう雰囲気)、あんなふうに、頭では違うこと考えてるのに手が勝手にファンサするみたいにはなれないって…(それが普通) 

 

 

ここでようやく岸くんの話は終わりなんですけど(長)、King&Princeがその名に違わず、KINGとPrinceに分かれてパフォーマンスするとなり、じゃあまずはPrinceからとなった時、現在休養中の岩橋くんの分のマイクスタンドもきちんと置いてあったことだけでもう涙腺崩壊案件だから…(号泣) 特別キンプリのファンとかファンじゃないとか関係なく、ジャニオタはそういう絆見せられるのに弱いから…(ボロ泣き) しかも私が大好きな「Prince Princess」ここで歌ってくれるなんて思わないじゃん…。

(おそらく)永瀬くんが「じゃあね、ここからはKINGとPrinceに分かれて、パフォーマンスしていきましょうかね。まずはPrinceのみなさん、よろしくお願いしますよ(ニュアンス)」って言った瞬間、私は全力で画面の前で

「(Prince Princess来い Prince Princess来い Prince Princess来い)」

って願ってたわけだけど、その願いが通じた時の私の喜びようがわかりますか??(まだ泣いてる) 1人暮らしで良かった、実家にいたら瞬間的な叫びに「うるさい!」って母からも妹ズからも言われてたこと間違いないもん…(1人暮らしの利点の1つ)

 

これ、内緒だよ(?) 誰にもマジでオフレコでお願いしたいんだけど(?)、このライブかっこよすぎて、ついに初めてキンプリのCD買っちゃったからね…。しかも「Mazy Night」と「Love Paradox」のどちらも収録されているという私得でしかない初回Aを買ったからね…。マジでオフレコでお願いしますよ、私自身、なんで買ったのか、ここまで自分がキンプリにやられるとは思ってなくて戸惑ってるみたいなところあるからそっとしといてね…(?)

 

 

 

 

・にのあいの忍者みたいな衣裳が好き

 まぁ嵐が最高なのはわかってたので、ここで特筆すべきこともないんですけど(雑)、このライブ?を後で自分で思い出してニヤニヤするために何か書き残しておくならば、Face Down」あたりから衣装チェンジした時の、にのあいの衣装が特に好きということです。

たぶんあの衣装は「untitled」のオープニングあたりで着ていて、めちゃくちゃ素直な感想を述べるならば、特ににのあいの衣装の、忍者みたいなデザインが好きです(?)

 

なんでだろう、にのあいは2人で一緒、セットでにのあいみたいなイメージがあることはお分かりいただけると思うんですけど(強引)、それにしてもあの衣装においては特ににのあいをにのあいとして扱わざるを得ない。

冷静に考えれば(ここまで冷静ではなかった)、すべての衣装においてグループで何かしらのテーマがあり、それぞれのメンバーの個性は出せども、どこかしら似ている部分、まとまっている部分があるはずなんですよね。

それを頭の真ん中にきちんと置いておいても、にのあいの衣装は調和が取れすぎている。やはり彼らはニコイチ、にのあいなんだよね…。

ちょっとここまでで、自分でも「にのあい」「にのあい」言い過ぎてよくわかんなくなってきたので筆をおきますね(反省)

 

 

上田竜也ばかり見ていた/MCグダグダ過ぎKAT-TUN(でもかわいい)/やっぱりあれをやるためだけにでもKAT-TUNライブ行きたい

今回のKAT-TUNではなぜでしょう(?)、上田氏ばかりを目で追っている自分がいました(?)

 

私は特にKATーTUNで誰が推しとかはないので、KAT-TUNを見るときは、結構まんべんなく公平に(?)見ているつもりなんですね。

でもなんでだろうね、今回は自分でも無意識的に、そして意識してびっくりするくらいに上田くんを目で追っていたような気がします。

あのトニセンの舞台を観に行った時に、井ノ原快彦氏に感じたのと似たような気持ちを今回感じている…。 

pushushu-love-like.hatenablog.com

 

あれかな?ここ近年、彼がうちの(?)櫻井先生ととても懇意にされているからかな?櫻井先生に何か身の危険が及んでも、きっと番犬(言い方)として彼がいるから大丈夫だろうみたいな、根拠のない信頼まで寄せるようになっているからかな?櫻井先生が後輩について何か語る時、ここ近年はKAT-TUN上田かSexy Zone菊池かの2択になるぐらいに食い込んでるもんね…。これからも櫻井氏を守ってね、よろしく…(私の立場)

 

 

あと、前回3月のライブの時には各グループ持ち時間が限られていたこともあり、歌唱、パフォーマンスメインだった気がしますが、今回は前回よりはまとまった時間があったので、MCの時間もありましたよね。

私、びっくりしたんですけど、KAT-TUNのライブMCってこんなにグダグダなの!?(褒めてる) 30代も半ばのイケメンおじさん3人が、もう久々に会ったからか?、もう話したいことがありすぎて、3人同時にしゃべっちゃってるタイミングが結構あんの。もちろん話題も渋滞。こんなん私の知ってるKAT-TUNじゃない…、おまえらかわいいじゃん…(頭抱える)

 

 

最後に、前回もこれは言いましたが、今回もやっぱり思ったこと。

「We are KAT-TUN」をやるためだけに、やっぱり私はKAT-TUNライブに行きたい。以上です。

 

 

 

佐藤勝利の顔面良すぎ問題(いつものこと)/「ぎゅっと」が超染みた

 ハッピーライブから1か月がすぎる今、セクゾの出番を思い返して思うことは、やはり佐藤勝利大先生は顔が良すぎるということです(いつものこと)

 

特に私が、佐藤勝利先生の顔面の良さを今回も再認識したのは、まさかの(?)ライブ本編ではなく、本編後に各グループがスマホで自撮りするターンでした。

スマホでの自撮り1つとっても、各グループ本当に個性が出ますよね…。V6や嵐あたりは明らかにスマホでの自撮りになれていなくて、不器用な感じが一周回ってかわいかったし、若いグループは当然のように(?)スマホでの自撮りに慣れている感満載で、なんか若さ、彼らがちゃんと遊んでいる(?)感をまざまざと見せつけられて、なんとも言えない気持ちになりました…。

 

そして、肝心のセクゾの自撮りターンですが、その瞬間、私は佐藤勝利先生の上目遣いの可愛さにめまいがして、一瞬誇張なしにマジで息が止まった感じがしました。ライブが終わってこっちは一息ついていたのに、こんな気を抜いてる時にそんなかわいい上目遣いをしてくんじゃないよ…(ほめてる)

 

 

あと、このライブの時、大学院関係のことで相も変わらず、めちゃくちゃ病んでたんですけど(それでもジャニーズ関連のことは意地でもこなす)その時に聴く「ぎゅっと」が超染みた…。え?菊池風磨氏は2017年の「ぎゅっと」発売の時には、2020年現在の私はこんなに病んでることを見越してたの…?(都合のよい解釈)って思うくらいには、めちゃくちゃ病んでいた心にしみました…。今でも大学院関係のことがもろもろ片付いた!大学院超楽しい!とは思えてないんですけど、そのたびにきっとセクゾが私のために(?)「ぎゅっと」を歌ってくれたら、きっとそれでオールOKだから…。あ、私がそのたびに「ぎゅっと」をCDなんかで聴けばいいのか…(当たり前)、盲点だったわ…(図々しい)

 

 

 

関ジャニ∞なりのエンターテインメント

そして、わかりきっていたことを何を今さら感は私にもあるが、それにしても関ジャニは今回も今回でいろんな意味で盛沢山だったな…(遠い目)

 

1曲目の「DO NA I」、私初めて聞いたんですけど、何あの曲ちょういいじゃん…(語彙力低下) 関ジャニお家芸の「切なおもろい」系の曲(私見、これ、これだよ私が関ジャニに求めていたものは…。なんだろうね、彼らが関西出身であること、そして笑いを全力で取りに行くグループであることは前々から知っていましたけれど、でもいつもいつも面白いだけじゃなくて、時たまこんな「全体的には面白いんだけど、どこか切ないというか、おもしろいだけでは済まない何かがあるやん…」みたいな曲を持ってこられると、こんな私みたいなちょろいジャニオタはすぐに召されてしまうんですよ…。ちなみに私の中での彼らの「切なおもろい」曲を挙げると、「関風ファイティング」と「イッツ マイ ソウル」が2大巨頭です。異論は受け付ける、語り合おう(真剣)

 

そして、曲の話をまとめてすると、最後に披露された「Re:Live」もちょうよかった…。これはおふざけ一切なし、でもこっちも全身全霊で聴かないといけないみたいな肩ひじ張る曲ではなくて、じんわりかみしめたいみたいな、このコロナウイルスによる自粛期間中も、関ジャニはファンのことを考えてくれてたんだな…ってことがめっちゃ外部の私にも伝わるような曲でした。関ジャニって普段、マジでいい歳してくだらないことしかしないおもしろおじさん集団だと思ってたら(ほめてる)、さっきの「DO NA I」といい、「Re:Live」といい、急に見せる顔変えてくるからもう…、ついてけないじゃん…(ほめてる)

 

 

ここからは、私が個人的に大好きだった、彼らのビジュアルの話なんですけど、まずは丸山氏のメタボ予備軍問題。私はね、もう驚きましたよ、ジャニーズが自らあそこまで曲線の美しいおなかを見せてくれるなんて…。これはもう1周回ってレアなのでは??ありがたく感じるべきなのでは?とか思うくらいに、いろんな意味で衝撃的でした。特に、ジャニーズ事務所はタレントの肖像権に厳しく(腹を出すことと肖像権の関係はよくわからないけど)、例を挙げればSixTONES京本大我氏とジェシー氏が自身のYouTubeチャンネルで腹を出した時、テロップで「=事務所側」ともとれる「アイドルが簡単におなかを見せちゃダメ!」的なことを言われていたので、私はジャニーズは所属タレントがその客観的な必要性を特に感じない限り、顔以外の部位をむやみやたらにさらすことを良く思ってないと思ってたんですね。

まぁ今回の丸山氏がおなかをさらしたのは事前収録とは言え、ライブ中の出来事、事務所側も止めるに止められなかったのか、それとも関ジャニくらいの経験を積めばもう自己責任的にみてもらえるのかわからないけど、とにかく私はそんな事務所の対応が意外だった。まぁあそこでモザイクかけたほうが、なんか余計に良くないものをさらしている感にもなる。まぁ総じて何が言いたいかといえば、丸山氏のあの曲線美のおなかさえ愛しく感じる私は末期ということです(シンプル)

 

まだビジュアルの話続くんですけど、安田氏、ちょうかっこよくなってる…。

私はこれまでにも散々「短髪が好きだ!」という話をしてきたので、安田氏のココ最近の通称「WANIMA」的髪型はあまり好きではなかったんですね、まぁ私がどうこう言えることではないんですけれども。彼は何の意図があって、しばらく髪を伸ばしていたんだろうか…?(純粋な興味)

それが、それが、Johnny's事務所公式YouTubeチャンネルで関ジャニの動画が上がっていて、それを見ると、ちょっと見ないうちに短髪の中でも結構短いほうの短髪になっている…!(衝撃) しかも小耳にはさむと、その髪型、自宅にあったキッチンバサミで仕上げたとかいうじゃないか…!(さらに衝撃) ステイホーム中は髪を切りたくてもなかなか美容院にいけなかっただろうな、特に彼らのような芸能人は…と思うと、もういよいよ髪が伸びてうっとうしくなり、「ええい!自分で切ってまえ!」となる気持ちはわかるけど、それを実行に移す彼の行動力、決断力が好きだ…。私でさえ(?)、仮に自分で髪を切ることにしても、髪を切る専用のはさみを買ってくるだろうなって思うので、彼の「髪をそこまで伸ばして染めたりなんだりしてたから、さぞおしゃれにこだわりあるんだろうなと見せかけて、切りたくなったら(想像)自宅にある決して髪を切る専用ではないはさみで切ってしまうという、おしゃれにこだわりがないのか、それともはさみの種類などはこの際どうでもよく、見た目を綺麗にすることが重要という結局おしゃれに興味あるのかわからない」彼に、とても興味が湧きました。個人的な見解ですけど、今くらいの短髪が1番好きです。

 

これでビジュアルの話は終わり、関ジャニの話も終わりですからね…、

大倉氏、相変わらずビジュアルがよい。

以上。

 

 

・ジャンプはマジで人数の利 

われらが(?)ジャンプ先生に関しては、今回はファンが待ち望んだユニット曲の披露があり、私はそこまでユニット曲には思いがなかったんですが、まさか「ここで来るぅ!?」っていう思いは、皆さん(?)と同じだったと思います。

多分、今回みたいなコロナウイルス禍でコンサートもしばらくできないだろう(当時)中で、自分たちの今持てること、できることで何ができるかを考えた末に、ライブツアーで1ミリも披露しなかったユニット曲っていう選択になったのかなとか勝手に(強調)思うと、彼らのプロ根性、ファン思いな面が勝手に(これも強調)垣間見えて涙がちょちょぎれそうだよ…(号泣)

 

あと、ジャンプは今やデビュー組ではSnow Manと並んで人数の多いグループですが、今回はその人数の多さをうまく生かしている、まさに人数の利だな…と感じました。

それはユニット曲披露の場なんですが、私は先述したようにユニット曲にそこまで思い入れがなかったので、最初に人気の高いコンビである、やぶひかだけがトロッコ?(マイクだけが乗っていて、めちゃくちゃ早いスピードで駆け抜けていくやつ)(伝われ)で会場を回り始めた時、文字通り

「???」

だったんですね。

 

で、しばらくして「あぁ!これはあのユニット曲か!やぶひかは改めて尊いな!(遅)」とか思ってたら、今度はちびーずのありちね、「ファンファーレ!」購入の際にもらったチラシで「顔面最強王子(ニュアンス)とテキトー王子の夢の競演」的なことが書かれていてシンプルに笑ったいのやまと、もう次から次に手を変え品を変えて出てくるわけですね。いのやまあたりからは衣装チェンジも完了してるし。

 

もうこれはね、ある程度(?)の人数を有していないとできないことですよほんとに…。きっとデビュー当時はその人数の多さに、なかなか個々にスポットライトが当たらなくて、悔しい思いもしただろうに、今やその人数の多さを武器にまでしてやがる…(口悪い) 自分たちのコンプレックスをアピールポイントにできるようになるとか強い…。

 

あと、何度も言いますが、そこまでユニット曲に思い入れのない私ですが、ユニット曲の最後に出てきた、たかゆと?ゆやゆと?(合ってるか不安)の「トレンディーラブ#REIWA」の世界観がすごく好みでした◎

誤解を恐れずに言えば、絶妙にダサくて、でもだからこそタイトルに入っている「REIWA」がすごく生きているなと思いました(戯言)

 

 

・NEWS、強く「生きろ」 

NEWSは、外野でしかない私には何とも言えない時期にこれが当たってしまったので、なんとも言い難いんですけど…。でも私がNEWSを観た感想を少しだけ記させてもらうと、今回だけじゃなくて最近のNEWSにしばしば感じていたことなんですけど、NEWSはメッセージ性の強い、訴えかけるような曲を歌うよね…(同意を求める) ダンスとか演出で魅せるのではなく(もちろんそこでも魅せていると思うけど)、歌唱、そしてそこに込める思いで勝負している感じ。

前にもこのブログのあちこちで言ったことあると思いますけど、私はNEWSの「希望~Yell~」が好きで、どんなアレンジされててもわりとどれも好きなんですけど、今回のクローバーミックスっていうのかな?そのYellももちろん好きでした…(結局はどんなYellも好き)

 

あと、細かいところでいえばそれぞれのソロの、加藤シゲアキ氏の曲の最後に「貴様が世界だ」って言われた時は、いろんな意味でびっくりしました。

まず、ジャニーズが「貴様」というワードをチョイスするところにびっくり。曲の演出?世界観?としてそういうワードチョイスをすることはあって全然いいと思うんだけど、ジャニーズはやっぱりどこか「清廉潔癖」的なところを求められているような気がしていて(少なくとも私の中では)、しかも自分たちファンだけではなく、他グループのファン、もしかしたら一般チケットを買って観るような人もいるかもしれない中で、あの選曲をした加藤氏、めっちゃかっこよくてめっちゃびっくり。

 

NEWSは、今のところ延期?中止?となってしまっているクローバー四部作みたいに、ストーリーのしっかりあるコンサート、企画を提供してくれるイメージがあるんですけど、私、そういうのめちゃくちゃ好きです(参加したことはないが)

 

だってさ!?4年間のコンサートツアーのタイトルの頭文字をとったら「NEWS」になるとか、発見した瞬間に何だかとてつもないことを知ってしまった喜び、ドキドキとともに、NEWSはこれによってファンに何を伝えようとしているのか?ってことを嫌でも勘繰るでしょ…(あくまでも私見) ただ単にコンサート自体が楽しいだけじゃなくて、その前その後でもこういう風に自分でああでもないこうでもないって考えられる事自体も楽しい。何度でもおいしい(?)

あと、これも参加したわけでもないんですけど、15周年記念コンサートのタイトルが「Strawberry=いちご=15」っていう言葉遊び?的なやつも大好き…(ただの告白)

 

 

 

・これ、これだよ私が彼らに求めているのは

 私、今回初めて「PARA!PARA!チャ~ハン」を聞いたんですけど、これ…、これなのよ…、私が彼らに求めてたのは…。こういう、頭空っぽにして聴けるような、ひたすらに意味わかんなくて、でもおもろい曲を求めてたの彼らには…。

 

しかもこれを、彼らが気合い入れて製作したであろう「はんぶんこ」の後に歌うという(ほかの楽曲に気合い入っていないわけではないと思うけど)、一連の流れを含めても最高。誰があんな魂の叫びみたいな曲の後にこんな曲を(言い方)ぶち込めと言ったんだよ!(ほめてる)

しかもそのジャニーズお家芸であるトンチキソングの後に、また「ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~」というこれまたトンチキ曲で畳みかけてくるジャニスト…。あくまでも「私が」だけど、私が求めてるジャニストがもうてんこ盛りだった…。

そしてそこで終わりなんじゃなくて、最後にこれまた彼らが気合いいれてリリースする新曲「証拠」で締めるというね…。最後までふざけた押して終わるのも楽しいけど、彼らは今回その選択はしなくて、このWithコロナで色々頑張っている人の頑張りを認めてくれました…。私の頑張りを認めてくれてありがとう…(都合の良い解釈)

 

彼らの大きな目標の1つであったであろう、東京ドームと京セラドーム大阪の東西2大ドーム公演が中止?になり、私が行き損ねた、私にとっての彼らの初めての現場、「W trouble」の振り替え公演が決まりましたが、もう別に私、急かしたりしないからその時の最善の判断をしてくれな…。ライブできなくなっても返金してもらえれば私は文句ないし、ライブをやってくれるならそれはそれで、ちゃんと安全な状況になってからでいいからね…。彼らの振り替え公演は冬に予定されていますが、冬にこのコロナはどうなってんのかな…。そのころには毎年のようにインフルエンザも流行って、流行り病ダブルパンチみたいで心配だな…。

 

 

 

・ジュニアを勉強するよい機会/美容院に行こう!

5日目のジュニア公演に金を払うなんて、1年前の私が果たして想像できたでしょうか…(無理)

まさか1年前までは、自分でもなぜあんなにかたくなに?と思うほどに、ジュニアチャンネルを観ないとまでしていたほどに、ジュニアに無関心、無関係(今でも無関係ではあるけど)だった私がさ…、まさかお金を出して彼らのライブを観るなんてさ…。これだから人生は何があるかわかんねぇよな…(だから楽しくもある)

 

私は基本的に東京?ジャニーズジュニアしか詳しくないのですが、その中でも知らないジュニアくんたちを知れたのは、今回かなり大きな収穫でした。それにしてもジャニーズ事務所はこんなにジュニア抱えてんのね…。なんて大きな事務所なの…。

 

言いたいことは色々あるんですけど、なんせ1か月以上前の話なので(私が遅筆なばっかりに)、かいつまんで話すと(遅筆じゃなくてもかいつまめ)、私、7MEN侍がダンスしてるの初めて見たかもしれない…。私の中で彼らは、ジュニアの中でもバンドを売りにしているグループというイメージがあり、そしてそれは間違いではないと思うんですけど、やっぱり彼らは7MEN侍である以前にジャニーズジュニアだったんだね…(当たり前) ちゃんとダンスしててなんかカルチャーショック受けた?みたいになったわ…。

 

 

あと、いきなり最後に飛びますが、最後のジャニーズ往年の名曲の1つ「世界が1つになるまで」最高だった…。あんなジュニアが穏やかな顔して歌って、そして聞いてるこっちも穏やかな顔で聴けて、穏やかに終われる曲あるのかよ、いやないだろ…Travis Japan川島如恵留くん、私が自担とか自担じゃないとか関係なく、もう他人ではないのえるくんが手話でその世界観を体現してたのが最高でした…。やっぱりのえるくんは他人じゃねぇわ…。 

pushushu-love-like.hatenablog.com

 

 

あと、これが本当に本当に最後なんですが、ジュニアはこの時、総じて髪が長いな?いや、関ジャニの時にも言いましたが、ステイホーム期間ということでなかなか髪すら切りに行けなかったのかもしれないので、仕方ないと思うし、そうじゃなくても私がどうこう言える立場ではないんですけど、やはり短髪好きな私にとってはね…(お察しください)

髪すらおいそれと切りにいけなくさせるコロナ、改めて恐ろしいな!(すべてはコロナのせい)

 

 

 

・総じて太一かわいい

そして皆さん、この陰の立役者に触れずに今回のハッピーライブを締めくくるわけにはいかないでしょう、そうです国分太一氏です。

 

毎回冒頭に出てきてくれて、前説?的なことをしてくれた彼。ライブの最後に出てきてくれて、毎回小ネタ?的なことをしてくれた彼。

私は太一担というわけではないですが、それでいてもいちいち予約してまでKAT-TUNの炎特効体験したい太一、NEWSのトロッコ?経験したい太一はかわいかったな…。あくまでも自分が道化?になり、太一があの場では誰よりも先輩だったのに、後輩をたてる太一さすが…プロだわ…。THE先輩の鑑。

 

 

 

 

 

 

いや~~、私が大学院での課題に追われすぎてこんな遅すぎるタイミング、意味不明な時期での記事の投下になりましたが、もうここまでで13,000字書いちゃってるんで(狂気)、もう投下しますね!いいですよね!?(勝手にせい)

 

 

私は全部の公演を観たわけではないですが、そうじてどの日程も盛沢山でした。これが各日2500円で観れていいはずがない。前のハッピーライブの際にも言ったかもしれないけど、金ならもっと積むぞ??(すぐに金で解決しようとする)

 

あと、これは仕方ないことだと思うので全然不満とかではないんですけど、今回のコロナ騒ぎでできるだけ他人との接触を減らそう、そのためには現金のやり取りではなくてキャッシュレスにしてこうぜ!みたいなノリ?があったと思います。そのこと自体には全然納得できるんですけど、それも併せてなのか、今回はジャニオタ大好きペイジーが使えず、すべてクレジットカード等でのやり取りだったのが、クレジットカード等をもっていない学生ジャニオタにはちとつらかったですね…。いや、私もコンビニとかでプリペイドカードがつくれるのは知ってんですけど、私がそういうシステムを使い慣れていないせいか、今回はうまく使えなくて親にカードを借りたのでね…。いや世間の流れ的に仕方ないことなんだけど、ちとつらかった&めんどくさかったという話です(独り言) これもWithコロナってことだよな…。

 

 

 

先ほども言いましたが、セクゾの振替公演やジャニーズWESTの振替公演、そしてついにはキンプリのツアーが発表され、歓喜の声と「今やるべきなのか」という疑問、心配の声渦巻く昨今ですが、もちろん私はジャニオタの端くれとして「ライブ!行きたい!」という歓喜の気持ちはもちろんわかるし、でも「今やるべきなの…?これで感染が広がったりなんかしたら、もうジャニーズはこれ以上長い期間ライブができなくなる社会的制裁を受けるんじゃないか…?」みたいな心配の声も分かる。一方で、ジャニーズ事務所としても配信ライブよりは、やっぱり実際にライブをしたほうが収益になるんだろうし、彼らはライブをすることが大きな仕事の1つだと思うので、このままライブができないまま地団太を踏んでいるわけにもなかなかいかないのかなぁとか、外野からぼんやりと思います。

どうなるのかなぁ…、8月からのセクゾ振替公演=ジャニーズライブ再開第1弾、無事にできるのかなぁ…。この状況だったら明日、再中止の発表あってもおかしくない気もするけど、でもそうしたら私の大学時代のセクガル、マリウス担の友達が今度こそ死んでしまうくらいのショックを受けちゃうよ…。

 

 

 

とりあえず! 

ジャニーズと、ジャニオタ、生きろよ!

話はそれからだ!!

やっぱりコスメ買い足しちゃったりして

pushushu-love-like.hatenablog.com

pushushu-love-like.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 私はこの中で、たぶん1番有名?人気?であろう、青いやつを使いました。

 

すでにシートマスクのメディヒールは使ったことがあって、それがなかなかどうして保湿されてよかったので、それなら美容液もちょうどなくなったことだし使ってみるか!ということでこちらに手を出してみました。

 

使ってみた感想としては、まず第一にどうやって使えばいいのかいまいちわかりにくい。それが一番。

もちろん丁寧に使い方は書いてあるんだけど、その通りに使ってみたところで、液が思ったより出てこないので不安になるし、「これは私にとっては少なく感じるだけで、これはメディヒール側が設定している普通の量なのか…?」と1人で勝手に疑心暗鬼になるレベル(?)

 

こちらが本当の(?)使ってみた感想としては、悪くはないけれど特にリピしたいかと言われるとう~~んという感じでした。シートマスクで感じたほどの保湿力は感じなかったし、特別肌の状態が改善したかと言われれば、それも…う~~ん?という感じ。悪くなることはないけれど、特段改善も感じられなかったというか。

この青いやつを使ってみていい感じだったら、毛穴用とかニキビ用の紫や緑も使ってみたかったんですが、青でそこまでの手ごたえを感じられなかったので、一旦青で打ち切りにしています。

 

 

でも、なんてったって見た目がいい!いかにも美容大国・韓国からやってきましたみたいなハイレベルそうな見た目してるし(?)、これを使うことによって、自分の美に気を使っている、いいものを使っているような気になれます(自己満足大事) しかも1セットで毎日お風呂上りに使って私は1か月くらい持ちましたが、1セットが3つのアンプルに分かれているので、持ち運びしやすい!お泊りの時とか、いつも使っている化粧品を持ち運ぶにしてもなかなか難しいものがあったりしますが、これは全然連れていける。

 

 

 

 

 前回の記事ではこの限定シリーズ?のネイビーを使った、あくまでも(強調)個人的感想をお届けしたんですけど、その後、無事に(?)茶色とピンクも使ったので、こちらもあくまでも()個人的感想をお届けします。

 

 

まず、あのネイビー及び今回の茶色、ピンクを使い始めてしばらくたった今、実感している事、それは色付きのマスカラ下地はまぶたにつく(のが怖い)ということです。

私はこれを使うメイク手順としては、まずビューラーで手動でまつげを大体上げ、その後このマスカラ下地をその日のメイクの全体像の色味から逆算して塗り、その後他のパーツをいじくるうちにこれが乾くので、その上からマスカラを塗り、そしてホットビューラーの電動の力でまつげをさらに上げ、そして仕上げにもう一度マスカラを塗ることにしてるんですが、このマスカラ下地を塗る工程で私のまぶたには結構な確率で、この色付きマスカラ下地の色がついています。

 

まぁ別に気になるのはまぶたについた時くらいで、放っておいたらいつの間にか乾いて気にならなくなるのですが、やっぱりどうしてもついた時には「あぁ…、ついたわ…」っていう感じに少しだけへこむ毎日を繰り返しています。

…あれか?そもそも目をそらしてきただけで、私がビューラーでしっかりまつげを上げ切れていないからこうなるのか?私のマスカラの塗り方が悪いのか?でも、ホットビューラーでまつげを上げてからマスカラ塗る時には特に液つかないし…。

 

 

 

あと、ネイビーの時にも言いましたが、これはあくまでもマスカラ下地なのでその上からマスカラを塗り重ねるわけですが、マスカラを塗ってしまったら最後、別にマスカラ下地の色がどんな色だろうと関係なくなる気がします!ピンクのマスカラ下地を塗ろうが、ネイビーのマスカラ下地を塗ろうが、まつげは結局、その上から塗ったマスカラの色になる気がします!なので完全にメイク者(私)の自己満!でもそれでいいの!メイクは大体が自己満!(真理)

このマスカラ下地はマスカラ下地としてはもちろん、カラーマスカラとして単体でも使えるそうですが、私はカラーマスカラはほかに持っているし、化粧品は大体その機能に忠実に使いたい人間なので、マスカラ下地としてのみ今のところ使っています。

 

 

 

ペリペラ インクカラー カラ #2 ブラックエスプレッソ (7g)
 

 私、最近、てか割と最近でもないんですけど、ジャニーズだけじゃなくて、韓国アイドルにも手を出してんですよねぇ…。まずは中学生の時に韓国ドラマにハマりそこから韓国アイドルにもハマり(「美男ですね」「トキメキソンギュンガンスキャンダル」、KARA、少女時代など全盛期)、それからしばらく熱が落ち着いたと思ったら、大学2年でまた再燃しました。しかも今は大学生になって自分で金を稼げるようになってるからこれがタチが悪い、中学生の頃の私とは違う。まだ韓国に行ったことはないですが、初めての海外は韓国に捧げたいとすら思っています。ちなみに昨秋のTWICEのアリーナツアーも今年の春(に行われる予定だった)のドームツアーも、ものの見事に外れました、TWICEやべえな。

 

 

まぁそんなことはいいんですけど、そんなこんなで私が韓国にも熱を上げている今日この頃、フラっと入った、韓国のアイドルのグッズなどを中心に取り扱っているお店でこいつを見つけました。

このペリペラのマスカラは、三太さんのブログで知っていて、それから少し興味を持ち続けていたんですけど、まさかほんとに出会えるとは思いませんでした。

atnnnas.hatenablog.com 

ちょうど、その時に使っているたマスカラの後任を探していた時だったので、これ幸いと?買ってみました。なぜこの2色を選んだのかと言われればそれは単純明快、置いてあった色がその2色だけだったからです(きっぱり) ちなみにブラックエスプレッソは私が買ったやつで最後でした(鼻高々)

で、リンクが見つからなかったので代用として#1のリンクを貼ってますが、実際買ったのは#1ではなく、#6のブラックローズウッドという色味です。

 

 

これは一応カラーマスカラなんだそうですが、私の中では特にカラーマスカラを塗らない日、つまり普通のマスカラとして使っています。

で、その日にどっちの色を塗るかは、完全にどっちを無意識的に手に取るかによるんですけど、#6は#2に比べて赤っぽくてまつげがチャラく?あか抜けて?見えます。

逆に言えば、#2の方はつけていく場を選ばないと思うし、迷ったらこれを塗っておけば安心かなってくらい安心感のある色。

ちなみにどっちの色も引くほどウォータープルーフなので、メイク落としの時にはマスカラ専用リムーバー必須です。

 

 

 

 

 ちなみにこいつもぺリペラのマスカラ同様、韓国アイドルのグッズを置いているお店で買いました。優秀優秀と言われて名高いこのイニスフリーのパウダー。ミネラルはもちろん、モイスチャーも見つけたので買ってみました。

 

いやね、実はちょっとだけ言い訳させてもらうと、私はこいつがこんなにもてはやされるようになる前から出会ってたんですね、ほんとは。でもその時は悩みに悩んで、買うに至る確固たる決め手がなくて買わなかったんですよ。そしたらこんなに人気になるじゃん…、あの時の私買えよ…。買いたいと思って意識的に探してからじゃ全然見つからねんだよ…。

 

 

ということで見つけた時には、もう逃してはならない、逃したら最後、次に出会うのは100万年後かもしれないという強迫観念(?)に駆られて、無事お買い上げしました。

 

 

まず、とにもかくにも小さくて良い。

私がそれまで使っていた持ち歩き用のパウダーがでかい、持ち運びに適していない(でも手持ちのものや、使いたいと思う代替品がなかった)というのもありましたが、それを差し引いても持ち運びに適している。ポーチで場所を取らない。好き。

 

そして「あぶらとり紙パウダー」とは言いえて妙!確かにそう思う!

同じようなコンセプトでは、シェイクシャドウで有名な(?)フジコも出していて、買おうか迷ったこともありますが、あれはなんせでかい。使ってみたいとは思いますが、持ち運び用にはサイズ的に完全にこっちの圧勝だと思います。 

Fujiko(フジコ) フジコ あぶらとりウォーターパウダー 25g ファンデーション

Fujiko(フジコ) フジコ あぶらとりウォーターパウダー 25g ファンデーション

 

 

まぁしいて言えば、においがなんとも言えない感じのにおいすることくらいですかね~。なんだろ、甘い匂いではないし、なんかメンズが使う制汗剤とか汗拭きシートにありそうなにおい…?(使ったことないけど) これが韓国コスメのにおいなのか…??

 

 

追記:朗報、朗報~~!ついにデカさだけが難点で、私に二の足を踏ませていたフジコのあぶらとりウォーターパウダーが!ついにモバイル版の小さめが発売されるぞ~~!これなら試さない理由がないので買います、むしろ興味しかない試させてください~~!(誰に対して)

Fujiko(フジコ) フジコ あぶらとりモバイル 化粧下地 7g

Fujiko(フジコ) フジコ あぶらとりモバイル 化粧下地 7g

  • 発売日: 2020/04/15
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 そして無事買いましたーーーー!このあぶらとりモバイルーーー!本家?の大きいほうは1度も使ったことはないけどーーー!使い勝手のよさそうなモバイルが出たならやっぱり買うしかないよねーー!

 

まず思った以上に小さい。いや、これはお直しコスメなので持ち運びを考えると、大きいよりは小さくて全然いいんですけど、それにしても思ったより小さい。本家は大きすぎるし、モバイルは小さすぎる?中間はないの???(?) まぁ私はお出かけ用のバッグは自分でも意味不明なくらいに(?)小さいバッグを選ぶことが多いので、それを考えるとこのサイズでいいかな?(急にポジティブ)

 

早速汗をかきまくって化粧が崩れた顔、鼻と頬を中心に使い、その上に上記のイニスフリーのパウダーをはたいたんですが、なんなら化粧直後より調子が良い。なぜ?シンプルになぜ??(ほめてる) まぁこれを使った後に、イニスフリーのパウダーをはたいたので、イニスフリーのパウダーの力もあると思うんですが、今までの手段のように普通のあぶらとり紙で顔のあぶらというあぶらを取った後に、イニスフリーのパウダーをはたくという手よりも、はるかに良い仕上がりなのはわかる。それだけは分かった。

これは化粧崩れを直してくれるだけではなくて、保湿もしてくれるみたいなので、それも仕上がりがよかった要因の1つなのかなと思います。やっぱり保湿は大事なんだな…(身に染みる)

 

夏のお出かけはこいつとともに生きよう!たぶんこの夏は、マスクで例年以上に化粧が崩れまくること必至だから!頼むぞ!!

 

 

 

マトメージュ まとめ髪スティックレギュラー ホワイトフローラルブーケ 13g
 

 とにもかくにも匂いが良い。

私が想像していたよりもずっと匂いが良い。

 

 

以前にもご紹介したように、私はこれまでマトメージュのスタンダードのピンクのやつを使ってたんですけど、それがちょうどなくなるタイミングで、におい付きのこちらの白いのを買いました。

 

 

なんでだかわかんないけど、やっぱり新品を使う時ってなかなか踏ん切りがつかないよね(?) 使い始めはやっぱり勢いに任せるしかないよね(??)

そしてその通り、その場の勢いに任せて使ってみましたが、…とにもかくにも匂いが良い!(2回目)

髪に付けているのに、自分が動くたびにどこからともなくとても良いにおいがしてくる。決して強くは香らないけど、でも確かにそこに存在しているくらいの強さの匂い。「あれ?このいい匂いはどこから香ってんの??」とか思って周りをきょろきょろ見回して「あ、私のマトメージュだ」と気づくのが使い始めの頃に3回くらいありました。

 

もちろんスティックタイプのワックスとして髪をイイ感じにマトメージュしてくれるのはもちろんですが、もはやそのさりげないにおいをまといたいがために塗る、みたいなところあるかもしれない。

世の中には今や、いろいろな種類の手が汚れないタイプのワックスがあり、私もミーハーな気質に素直になって(?)いろいろと試したいなと思っていますが、ちょっとこの香りの良さを超えるものが出てくるかはちょっといい意味で不安だな…。

 

 

 

 

エリクシール(ELIXIR) つや玉ミスト 化粧水 80mL

エリクシール(ELIXIR) つや玉ミスト 化粧水 80mL

  • 発売日: 2019/11/21
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 世間的に乾燥する季節が一段落した今では、あまりタイムリー感はないんですが、それでも私は今でも使っています。

去年の秋に発売され、私は普段エリクシールを使っているわけではないんですが、秋~冬はメイク直しする際に、乾燥が気になっていたので、新商品は試さずにはいられないミーハー心と相まって、このつや玉ミストをメイク直しスタメンに投入してみました。

 

まず、シンプルに香りが良い。

メイク直しに使う化粧水ミストなので、顔に吹きかけるわけですが、めちゃくちゃ香りがいいのでメイク直ししなくても癒されます。リフレッシュにもぴったり。

 

そして肝心の保湿効果については、どちらかと言えば脂性肌で自分では特に「めっちゃくちゃ肌が乾燥する…乾燥してしょうがない…」というほどでもない私にはちょうど良い感じかなと思いました。

乾燥すると粉が浮いてきたりしちゃうと思いますが、それがメイク直しの際に邪魔になるので、それをどうにかするのには役立ちます。

 

秋~冬にかけてほぼ毎日使っていたんですが、それでも半分近く残っているので、かなりコスパはいいのではないかなと思います。

…私がこのようなメイク直し系ミストに興味を持ったからなのか、それからというもの、やたらいろんな種類のメイク直し系ミストが目に付くようになった気がする…。まぁそもそも、今はそこまで乾燥が気にならなくなった時期になったうえ、ステイホームによりめっきりメイクをしなくなった今では、明らかに減りが少なくなったんですけどね…。

このエリクシールのつや玉ミスト使い切ったら、ミーハー心を最大限に発揮していろんな奴を試してみたいと思います(使命)

 

 

 

 同じビオレの、これにめっちゃ似てる↓ 

 なので(?)、私は特にこの2つの商品の差異を感じなくて、どっちかでいいんじゃないか…?と思わないこともなかったです。

 

私はテゴタエの方を、お風呂から上がる直前に、お風呂場でやるマスクととして認識していたんですが、マジで香りも質感も、洗顔ジェルとそっくりなので「??(これは洗顔ジェルとどう違うんや?)」という戸惑いを禁じえませんでした。

 

でも、別に私が戸惑っただけで、モノ自体は悪くないと思います(めちゃくちゃ偉そう)

香りはどちらもリフレッシュされそうな(?)さわやか系のいい香りなので、フローラル系の香りよりはシトラス系のにおいが好きな私としてはいい香りだったし、これは泡立たないだけで洗顔ができる代物なので、新しいもの好き、ミーハー心が抑えられない私としては面白かったです。ジェルを気持ち多めに出して、くるくる肌の上を滑らせているのが楽しいし、気持ちがいい。

でも、朝の1分1秒が惜しい時間に使うと、なかなか手ですすぐ感じでは落ちきれないので、お風呂に入っている時や時間に余裕のある時に使うことをおススメします。

 

 

 

 

f:id:pushushu:20200219010617j:plain

 「ブッシュドノエル」という、ネーミングからしてクリスマス色全開のこいつを、クリスマスから半年ほどたった今レビューするというね…。時期錯誤も甚だしいよね…ゴメン…。

 

こちらは洗顔料と銘打っていますが、私は週1に使うボディスクラブとして使っていました。

これの何がいいかといえば、まぁ洗顔料と銘打ってあるくらいなので、スクラブがそこまで主張してこない、スクラブが痛くなくて肌に優しいということです。今までにLUSHで使ってきたスクラブは十人十色、スクラブがめちゃくちゃしっかりしているものもあれば、匂いがきついものもあったんですが、これはこれまでに私がLUSHで買ってきた中で1番いろんな意味で使いやすいボディスクラブだったかもしれません。

 

しかも私的に使いやすいだけではなくて、おもしろかったのが、これはボディスクラブとして使う(もともとは洗顔料だけど)部分が、海苔に巻かれているんですね。

 

??海苔??

なぜ?なぜボディスクラブを海苔で巻くの??

 

というような疑問を素直にLUSHに伝えてはいけない。そのような疑問はもはや、LUSHにとっては愚問だからである。LUSHが必要だと判断したのなら、その海苔にも必ず意味があるのである。

…まぁ私は全く使わなかったんですけどね…(小声) まずこのボディスクラブは適量を手に取って、少しの水で練ってやわらかくして使う代物だったんですが、海苔に水を含ませるとご存じのようにめちゃくちゃ水分を吸ってしなっしなになるので、めちゃくちゃ使いにくい。しなしなの海苔を風呂場でみる人生になるだなんて、1ミリも思ったことなかったわ…(あるわけない) 

なので私は毎回、ボディスクラブの部分だけ手に取り、海苔の部分は使っていませんでした…。ゴメン…LUSHの意図を私は汲み取れなかった…。

 

あとテンションが上がったのは、ボディスクラブと海苔の間の部分が、金色の何かでコーティングされていたことです。そもそも派手好き&クリスマス時期ということで、金色のコスメは無条件にテンション上がる。これで海苔のわずらわしさを相殺。

 

 

 

 

f:id:pushushu:20200219010804j:plain

 

 ハイ、またしても私の無類の派手好き心が発動し、ラメ入りのリップスクラブ・GALAXY様のご登板ですよ…。

 

まさかの青色のリップスクラブ。私は青色が1番好きな色なので全然いいんですけど、青色なので、リップスクラブとしてきちんと本来の役目、リップに塗りつけて古い角質を落とした後に鏡を見ると、自分の唇が、リップスクラブする前よりも少し血色悪くなってて最高です。最高に面白い。

 

 

あと、リップスクラブなので、万が一口に入っても大丈夫な成分で作られているんだと思います。なので甘い味がします。

最初、このリップスクラブの味をどこかで味わったことがある気がするんだけど、どうにも思いだせない…と悶々としていましたが、何回か悶々とした後にひらめきました。かき氷のブルーハワイ味。

f:id:pushushu:20200618184229j:plain

しかも、ただのブルーハワイじゃなくて、お祭りで売ってるようなチープな感じのかき氷。「これ色が違うだけで、イチゴもブルーハワイもメロンも全部同じ味じゃね?」みたいな味。屋台のかき氷はそれがいい(ほめてる)

 

これを思いついた時、もうまるで憑き物が落ちたかのようにすっきりした気分になりました。私がこれを使うたびにどれだけ悶々としていたかお分かりいただけましたか(眼力)

 

 

唇を綺麗にする代物なのに、逆に唇の血色悪くするとかありえない!というごもっともな方にはおすすめしませんが、化粧品、コスメに遊び心をお求めな方には一見の価値あり。鏡で自分の血色の悪くなった唇をみて、大笑いすること間違いなし。

 

 

 

 

f:id:pushushu:20200219011010j:plain

今は残念ながら廃盤になってしまった?、LUSHのフレッシュマスク、ジャストトゥクラリファイ。廃盤になるとの報を知り、滑り込みで買いました。

 

これは一見ジェリーマスクというか、ジェル状のものを乾いた手で練って乾いた顔に乗せるという代物なんですが、使ってみて初めてわかる、中にめっちゃ微細なスクラブが入っている。そう言えば買う時に、LUSHのお姉さんに「このマスクは中にめちゃくちゃ細かい竹炭でできたスクラブが入ってるんですよ~」とか言われた気がするな…。その時はあんまり気に留めてなかったのに(おい)、使ってみて実際に自分の肌でそれを感じると、一気にお姉さんの言葉が走馬灯のように(?)よみがえってくるな…。

 

匂いはあることにはあるんですけど、私的には全然不快ではなかったです。私の貧弱なボキャブラリーと人生経験を総動員して例えると、外国で買ったお菓子、まずくはないけど、自分ではこの匂いを知っていて作らない、選ばないだろうなという異国間のある匂いでした(※ディスってはいない)

 

今はこれだけじゃなくて、フレッシュフェイスマスク刷新の時期なのか、ほかの種類のフレッシュフェイスマスクが廃盤になっていますね…。刷新は進化のためには仕方のないことだと思いますが(立場が謎)、私的には選択肢が豊富にあったほうが楽しいので、減らした分は何らかの新商品で増やしてほしいな…。お願いしますLUSH様…(懇願)

 

 

 

ファシオ イージー マスカラ リムーバー 6.5mL

ファシオ イージー マスカラ リムーバー 6.5mL

  • 発売日: 2017/07/16
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 私が自分のまつげの健康と美を守るために、きちんとメイク落としの工程に加えることをガチ守りしている、マスカラリムーバーの2代目です。

 

私は基本的に、どんなものでもリピートした試しがないです。いや、きちんと使い切ってから次のものを使うようにはしていますが、世の中には気が遠くなるくらいの膨大な数の良い化粧品、面白いコスメがあるので、同じものを使っていたら私が生きている間にできるだけの数に当たれない!と思っているので、よほど良いなとか代替品が見つからないなと思うもの以外は1回使い切ったらリピすることはないです。

 

なので私のマスカラリムーバー初代かつみんなのマスカラリムーバー定番であろうこちら 

 を使い切ったのちに、今回のファシオのこちらなのですが、あくまでも私の感想としては今のところ初代(ヒロインメイク)のほうが好きかなと思っています。

 

 

マスカラリムーバーの大本質である、マスカラを落とすというパワーには特に違いとか優劣は感じませんが、ヒロインメイクのほうが1回でたっぷり液がついて、その分マスカラが落ちやすいような気がします。コームの構造からしてもう違うのかな??

 

でも今回のファシオのほうが、ヒロインメイクよりもちょっとだけ安いんですよね…。なので何が何でもヒロインメイクじゃないと嫌だ!という人以外や、もう今日買って帰らなきゃいけない!と思う人は、十分こちらでも良いと思います。てかあくまでも私の使用感の問題なので、ファシオのほうが好きな人もいるかもしれない。

 

 

 次のマスカラリムーバーもすでに控えてて(早)、とにかく衝撃の安さの500円!だったキャンメイクパイセンのこちらです!

キャンメイク クイックラッシュカーラーリムーバー 4.6ml クレンジング

キャンメイク クイックラッシュカーラーリムーバー 4.6ml クレンジング

  • 発売日: 2019/10/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 

 

 

 思ってた以上に良い!悩んで悩んで悩んだ末に買ったかいがあった!

 

このレブロンのブロッテッドリップをPLAZAで初めて見かけてタッチアップした時に、そのフワフワの質感にマジでびっくらこきました。私はアプリケーターを使うようなリップは、もれなくべたべたしていて私の好みの質感ではない、なので買う対象には入らないと思い込んでいました。ちなみに私はグロスの質感が苦手なので、それに気づいてからは持っていたグロスをすべて手放し、グロスは1つも持っていません(聞かれていない情報)

 

でもこの質感をどうしても私の唇で試したい、でもリップはすでにたくさん持っている、私の唇はいくつあるんだというレベルで持っている、しかもカラー展開的になかなか使うのが難しそうとか私に似合わなそうな色が多め…という逡巡をめちゃめちゃ繰り返し、結局買わない日々を長らく過ごしていましたが、誕生日前に何を思ったのかタガが外れて、あとで紹介するロレアルパリのリップと同時に一気に4本まとめて買ってしまいました(?)何があったんだろうね私(他人事)

 

 

色としては私がリップをたくさん持っているとは言え、そこまで持っていないベージュっぽい色、しかも他の色をタッチアップしてみてレブロンの発色の良さ?このリップの発色の良さはいい意味でやべぇと思ったので、そこまでぱっきりしていない色を選びました。ということでイエベ向きの014ブラッシュマッチ?です。ほんとは新色展開のサーモンピンク系のフラッフィーコーラルにしたいなとも一瞬思ったんですが、私がどうにもこのコーラル系の色味に惹かれなかったので、少し後ろ髪を引かれましたが既存色のブラッシュマッチ?にしました。

 

初めてつけてみた時の感想としては、思った以上にいろんな場面で使えそう!ということです。

私は常にギリギリで生きているタイプなので(アカン)、これを初めて塗った時は車の中だったのですが、たぶんをそれを差し引いてもやっぱりアプリケータータイプは塗りづらいなと思いました。私がこれまでリップスティック型しか使ってこなかったのもあって、塗りづらいなと感じました。

 

でも肝心の色は!私が吟味に吟味を重ねて選んだかいあって、なかなか無難だけど、めっちゃ可愛いコーラルベージュっぽい色になれます。なのでおしゃれしたい時にも使えるし、ちょっとちゃんとする時にも使える色だなと思います。しかもふわふわな質感が楽しいだけじゃなくて、少量塗るだけでめっちゃ伸びがいいのでなかなかなくならなそうでコスパがよさそうです。

 

今度レブロンのリップを買う時はこれも塗る時の質感が楽しそうなクッションリップを買いたいな!(勝手に宣言)

 

 

 

f:id:pushushu:20200219011236j:plain

 

f:id:pushushu:20200219011416j:plain

この記事を書いているのはもう夏も間近な6月半ばですが、そう…、このロレアルパリのが発売されたのは、12月…、クリスマスコレクションです…(懺悔)

 

私は自分がクリスマス時点ではイエベだと思いこんでやまなかったので、茶系のリップをみるとどうにもほしくなってたまらないという、ある種のもう発作(?)みたいなものを持っているんですね。なので、今回も案の定、茶系のリップが目白押しだし、しかもクリスマスコレクションというミーハーな私にとってはもうダブルパンチ、ハイ買いました…。

 

私が購入したのは、310NO JUDGMENTと、312NO RAGEです。確かどっちもイエベ向けカラーで、どの色も絶妙にかわいくて、そして絶妙に違いが判らなかった私は、そのイエベ向けという言葉を絶大に信じて選びました。

 

2色を比べると、310のほうが赤みがあり、312のほうが強いて言えばピンクみある、ブルべにも似合いそうだなという色をしています。あれ、もしかして312のほうはブルべでもイエベでもどっちでもいけるって書いてたっけな?(なんせ半年前のことなので記憶があいまい)

 

この色味は個人的にめちゃくちゃかわいいんですけど、これを塗る前にリップクリーム的なものを塗らないとスムーズに塗れないです。少なくとも私は塗れなかった。特に唇の乾燥を感じていない私でも、リップクリームの必要性を感じた(強調) 

 

 

そしてその下にある、色味というよりはキラキラを乗せる、ニュアンスチェンジ系リップ、ルージュシグネチャー トッパーの色味は211、ピンクのほうを買いました。

私は先ほどもお話ししたように(お話ししなくてもいい)、グロスの質感が苦手なので、今までこういうグロス系のリップは避けてきたんですけど、一旦これをスウォッチしてみたら…、サラッサラ!え!?グロス系って、言葉を選ばずに言えば、ベタベタするのがセオリーじゃねぇのか!?結構衝撃・感動だよ!?

という衝撃、感動のままお買い上げしました。

 

ちなみにお買い上げの後に、一部店舗限定のもう1色、ゴールドの存在を知ったことは禁句でお願いしますね…。別にピンクかわいいからいいんだけど、どうせなら選択肢が豊富にある中から選びたかったよね…。

 

余談なんですけど、私はこれまでリップといえばスティック状っていうのかな?直接塗るタイプのものばかり使ってきたので、今回、レブロンのものと合わせて、初めてに近いくらい、こういうアプリケーター越しに塗るリップを使いました。やっぱり直塗り?に慣れている勢からすると、アプリケーターにはまだまだ慣れねぇ!これは完全に私の問題!私が練習をすればいいだけの問題!練習あるのみ!(完)

 

 

 

キャンメイク メルティールミナスルージュ04 キャラメルテラコッタ 3.8g 口紅
 

 発売当時、どこに行ったってなくて、私に「もしかしたこのリップ、私の手に入らないように神が仕向けているのか…?」と疑心暗鬼になるほど爆売れした、キャンメイクメルティルミナスルージュ04 キャラメルテラコッタ

これ目的ではなく入ったドラッグストアで、思いがけずこれを見つけた時の私の小躍り具合が分かりますか。

 

喜び勇んでつけてみると、なるほど確かにメルティの名に寸分も違わず、めちゃくちゃ滑らかな塗り心地。多分唇が荒れていても、多少はカバーできる、するっと塗れるんじゃないかと思うほどスルスルと塗れる。

ネットでみなさんもれなく言っているように、買ったばかりの時にはリップに♡マークがあるのがめちゃくちゃかわいいんですが、なにせ塗り心地が良い=リップが柔らかいということでもあるので、1回使えば大体♡は跡形もなく消え去ります。それを見た時、すこしだけショックを受けるけれど、裏を返してみれば、♡が消え去ってくれれば、それ以降は♡を気にせずガンガン塗れるリップにもなります(?)

 

色はどんな場所にもつけていけるだろうな、まぁそりゃ品薄にもなるし、なんならCMでイメージキャラクターがつける色にもなるわな、というくらい万人がつけやすい色だと思います。

余談ですが、このメルティルミナスルージュは、河北麻友子氏がイメージキャラクターとして宣伝していましたが、2020年に年が明けると、イメージキャラクターが一心、メルティルミナスティントルージュでは小芝風花氏がイメージキャラクターとなっていましたね…。グロウフルールチークス新色から、何の前触れもなく小芝風花氏になっていた時の衝撃は今でも忘れられない…。別に小芝風花氏がどうとか河北麻友子氏がどうとかではなく、イメージキャラクターが変わる時って、こんな前触れがないもんなんだ…と思っただけです…。

 

 

エマルジョンリムーバー 200ml

エマルジョンリムーバー 200ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 ちょこちょこ雑誌で取り上げられていたち、口コミで話題になっていたりする気がする、こちらのエマルジョンリムーバー(TVショッピング風)

 

年末にとある雑誌で紹介されていて、その時は「ふ~ん、そんなのもあるのね、今巷ではこれが人気なのね…」くらいにしか思っていなかったけれど、その次の日に行ったメガドンキでこれがあったので、途端にいつものミーハー心をさく裂させて買いました。

 

これは顔にシュッと、1回につき10プッシュくらい吹きかけてしばらく置くだけで、毛穴の黒ずみを一層してくれるという代物として名をはせたそうです(雑誌からの受け売り)

自慢じゃないが毛穴と闘い続けて早数年(マジで自慢にならない)、これまで数々の毛穴ケアコスメを試してきて、「毛穴はそんなにたやすくない」ことはわかっているものの、やっぱり新しいものに出会うと少しは期待しちゃいますよね。

 

…私の感想ですが…、あくまでも私の感想ですが…、「毛穴はそんなにたやすくない」…(完)

 

私は毎日お風呂上りに顔を洗った最後にこれを顔に吹きかけてちょっと待ってってしてたんですけど、特に毛穴の黒ずみが目立って改善された気はないような…?あと、顔に吹きかけるので口に入ってしまうことがあるのは仕方ない事なんですが、ほのかな塩水味がします。

まぁ肌質とか感じ方とか、コスメは人ぞれぞれに好み、合うものがあるので仕方ないですね…。毛穴と私の闘いは続く…(?)

 

 

 これはマジで今のところ、2020年に買ったリップの中で1番の私的ヒットである。それくらいにこのリップを私は愛している(迫真)

 

まぁ2020年に買ったリップであることは間違いないんですけど、このリップ自体はロレアルパリのやつと同様にクリスマスコフレ?の一種です…。なので私は年が明けてからクリスマスコフレを買うという、年が明けてからようやくクリスマスツリーを出すみたいなことをした?みたいなもんです…。

 

私は普段、そこまでメイベリンと仲良くはなくて(?)、今回もこのリップをスウォッチしてみようと思ったのはそう、私が無類のキラキラ・ギラギラ好きで、そしてこのクリスマスコフレももれなくキラキラ・ギラギラしていたという、需要と供給が予期せぬところでマッチしたというやつです。

 

このシリーズは、色味は違えど基本的にキラキラしていて、もはやキラキラを通り越してギラギラとも言えるかもしれないほどにキラッキラしてるんですけど、それがクリスマスコフレ、特別な時につけるぞ!みたいな感じがしてとても良い(まぁ普段もガンガンつけるけど)

 

そしてリップがキラキラしている、ラメがふんだんに盛り込まれているならば、色味はどっちかと言えば抑え目なほうが付けやすいと思うんですが、そんな私の「目立ちたいけど目立ちすぎたくない」という厄介な欲求をかなえてくれたのが、このシャインコンパルジョンSDR81ブラウンゴールドです。まぁブラウンと言えどもベースの色は、これは厳密に分類したら赤じゃねぇか?みたいな色ですが、メイベリンがブラウンというならこれはブラウンなんだろう、いいだろうそうしよう。

まぁとにかくそのブラウンがこれまた絶妙な色味してんだ…最高…。明らかにキラキラしてんね?それめっちゃラメ入ってるリップだね?ってのはわかるんだけど、でもちゃんと色付きもします。

 

1個だけ思うところは、このリップは蓋の部分が長いので、塗って蓋を戻す時、何かの拍子で力が入りすぎちゃってリップを折らないか、久々私的超ヒットのこのリップを折らないか、それだけが心配(私の問題)

 

私はお気楽な(?)学生の身分なので、これを買った直後は大体このリップをつけていたし、大学生活の締めである卒業式にも満を持してこいつを塗ったし、今はコロナウイルスで顔の下半分はもれなくマスクに覆われているので、こいつであろうとなかろうとリップは塗りませんが、もしコロナウイルスとか関係ない生活をしていたならば、確実にこいつはスタメンリップ、持ち運びポーチメンバーであった。早くこのリップをまた塗りたい。そんな世界の再来を切に願っている。

 

 

 これ、今まで私が買ったオペラシリーズの中で、昨秋のガーネットジェムに並ぶ勢いで好きなやつかもしれません(聞かれていない)

 

これはバレンタインシーズンに合わせて発売されたもので(何か月前だよ…)、もう1本ピンクフレイズなる色があったんですが、私のニガテとする青みピンクな色だったので、それは買わずにこちらのカカオキスのみにしました。

 

めちゃくちゃ今更なことを言いますが、オペラのリップは基本的に塗り心地がよい!(めちゃくちゃ今更) 特にこれは何かと乾燥の気になる冬につけていたのに、するする塗れる。やっぱり持つべきものは限定のオペラだなぁ!(限定ものが好きなやつの発言)

 

しかもこのカカオキスは一見ブラウンなんだけど、やっぱりオペラのリップはもれなく透け感があるので、そこまで重くならずに塗れる。わりと服を選ばない。メイクも選ばない。ポーチに一本あると、とりあえずつける要員としても、選んでつける要員としても便利。

 

 

バレンタインとか関係なく、今の季節もガンガンつけていきたいんですけど、なんせ今は日本のみならず、全世界総マスク時代、そして私はマスクにリップの色がつくのが生理的に無理なので、もうしばらくリップを塗っていません…。最後にリップ塗ったのいつかな…(遠い目) あぁメイベリン、オペラ、キャンメイク、ロレアルパリ、その他もろもろのリップが私に塗られるのを今か今かと待っている…。 

 

 

 

マナラ ホットクレンジングゲル 200g 【リニューアル】

マナラ ホットクレンジングゲル 200g 【リニューアル】

  • 発売日: 2019/03/27
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 このマナラは私が小学生の時、母が読んでいた大人の女性向けの雑誌でやたら通販商品としておススメされていて、当時の私は化粧のけの字も知らない子どもだったわけですけど、幼いながらにも「私がメイクするようになったら、このメイク落としを使おう」とひそかに思い続けていたのが、今回ようやく実現されました…。たぶん足掛け10年くらい…長かった…。

 

私はこのクレンジングに、めちゃめちゃ毛穴の汚れを落とす効果を期待していたんですが、それよりも特筆すべきなのは、メイクはきちんと落ちるのに洗いあがりがめちゃめちゃいいこと。今、こいつを使ってメイクを落としたはずなのに、洗いあがりがどことなくしっとりしている。しかも柑橘系の香りがするので、メイク落としをしながらリフレッシュというか、癒されもする。

 

このクレンジングはゲル状、ジェル状(違いが判らない)で、濡れていない手と顔に広げると、次第にぽかぽかしてきて、その温かい温度で毛穴の奥の汚れを落とすという代物です。昨今、巷にこのような代物は増えていて、過去にも同じようなものを使ったことがあるんですが、その時はやたらゲルが堅くて使いづらかったので、もう2度とゲル状のメイク落としなんか使うか!とすら思ったんですけど、今回はあの時と同じようなゲルなんだけど、やわらかくて使い心地がよかったので、私の中で温かい効果を持つ系のゲル使いづらい説が払しょくされるまでに至りました(拍手)

 

肝心の毛穴の汚れはまたしても、劇的な変化があった!感動!というまでにはならなかったんですが、それはまぁ今までにも「毛穴は1日してならず」ということを身をもって実感しているので、まぁいいです(よくはないけど)

今回はそれを置いておいても、洗いあがりがしっとりしていて香りがよくてリフレッシュされたので、それでいいです。まぁ値段がお高めなので、ホイホイと買えるわけではないのだけがネックかな…。 あと、濡れた手と顔では使えないところもちょっとだけ不便…。

 

 

DUO デュオ ザ クレンジングバーム クリア 90g

DUO デュオ ザ クレンジングバーム クリア 90g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 これもマナラに続いて良い(シンプル)

 

我が(?)キンキ兄さんがCMをしていることで有名な?なDUO。


KinKi Kids出演のTVCM「白いデュオの秘密 篇」30秒Ver.

こちらもお高めなんですが、キンキ兄さんのおかげで気になったのと、何せ「毛穴の汚れに」と私のためでしかないようなキャッチコピーを持ってくるので買わざるを得ませんでした…(ちょろ)

 

これはバームをスパチュラですくって、手で少しやわらかくしてから顔に塗り広げるというものなのですが、これもなんてったって、メイクはきちんと落ちるのに洗いあがりがしっとりしてやがる。やっぱり高いものには高いだけの理由があると認識した(世の常)

 

まぁこれも濡れている手と顔では使えないというのと、お値段お高めなのでホイホイとは買えないのがネックかな…。やっぱそこはキンキの主要ファン層であろう、お姉さま方のお財布的に痛くないのかな…(いらん心配)

 

 

そしてこのミニサイズを、旅行用のメイク落としとして買ったんですけど、これも良い。

[rakuten:cosmeticroyal:10022018:detail]

旅行先という、普段の風呂、スキンケアよりも制約のある状況で濡れた手と顔で使えないのは相変わらずネックであるが、やはりそれを差し置いても、旅行先であっても少しでも良い肌のコンデションが保てるのは良い。しかし、実家に帰った時にこれを使っていて、母に「これいくらなん?」と聞かれて値段を正直に言ったときに「高っ!」といわれたのだけ今でも引っかかっています(?)

 

 

 

パナソニック まつげくるん ゴールド EH-SE10P-N

パナソニック まつげくるん ゴールド EH-SE10P-N

  • 発売日: 2010/03/01
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 メイクに興味を持ち始めてからしばらくして初めて、「ホットビューラー」というものの存在を知った。

いわゆるビューラーは使ったことがあったけれど、ホットビューラーは熱の力でさらにまつげを上向きに、そしてカールを長持ちさせてくれるらしい。

 

でもでも…、(なぞに)自分のメイクに自信がなく、私が楽しければいいやみたいな感じなので、なぜか「私はまだホットビューラーを持ってはいけない」みたいな、謎の禁止を自分に課してたんですね。

でも、私もこの春で大学を卒業するし(購入を考えていたのは大学4年の冬)、そろそろ買ってもいいんじゃないか…?そもそも私は、自分以外の誰にホットビューラーの購入許可を求めているんだ…?(本当にそれ) 私の稼いだ金なんだ、少しくらい好きに使ってよかろうよ!という急な強気姿勢が年明けごろに芽生え、その直前、クリスマスである自分への誕生日プレゼントとして(それにしてはだいぶリーズナブル)半ば勢いみたいな感じで購入しました。

ちなみに私の購入ポイントとしては、①見た目がそこそこかわいいこと、②(大学時代は帰省含めてよく旅行?外泊?していたので)持ち運びしやすいこと、でした(聞かれていない)

 

そしてホットビューラーを毎日メイクに取り入れるようになってから、約半年が立とうとしているわけな今日この頃ですが…。

良い!良い!!

ホットビューラーを買うかどうかぐずぐずしていたころの私!早く買え!迷うことはない!買うんだ!

と、過去の私におススメしたいくらいには良いです。

毎日の自己満メイクの自己満度(=自己肯定感ともいう)が、さらに上がったような気がしています。

 

なんせホットビューラー、機械的な熱を直接まつげに与えるわけなので、やっぱり慣れるまではやけどとかすんだろうな~、それは仕方ないけど、私は地味に目を大事にしているし、瞼をやけどとかしたくないよ~、恥ずかしいし、瞼は皮膚が薄いから痛いだろ~とビビってましたが、そのビビり加減が良かったのか(?)、使い始めから特にやけど等することなく現在まで使えています。

それまではいわゆるビューラーでまつげをあげることに満足していたわけですが、こいつを取り入れたが最後、ビューラーではもう満足できない。あのホットビューラーでのまつげの上げ具合には、ビューラーはかなわない。

なのでビューラーは、マスカラ下地を塗る前に使用し、その後、マスカラを塗ってホットビューラーをあて、最後に仕上げとしてもう一度マスカラを塗るという工程に持ち場の変更?が行われました。

 

電池式なのですが、電池を取り換えた直後は明らかにホットビューラーの、ホット加減が早くなるし、スイッチを入れたと思ったらすぐに使える状態になるのがありがたい。

電池式ゆえに、電池が消耗されてくると、スイッチを入れてもすぐには準備完了にならないのが、顕著すぎて面白いし、「あぁ、もう電池取り換えか…」とかわかって便利でもある(?)

 

私は特にどこのメーカーとかは気にしていなくて、買いに行ったお店にその時あったもの、そしてその中で一番かわいくて、かつ、値段が安かったものを買いました。私がもっとホットビューラーとかメイクにこだわるようになったら、どこそこのホットビューラーがいいとか言うようになるのかな…。

 

 

 

 今はイドラビオ使ってるんですけど、その前はセビウムをサンシビオも使ってました。

 

私は、外出から帰ってきたら大概すぐにお風呂に入るので、お風呂でメイク落とすんですが、その後のスキンケアの前にこのビオデルマシリーズのふき取りメイク落としでアイメイクとかの落としきれなかったメイクをコットンで落としてから、スキンケアに移ることにしてます。なので私はメイン(?)のメイク落とし(オイルとか)と、サブ(?)のメイク落とし(ふき取りメイク落とし)が必要です(いらない情報)

 

まずこれの何がいいって、何をおいてもまず大容量。なのでちょっとやそっとのことじゃなくならない。買いに行く手間が省けて良い(とんだズボラ)

あと、マジで無味(?)無臭なので、いい匂いがすることはないけれど、気になる匂いもしない。せっかくのお風呂上りにあまり好きじゃない匂いがつくのは避けたい。

 

あと、私は自分で自分の肌のことを、微妙に敏感肌と思っていて、最初に買う時はビビって敏感肌用のサンシビオを買ったんですけど、その後セビウムもイドラビオも使ってみた結果、特に肌荒れはしなかったので、めちゃめちゃ敏感肌!という人以外は別にそこまで神経質にならなくてもいいと思います。色とかフィーリングで選ぼう!(雑)

サンシビオの写真はポンプタイプになっていて、そのほかの2つは普通の?やつになってるんですけど、このポンプタイプが意外と使いやすい。重い、500mlもあるものを持ち上げなくてもよいのも楽でありがたい(どこまでも楽を追い求める)

 

あと、最後にどうしてもこのビオデルマシリーズで推しておきたいのは、このシリーズには持ち運びに便利なミニボトルシリーズもあるんですね…最高…。

私は先ほどもお話ししたように、メイク落としにはメインとサブが必要で、それはお泊りの時にも変わりません。私はお泊りのスキンケアは一通り、トラベルサイズそろえてあるんですが、なんせこのふき取りメイク落としタイプのトラベルサイズはなかなか売っていない。かつてはメイク落としシートなんかも使ったことはあるけれど、肌の摩擦が何よりも怖い私は、普段はコットンをひたひたになる勢いでメイクのふき取りをしているので、メイク落としシートでは肌の摩擦が怖い。他にも本来のサイズ?にお試し用としてついてきたミニサイズの、ビオデルマシリーズではないふき取りメイク落としを使ったことがあるんですが、それはオイルと水の2層構造で、どうにも私は好きになれなかった。あ、そうです、このビオデルマはオイルフリーです(今更) スキンケアに使うオイルにしても、メイク落とし(※ふき取り用限定)にしても、どうにも私はオイルと和解できないので、オイルフリーなのも高ポイントです。

 

で、悶々と「お出かけの際のふき取りメイク落としはどうするべきか…、お出かけの時くらいメインのメイク落としで我慢しろという神の思し召しなのか…(?)」とか考えていたところに、出会いました、ビオデルマミニボトル…。 

【正規品】ビオデルマ サンシビオH2O 250mL×2本セット

【正規品】ビオデルマ サンシビオH2O 250mL×2本セット

  • 発売日: 2018/05/15
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 このリンクではサンシビオになってるんですけど、私はホワイトを買いました。

普段のサイズ500mlを旅行の際にも持ち運ぼうとはとても思えないけど、その半分のサイズ250mlなら全然持ち運べる。いや冷静になって考えたら250mlでも旅行の際には荷物になるにはなるんですけど、すでに500mlに慣れている頭からしたら250mlなんて羽のように軽く感じる(錯覚)

 

やっぱり求め続けると、人って出会うんですよね…(?)、これを見つけた時には神のみならず、すべての人に感謝したい思いでした…。

 

 

 

 以前使っていた、同じくLUSHのシェービングクリーム・三銃士の後任がこちら。

 

前のものは基本的に仕上がり、使い勝手には特に不満はなかったんですが、とにかく匂いが私の好みではなくて、それだけネックでした。

そんな一抹の懸念?を抱きながら、後任のシェービングクリームを買ったわけですが、今回のこちらDirtyは特に匂いもきつくなく、仕上がりも使い勝手も三銃士と遜色なく、文句ございません(笑顔)

 

前にも言った気がしますが、私はこれを顔のシェービングのみに使っているので、めちゃくちゃ減らないんですけど、まぁ普通に体のシェービングに使ってもいいみたいです。それだったら、2種類あるサイズ展開のうち、大きいサイズを買わないとすぐになくなるんじゃないかな…(余計な心配)

 

私が知る限り、LUSHにおいているシェービングクリームは前回の三銃士と、今回のDirtyのみで、あとのものはシェービングソープといって泡立つ系みたいなんですね。LUSHのお姉さんに、「私は微妙に敏感肌ですよ~」というお話をしたら、ソープよりはクリームのほうがいいかもしれないといわれてこうなっているので、Dirty使い終わったらどうしよう…。できれば違うものを使いたいんだけどな…。ミーハー心を爆発させたいんだけどな…。今のうちから、シェービングクリーム探しの旅に出よう…。

 

 

 

f:id:pushushu:20200219011534j:plain

めっちゃ濃厚。

 

私はこれが、記念すべき(?)初のLUSHでのリップバームになるわけですが、一番王道っぽくて一番潤いそうだった「みつめてハニー」を選ばせていただきました。

 

ジャータイプ、指にとって唇に塗るタイプは初めてだったんですが、すこしだけ寝る前に指が汚れる?半面、残り具合を目で見て確認しやすい。しかも少量でめちゃくちゃ伸びる、めちゃくちゃ潤う。はちみつの良い匂いで寝る前に癒される。

 

私は基本的に寝る前しかリップを塗らないので、なかなか減りません。買う時は「(…寝る前にしか塗らないリップなのに、1000円以上も出すのかよ…)」とか思ってたんですけど、先述したように伸びがよくて全然減らないので、最終的にコスパは良さそうです◎

 

このリップを使い終わった後は、派手好きな私にLUSHの店員さんがおススメしてくれたラメ入り?のリップバーム・キーグリーンリップが待ってるんで、大事にちびちび使いつつも、しっかり使い切っていきたいです!(矛盾)

 

 

 

 

 以前、夏にこれ↓ 

キャンメイク ポアレスクリアプライマー01 クリア 化粧下地 7.75g

キャンメイク ポアレスクリアプライマー01 クリア 化粧下地 7.75g

  • 発売日: 2019/07/08
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 を使いましたが、今回はそのバージョン違い?として、スフレ状のものを買いました。

 

こいつはそもそも、ファンデとかを塗る前、下地の段階で毛穴の気になるところに仕込めば、それを目立たせなくしてくれるよ、さらさらに保つよ、という代物で、発売当時夏で毛穴も汗による化粧崩れも気になる!という私には買うしかない!(?)というような勢いで買ったことを鮮明に覚えています。

そして前に記事にも書いたんですが、使ってみたところ、まぁ悪くはないがそこまでの劇的な変化、感動は得られないとのことで、リピはとりあえずないかなという何とも偉そうな感想に落ち着いたわけでした。

 

でもでも!ミーハーな私としては、いくら同じ商品とはいえ、バージョン違いのものが出たら試さずにはいられない!というこれまた勢いで、今回のスフレ状のやつを買いました。

一応このスフレ状のやつは「全顔対応」みたいに書かれているんですが、全顔にこれを塗ってたらすぐになくなるだろうよ、という節約精神(ケチとも言う)と、これには毛穴を目立たなくする効果しか望んでいなかったので、別に毛穴が気になっていないところにまで塗る必要はねぇべという、至極合理的?な発想で、とりあえ鼻回りと頬の毛穴が気になるところ、下あごに塗っています。

 

まず私の感想として一番に来るのは、私はこのスフレ状のやつの方が塗りやすい、使いやすい気がする!ということです。

単純に私がこれにしても、SUGAOのスフレ感チークにしても、 

 こういう触感が好きなのもあるんですが、あと、単純に伸びがいいよね(謎に同意を求める)

あと、そもそものやつは液?が透明だったんですが、これは白いのでどこまで塗ったかが分かりやすいのも地味に良い。

 

毛穴カバーに関しては、これのおかげなのか、それともこれとその上に重ねるファンデの相乗効果なのか、どちらとも言い難い気はしますが、とりあえず私は毛穴が目立っていないと思っているので満足です。

 

これは数量限定品だったんですけど、2020年初夏現在、人気なのかこれまた数量限定で再販されているのを見かけます。やっぱり女子は数量限定に弱いし、まぁシンプルにこれ使えるもんねーーー!

ちなみにこれを使い終わったら、果たしてこれが本当に良いのか(私に合っているのか)、それとも他に毛穴用下地に良いものがあるのかを見極める旅に出ることにしているので(大げさ)、一旦こちらはお休みにする予定です(まぁ数量限定品だしね…)

 

 

 

 前述したように、毎日メイクの行程に晴れて(?)ホットビューラー様をお迎えしたことをきっかけに、「これからはまつげのカール具合とその持ちと引き換えに、まつげに多大なるダメージを与えることになるのだから、これは本腰入れてまつげケアするしかねぇべ」と思い、こちらも前々から気になってはいた、まつげ美容液をついにスキンケアの工程に加えることにいたしました。

 

で、まつげ美容液を取り入れることにしたのはいいんですけども。

果たしてどんなものを取り入れればいいかわからない。

 

マジでメイク始めたての大学1年生の頃に、セザンヌのまつげ美容液を買ったことはあったんですけど、あの時はまつげ美容液の必要性を感じて買ったというよりは、「本格的にメイクを始めて、見た目、美容に気を遣うようになった私」に酔って買ったみたいなところがあり、ほぼ使いませんでした。

でも今回はあの時とは違い、自分の中で必要性を感じて買うことしてんだから、きっと使うはず、無駄にはならないはず(と自分に言い聞かせる)

 

で、いろいろとまつげ美容液を比較検討した結果、その時トイストーリーとのコラボパッケージをしていた、スカルプDに落ち着きました(安易) どうせならプレミアムにすっかなとか思ってたんですけど、私が買ったお店ではすでにプレミアムのトイストーリーコラボパッケージはなかったので、普通の?やつのトイストーリーコラボのやつを買いました。

 

 

で、それから毎日せっせと夜のスキンケアの最後、アイクリームを塗った後に上下まつげに塗布しているわけですが…。

果たして効果はどうなんだろうか…(?)

 

「明らかにまつげ伸びた!」とか、「まつげが濃くなった!」というわかりやすい変化は望めてないんですが、毎日メイクでホットビューラー取り入れていて、それなりにまつげにダメージを与えていることを考えれば、まつげを丈夫にしてくれているのかな…?

 

私は一度取り入れた化粧品、特にスキンケアものは、「めちゃくそ悪かった(怒)もう2度と使わない(激怒)」って思わなかったもの以外は、特にスタメンから外したりはしないし、今後もホットビューラーを使っていきたい以上、これからもミーハーゆえに品を変えるかもしれないけど、まつげ美容液は私のスキンケアのスタメンかなと思います。

 

 

 

ツバキオイル ヘアクリーム 150g ヘアオイル 150mL

ツバキオイル ヘアクリーム 150g ヘアオイル 150mL

  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 思っていたよりもはるかにいいですコイツァ(?)

 

ヘアケアはシャンプー、トリートメント、アウトバストリートメントを毎日使っていて、そしてそれらはラインでそろえたほうがいいというのはなんとなく知っているけれども、私はなにせミーハーなので、何か興味の惹かれる新商品が出れば、特にライン使いとかは気にしないタイプです。

 

で、今回はマジョマジョのヘアジェルがなくなるタイミングで、何か今までに使ったことのないもので、私のミーハー心が惹かれるアウトバストリートメントはないものかとドラッグストアを巡ったんですが、その日はなぜかそういう代物に出会うことができず、もうこんなにも自覚するほどに、その言葉の意味をかみしめるように意気消沈することはないというくらいに意気消沈しました私…。

でもその日に何かを買って帰らないと、その日のお風呂上りにつけるアウトバストリートメントがない、今日はひとまず何かで折り合いをつけて買って帰らないといけないことになり、その日そのお店で一番安かった、このツバキオイルヘアクリームを買って帰りました…。

 

この商品にはまず申し訳ないんですが、私はこの商品を買いたかったわけではなくて、しょうがなしに買ったみたいなところがあったので、もうこいつにはまるで期待なんかしてなかったんですね。なんなら買って帰ったその日に「今度こそ、これが使いたい…!っていうアウトバストリートメントを見つけるんや…!」という謎の使命感的なものに駆られてさえいた。

でもその日のお風呂あがりからは私、こいつにしばらくやっかいになるしかないのでね…、というマジで失礼なあきらめにも似た気持ちでこいつを髪につけ、ドライヤーで乾かしたところ…、

 

良い。

思った以上に良い。

てか期待してなかっただけに、感動がすごい。

 

というくらいには、マジでいい意味でこのアウトバストリートメントへの期待が裏切られました。

私は一にも二にも、アウトバストリートメントの役目って髪を少しでもドライヤーの熱、それによっておこるダメージから防ぐことにあると思うんですが、このアウトバストリートメントは髪を乾かすという、ドライ行為(?)の後にあってもめちゃくちゃ髪がしっとりしている、しっとり仕上げてくれる。私は肌は保湿さえしてれば大体の肌トラブルは避けられるというように、髪も保湿してれば大体いいだろという、なんとも雑な解釈をしているので、初めてこのアウトバストリートメントを使った直後の髪の手触り、しっとり具合と、翌朝起きた時にもまだ髪がしっとりしている感じの感動はしばらく忘れないと思う。

 

しかも私が当初はなんとなく、しょうがなしに買ったように、安い。こういう予期せぬ出会いだからこそ、期待してなかったからこそ、それが自分にハマった時に喜びは格別のものがある…。

マジでみなさん、いつも使っているやつはなんでなのか買いたいと思う日にそのお店になかったり、マジで急いでてとりあえず何かしらを買わなきゃいけないという日、金欠なんだけどでも出来るだけのことはしたいという時、私に騙されたと思って使ってみてください。一緒にこのアウトバストリートメントに、いい意味で裏切られようぜ★(?)

 

 

 

 

 

 

ハァ…、ここまで長々とお付き合いいただき、ありがとうございました…。自分でもここまで長々と書いていた自分、こんなにも新しい化粧品を日々買い込んで日々使っている自分にちょっとびっくり、ちょっと引きました…(自覚あり) まぁ前回から半年も、書くネタを溜めるだけ溜めて、書くのをさぼってきたらこうもなるよねぇ…。

 

 

 

 

 

 ここでみなさんに(?)衝撃のお知らせです…。

 

大学生になり、メイクを自己流で楽しくやってきて早4年…。これまで私はずっと自分は、イエベだと思いこんできましたが、どうやら私はブルべのようです…。

 

というのも、大学時代の友達とLINEしていて、なんとなくパーソナルカラー診断の話になり、私が「なんとなくイエベだと思ってるけど、ちゃんとやったことないよ~」と話すと、友達が「やったほうがいいよ!私はオルビスのアプリでやった!」と勧めてきたので(言い方)、私もその時のノリでオルビスのアプリをいれ、パーソナルカラー診断をしてみました。

以前にヴィセのサイトで簡易的に診断をしたことがあるものの、その時はブルべと診断され、「そんなわけないじゃん笑 私はイエベだっつうの笑」と一笑し、まぁネット越しの診断は気休めみたいなもんだよなと思っていたのですが、今回、オルビスのアプリで何度やろうともブルべという診断が出て、いよいよ認めざるを得なくなってきた…という次第であります…。

 

いや、別にイエベでもブルべでもどっちだっていいっちゃいいんですけど、私は今まで自分の事をイエベだと信じてきたので、どうしたってイエベよりのコスメばっかり買ってるし(特にリップ)、ブルべに似合うとされている青みピンクのリップは我ながら似合わないなと思うので、まだこの現実が受け止めきれないというか…。まぁオルビスでの診断もアプリ越し、ネット越しなのでどこまで信用できるかという問題はありますが、私はオルビスには根拠のない信頼があるので…。あぁ、こんなに悩むなら都会・北九州にいたころに勇気を出してデパートのコスメカウンターに行って、パーソナルカラー診断してもらえばよかった…(そこまで悩んでない)

 

 

全国的な緊急事態宣言が明けたとはいえ、もうこの先しばらく、我々人類はコロナウイルスと共存していくしか道はないらしく、すなわちマスクと離れられない日々が続きますね…。

冬の間はマスクがもはや防寒具の1つくらいになってたけど、この季節になってきたら暑さを生む要因の1つでしかないし、てかもう熱中症になりそうなんですけど…(暑)

 

私はメイクをせっかくしても、やっぱりリップを塗れないとどこか締まらない感じがしていて、でもマスクにリップの色がつくのがなんとなく嫌なので結局メイクしてもリップは塗れないし…。早くおれに心ゆくまでお出かけ用のメイクをさせてくれよ…(懇願)

 

 

 

 

何が言いたいかと言うと!

おれに早くリップを塗らせぇ!(cv:千鳥・ノブ氏)